FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

経営戦略入門セミナー(6月15日)


 6月15日は、中小企業の経営戦略塾 新宿支部による「経営戦略入門セミナー」を開催しました。
 青梅市、世田谷区、豊島区(池袋)、中央区(銀座)、中野区といった地区のお客様にお越し頂きました。
 やや狭い会場ながら今回も満席となりました。

   130616.jpg

 
 今回の講師は、我々新宿支部の鈴木一生インストラクターが担当しました。
 初対面の受講者の方の心の距離を縮めるように、前回の「経営戦略入門セミナー」とは少し違った趣向を凝らしました。

 「いかにして収益を上げるか?」といったことなどに関し、いくつか事例紹介やそれに関するクイズを出しながら、受講者の方に参加して頂く形で行われました。

 私どもの運営する経営戦略塾では単なる学びの場に留まらず、気付きを得る場となり、異業種交流をきっかけに、参加して頂く企業の方にビジネスチャンスを広げる場ともなるようにコーディネートしたいと考えております。

 今回もまた有志の参加企業の方には懇親会にもご参加頂きました。

 なお、次回の経営戦略塾入門セミナーは、下記の日程で組まれています。
 ★2013年7月3日(水)18:00~20:00 (場所:BIZ新宿)

 急きょ、開催することになりましたので、受講される方の募集はこれより開始するといった状況です。

 なお、次回の経営戦略塾入門セミナーの講師は私が担当する予定となっております。「経営戦略」という小難しいテーマですが、ところどころに楽しめるネタを紹介できるように準備しようと考えております。
 私の得意分野である、知的財産戦略には、次回の経営戦略塾入門セミナーではほとんど触れるものにはならないと思いますが、今後、機会があれば知財戦略や知的財産経営手法についてもご紹介したいと思います。

 

  
スポンサーサイト



<< ビジネス著作権セミナーを開催します(7月5日)。 | ホーム | 特許出願について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/16 08:52)

世田谷区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。


 ホーム