FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

埼玉大学でのイベントに参加しました(次世代自動車/シンポジウム)

 
 28日は埼玉大学様で開催された「埼玉次世代自動車環境関連技術イノベーション創出センター」のシンポジウムを拝聴しました。

 とりわけ、「トヨタの量産型プラグインハイブリッド自動車の開発」というテーマの講演を楽しみにしておりました。
 
       130529.jpg

 私が電機メーカに勤務していた2008年当時、その電機メーカではあるコンサルティング会社が提供していた「変化の予兆」というプログラムを導入していました。私はその電機メーカにおける事務局を務め、「変化の予兆」に関する活動を社内で推進しました。
 「変化の予兆」とは、自社の事業に影響を及ぼす変化をいかに早く把握し、その変化に対する備えを行うためのプログラムです。一言でいえば、日経新聞で採り上げられるようになる前に変化をとらえ、準備にかかることを目指すような取り組みです。当時、私はパワーエレクトロニクス部門の知的財産管理業務を行っていました。知財情報をもとに、研究開発のトレンドを把握する努力もしていましたが、「変化の予兆」では、全く違ったアプローチで変化を把握するものであり、私は大いに興味を持って取り組みました。

 当時、自動車産業の変化についても予想をしたものです。

 2008年といえば、リーマンショックの年ですが、地球温暖化の意識がいよいよ高くなってきたころでもあります。社内では、次世代カーとしての本命は、①プラグインハイブリッド、②電気自動車、③燃料電池車のどれになるか? という議論がありました。私はプラグインハイブリッドが本命になる時代を経ると主張を展開しました。

 今から5年前に、私が主張した予想事項は次のようなものでした。

 ①世界各国で原発の増設と、再生可能エネルギーの普及が同時に進む。
 ②先進国では、各家庭に電気貯蔵のためのバッテリの普及が進む。
  (原発の余剰電力の吸収、再生可能エネルギーの発電力量の変動の吸収のため)
 ③自動車のバッテリも、家庭用バッテリの一部として利用されるようになる。
 ④電気自動車の普及はスローなものになる。給電方式の規格化争いが生じて給電ステーションの普及を阻む。
 ⑤上記④のため、プラグインハイブリッド車が主流となる時代を経る。
 ⑥家庭用電源として、AC電源だけでなく、DC電源系統が導入される可能性がある。
  バッテリ電源はDCとして使用する方が簡単で、LED照明や有機EL照明もDCで使えるため。

 こうした変化の予想から、自社が事業として備えるべきことの仮説を展開しました。

 5年前に予想したことのいくつかは、予想に近い方向に動きましたが、東日本大震災は予想していませんでしたので、日本では少し違った状況にもなっています。しかし、このように時代の変化を先読みし、対応を早く行うことができれば、競争優位に立てるものと考えます。

 昨日の講演では、私の予想とは異なるお話も伺いました。プラグインハイブリッド車の普及がスローなものになっている原因として、価格面だけでなく、「充電が面倒」という声が主婦層から多く寄せられているということでした。確かにそのとおりかも知れませんが、CO2削減に寄与するものであれば、その程度の労力は払いたいものです。
 「面倒」への対策として、電力ロスが生じる「非接触給電」方式の採用もあり得るという話でしたが、利便性とは裏腹に効率が落ちるわけですので寂しい感じもしました。現在日本で供給される電気は、夜間電力といえども化石燃料を燃やして作った電気ということになります。少しでも効率よく使いたいものです。

 それにしましても、さすがにトヨタ自動車です。プラグインハイブリッド車のスペックを決定するにあたっても、世界各地で入念な調査が行われていたことを知りました。
 
 
 

医学系産学連携活動報告会

 東京医科歯科大学が主催する「医学系産学連携活動報告会」に参加しました。

     1303111.jpg


 全国の名だたる国立大学の先生方の討論を拝聴させて頂きました。
 
 このような会合に出席しても、何人か顔なじみの方をお見かけするようになってきました。私の取り組んでいるネットワーク作りも、それなりに成果が出始めているように思えます。

 昨今、産学連携活動が活発化した背景には、文部科学省の助成金があったことも理由なのだということを知りました。

 「大学等産学官連携自立化促進プログラム」という事業に助成が行われていたそうなのですが、この助成金もなくなるため、これからどうしましょう、ということも論じられていました。

 永続的な活動にすることを念頭に、助成金がなくなることを想定して体制作り等に取り組んできた大学もあれば、助成金が切れれば活動を大幅に縮減せざるを得ないことになりそうな大学もありました。

 私は電機メーカ勤務時代には、企業側の立場でしか産学連携を眺めたことがありませんでしたが、最近は大学側の事情や実情も理解するようになりました。

 産・官・学それそれの立場や目的の違い、そして「実情」を理解した上でコーディネートに取り組まないと、成功に導くことのできる確率は上げられないように思えます。


 

埼玉医科大学の産学交流セミナー

 8日は、埼玉医科大学の日高キャンパスで開催された産学交流セミナーに参加しました。
 埼玉縣信用金庫の方よりご案内・お誘いを受けて、参加申し込みをさせて頂きました。

 東武線の東毛呂駅からバスで移動し、ちょっとした小旅行気分を味わいました。

 まず、iPS細胞を含む「細胞産業」に関するご講演を拝聴しました。ガン治療にしても再生医療にしても、細胞の状態を「計測」することが重要で、そのための手段がまだ欠けていること、そしてその課題解決のためにも「細胞の産業化」が欠かせないということです。
 私は大学は計測工学科におりました。何かを望ましい状態にコントロールするためには対象物の状態を計測し、対象物に何らかの働きかけをしてその影響を計測することが欠かせません。ガン治療や再生医療においては、対象物は細胞ということになり、細胞の状態をリアルタイムに把握したいという課題があるのは当然のことです。

         1303103.jpg


 このほかに、「光ファイバを導入した内面形状計測用細径プローブ」をテーマにしたご講演も拝聴しました。2つのテーマとも、「計測」がキーワードで私にはなじみやすいものでした。

 講演に続き、キャンパス内の病院施設の見学ツアーが行われました。最先端の設備を誇る病院の、普段はなかなか見ることのできない施設をご案内して頂きました。また、職員の方が今回の私たちのような外部の者に対しても挨拶をしっかりとされることに驚きました。教育がしっかりしている企業の工場見学をしているかのような印象でした。
 
 埼玉縣信用金庫様は、埼玉医科大学と「産学連携協定」を結ばれています。

 医療、介護、看護、福祉の分野は成長産業としての期待がありますが、中小企業においてもビジネスチャンスをもたらすことが期待されます。

 

埼玉大学の「テクノカフェ」に参加しました。

 3月7日(木)に埼玉大学で開催された、産学交流会テクノカフェに参加しました。
 本田技研工業のスマートハウスへの取り組みや、地中熱利用の講演などを拝聴しました。
 講演に続き、スマートハウスの見学会に参加しました。埼玉大学の正門近くの土地に実際にスマートハウスが建設され、実証実験を進められています。

 スマートハウスでは、電気の利用方法が重要なテーマの1つです。屋根にはソーラーパネルが設置され、屋外に設置されているバッテリユニットに蓄電されます。ガス発電もしています。
 自動車は電気自動車で、これに内蔵されているバッテリに蓄電された電気も家の中で使用されます。

       1303101.jpg


 震災等で東京電力からの給電が停止した場合でも、ある程度は電気を使い続けることができます。ただし、規制等の理由から、電源系統は大元の電源別に分けており、コンセントもこのように系統別に3つ用意されています。系統のスリム化は、今後の課題となっています。

           1303102.jpg


 スマートフォンやカーナビを利用して、電気の利用状況をチェックしたり、電源の入り切りを行うこともできます。

 確かに便利になりますし、災害にも強いものとなることでしょう。初期投資に見合った光熱費の削減効果も改善されていくことでしょう。

 しかし、何か「ワクワク感」のようなものは感じません。「こうなれば便利だ」という内容が、誰でも容易に想像できる範囲のものであるからかも知れません。

 この見学会では、私が会社員だった頃にお世話になった方もご出席されており、十数年ぶりにお会いすることができました。




荒川区の「産学金公ネットワーク構築会」

 荒川区の「産学金公ネットワーク構築会」に参加しました。主催は荒川区のMACCプロジェクト様です。

 荒川区と関わりのある金融機関や大学、産学公支援機関、中小企業支援機関の方がブースを構え、参加者はグループ分けされ、1ブースあたり約15分のタクトで全10ブースを回るというものでした。主催者の方々の運営は手慣れたご様子で、多くの方と名刺交換、情報交換するためにとても効率的な運営をされていました。

 金融、技術開発、経営、海外進出、大学、産学官連携の各支援機関が揃っており、中小事業者にとりましておおよそあらゆる経営課題の相談ができそうな態勢でした。
 これまでにいろいろな産学官連携の交流イベントに参加してきましたが、これだけの支援機関が一堂に会するイベントというものも珍しいのではないでしょうか。


 

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ