FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

知財セミナーを行います(9月26日)

 *本件、無事終了しました。今回もご好評を頂くことができたようですので、また同様のテーマで行わせて頂く機会があるかも知れません。ご参加頂きました方にはこの場を借りて御礼申し上げます。 
**************************************************

 去る7月5日、7月18日に、東京ビッグサイトからほど近い、テレコムセンター14階におられますmono(モノ)様のイベントとして、知財セミナーを実施させて頂きました。
 
 前回(7月18日)のセミナータイトルは、「直木賞受賞作『下町ロケット』で学ぶ小さなモノづくり企業のための知財戦略」でした。
 
 お陰様で受講して頂きました方からご好評を頂きました。そして、9月26日(木)に早くも再実施させて頂く運びとなりました。

 ★ セミナー(9月26日)の詳細情報はこちら

 ★ 案内状(PDFファイル)はこちら

 今度のセミナータイトルは、「”半沢直樹” 原作者 池井戸潤 作 『下町ロケット』で学ぶ小さなモノづくり企業のための知的財産権入門」です。
 サブタイトルに、「3Dプリンター利用者のための知的財産権の留意点も解説します」 としました。

 主催者である mono様 と相談の結果、mono様のターゲット層が「3Dプリンター」に関心がある方々であることから、今回は3Dプリンターを絡めたものにすること、そして大ヒットの「半沢直樹」のブームを拝借させて頂きましょう、ということになりました。

 「下町ロケット」は池井戸潤氏の直木賞受賞作。大手企業との特許紛争シーンは、「半沢直樹」にも似たスピード感・スリル感があります。そしてNHKの「プロジェクトX」のような感動を味わうことができます。

 前回は、「下町ロケット」のシーン解説をしながら、知財戦略と経営戦略を絡めた話をしました。法律や制度の話はさほどしませんでした。

 しかし、今回(9月26日)は、法律の話も前回よりは多めにすることになりそうです。
 知的財産権の解説としましては、今回も初心者クラスの方を主な対象としますが、前回よりもやや専門用語なども増えると思います。

 そのためにも、前段の「下町ロケット」の話は欠かせません。

 単に知識を伝授するセミナーではなく、知財活動に手抜かりがあったことで遭遇することになる 「痛い目」 を疑似体験して頂きたいからです。
 「痛い目」を疑似体験することが、受講される方ご自身の状況に照らして、知的財産権に注意が必要なものか否か、直観的に気付くことのできるセンスの習得に役立つと思います。また、知的財産権関連の種々の知見を習得していくための動機づけにもなると考えます。

 おおよそ、次のような内容でお話させて頂く考えです。

第1部:「下町ロケット」のシーン解説( 知財リスク ・ 知財戦略 )
 ①たった1回の特許紛争で会社が倒産? 巨額マネーをゲット?
 ②社長宛に警告書! 「君、何とかしたまえ!」 さて、あなたならどうします?
 ③強い特許、良い特許とは?
 
第2部: 3Dプリンター関連ビジネスと知的財産権
 ①3Dプリンター関連業界でも知財紛争は避けられない?
 ②私が 『侵害者』 に? 「知らなかった」では済まされない
   3Dプリンター利用者のための知的財産権入門
 (特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権などの重要事項をピックアップ)

 今後、3Dプリンターが普及し、個人が製造業者としてビジネスを行うケースが増えることで、著作権や肖像権等の問題が顕在化してくるものと思われます。

    1307052.jpg

 もちろん、市場規模が拡大してプレイヤーが増えれば、装置メーカ、材料メーカ等のサプライヤー側の知財紛争も頻発するものになるかも知れません。 

  ★ セミナー(9月26日)の詳細情報・お申込みはこちら

 
★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
 
スポンサーサイト



<< JCGが、経営革新等支援機関の認定を受けました | ホーム | 経営戦略入門セミナー&月例会を実施しました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム