FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

無料の経営支援

 
 後述します、中小企業診断士の「実務従事制度」の仕組みを使って、私は現在、2つの中小企業の無料経営支援プロジェクトに取り組んでいます。

 中小企業診断士の国家資格は5年に一度、更新する必要があります。

 更新要件の1つとして、所定の日数分、中小企業の経営診断・経営支援実務を行う必要があります。5年間で、「更新ポイント」を30ポイント確保することが更新要件となります。

 独立・開業している診断士にとりましては、通常の業務を行っていれば更新ポイントは自ずと取得することができます。しかしながら、企業勤めをしている診断士にとりましては、中小企業の経営診断・経営支援の実務を行う機会は得にくい場合があります。
 そこで、所定の方法で中小企業の経営診断・経営支援の実務を行う機会を設け、これに参加することで「更新ポイント」を付与する制度が設けられています。これが「実務従事制度」です。
 各案件には指導員となる中小企業診断士が指導役またはファシリテーターを務め、数名からなる中小企業診断士でチームを構成します。
 
 この「実務従事制度」を用いることで、中小企業の無料経営支援を行うことができるのです。

 なお、「無料」とはいえ、いくつかの制約事項がありますので、むやみにこの制度を利用した経営支援を行うことを推奨できるものではありません。いくつかの留意事項をご理解頂いた上で、この制度を用いることになります。

 私は現在、2つの実務従事案件で指導員を務めています。支援先はともに、さいたま市に所縁のある企業様ですが、診断士のメンバは普段の勤務地が千代田区、江東区、港区、横浜市、川崎市など東京周辺の者と、広島市など遠距離の者が参加しております。
 
 2件ともに、経営戦略の立案が重要テーマの1つとなっています。

 2件のうち、1件(=案件A)では中小企業診断士がよく使う手法で経営戦略を整理しています。
 すなわち、経営理念、経営ビジョンを確認し、外部環境分析、内部環境分析、そしてSWOT分析、クロスSWOT分析をを行い、経営の方向性を探ります。そしてあるべき姿を描いた上で現状とのギャップを洗い出し、あるべき姿に近づくための経営課題を整理して、解決策を提言する、というものです。

 この手法は、中小企業診断士側にとりましては取組みやすく、また、簡潔に経営課題と解決のための施策を伝えることができるのですが、この説明を受けた中小企業の経営者の方が取り組めるレベルにまで具体的には落とし込めないことが多いと感じています。
 いつ、誰に、何をさせるかについては経営者の判断によるところだということで、我々中小企業診断士側もどこまで踏み込んだ提案をすべきか?ということは常に頭を悩ませるところです。

 ちなみに、この案件Aでは、「知的資産経営」の手法も使っていますが、これにつきましては別の機会に書かせて頂こうと考えております。
 
 もう1件の案件(=案件B)では、「中小企業の経営戦略塾」で推奨している手法をいくつか採り入れています。

 私は中小企業の経営戦略塾 新宿支部において、事務局およびインストラクターとして活動をしています。この経営戦略塾で指導する経営戦略・経営計画立案のやり方を案件Bの経営支援でも適用しています。
 すなわち、中小企業にマッチするようにシンプルにしたバランススコアカードの考え方を用いてPDCAを回し、成果を上げるための経営戦略策定、経営計画立案に取り組んでいます。

 バランススコアカードを用いることで、経営戦略・経営計画が誰がどのようなスキルを用いて、いつまでに何をどのように行うかを明快に「見える化」できます。また、トップ・ミドル・ボトムで行うべきことのベクトルを合わせることができ、効率的な経営を実現できます。
 こうした戦略作り、計画作りに社員の方にも参画して頂くことで、やらされ感からではなく自律的に動く、モチベーションの高い集団を育成することが可能になります。

 案件Bの経営支援では、参加している中小企業診断士のメンバが中心となって、支援先の企業様に提言すべき経営戦略、経営計画の立案をかなり踏み込んだレベルで行っています。
 実効性があり、PDCAを回すことができる計画策定というものは、単なる思い付きでできるものではありません。予想される様々な障害や制約事項を踏まえた上で、目標を達成するための作戦を考えるためには、様々なアイデアも必要です。グループメンバでブレーンストーミング的なことにも取り組み、提言内容をまとめています。
 こうした、「知恵を絞る」過程は非常に重要です。参加者が「知恵を絞る」たびに、できないと思われたことが「やればできる」ように思えてきます。

 経営戦略塾 新宿支部では、インストラクターがファシリテーターを務め、グループディスカッション、ワークショップなども行います。それまで見えていなかった自社の強みに対する気付きや、できるわけがないと無意識のうちに決めつけていたことができるように思えてくる感覚を是非、味わって頂きたいものです。
 そして、実際に参加企業様の業績改善を目に見える形にするところまでお手伝いしたいと強く願っております。

 
  

 
 

スポンサーサイト



<< 特許出願について | ホーム | オープン・イノベーション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム