FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(株)アグリメディア様の 『朝採れファーム高麗郷』

 株式会社アグリメディア様が4月にオープンさせた、朝採れファーム高麗郷を視察してきました。

 株式会社アグリメディア様 は注目すべき活動を展開しております。私は農業関係者の支援を行う機会もあり(現在も進行中です)、アグリビジネスには強い関心を持っております。そしてこの朝採れファーム高麗郷 にはオープン前から是非とも見に行こうと決めていたのですが、ようやく機会を作ることができました。

 立地的には分かりやすい場所とは言えませんが、Webサイトから分かりやすいアクセスマップも入手できますし、近隣の道路ではしっかりと看板広告も出されているので、迷うことなく到着できました。駐車場は、混雑期には少し手狭になるかも知れません。

 お店の中はこんな感じです。

      1305311.jpg


 若いスタッフさんが多い印象でした。
 少し様子を見ていますと、レジのところでとあるトラブルが発生したのですが、それまでどこか別の場所で業務をしていたはずのスタッフの方がぞくぞくと集まり、自律的に行動して問題を解決されていました。頼もしく、かつ好感の持てる対応ぶりでした。

 平日の日中ということもあり、比較的高年齢層のお客様がほとんどでした。

 近隣地域の農家さんから集めた農産物や日高市周辺地域の特産品などを取り揃えておられています。私が支援に関わらせて頂きました事業者様の商品もいくつかあり、うれしく思いました。
 スタッフの方々の努力を感じる品揃えです。

 「無農薬野菜」もアピールしています。

       1305312.jpg


 ターゲット顧客を集客できているか? ターゲット顧客にマッチした品揃えを実現できているか? 平日と休日のオペレーションの平準化をどう図るのか? など、いろいろと気になる点があります。

 農産物は工業製品のように決まった品質のものを決まった日時に供給することはできませんから、供給能力と需要のバランスを図ることは容易ではありません。日々、客層は変わり得るわけですが、その日の予想客層に合わせて品揃えを柔軟に調整することも簡単にはいきません。

 「無農薬野菜」に最も敏感な客層が小さな子供を持つ母親だとすれば、ネットによるプロモーションでもメッセージを届けられるかも知れません。しかし平日のベースとなる客層が高年齢層だとすれば、ネットによるプロモーションよりも折り込み広告の方が効果があるでしょう(コストもかかりますが!)。しかも、地元の方を集めるのであれば、鮮魚などの生鮮食品も扱いたくなり、ターゲットの絞り込みよる期待効果とオペレーションの平準化はトレードオフの関係にあるでしょう。

 お店の方と少しお話をさせて頂きました。
 集客状況などについて伺いましたが、平日でももっと観光客が呼べるようにしたいと言われていました。
 報道関係者の取材は続いていますか?と尋ねたところ、落ち着いてきたということです。オープン直後だけ取材するのではなく、忘れられてしまわないようにときどき採り上げて欲しいものです。
 オープンして1ケ月半が経過しました。スタッフの皆様はいろいろな課題への取り組みを今まさにされていることでしょう。

 応援したい挑戦をされておられますので、微力ながらエールを送り続けるようにしたいと思います。

 朝採れファーム高麗郷の近くには巾着田という散策に素晴らしい場所があり、調達したお弁当をここで食べました。

       1305313.jpg


  

 
スポンサーサイト

<< オープン・イノベーション | ホーム | 埼玉大学でのイベントに参加しました(次世代自動車/シンポジウム) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。