FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

株式会社テクノキャッチ様

 先日、荒川区のMACCプロジェクトのフォーラムに参加した際に、株式会社テクノキャッチ様の社長様とお話をする機会がありました。

 このフォーラムの会場に入る際に、「携帯緊急 便利袋」なるものを頂いたのですが、これを製造・販売されている企業様です。

 震災直後等の混乱期には、「破れない袋」(=水漏れしない袋)は必須になるそうです。

 頂きました「便利袋」は、黄色く小さな外装の袋に、オレンジ色と黄緑色をした袋が1枚ずつ(計2枚)入っていました。目立ちやすい色が採用されていますね。


     1302161.jpg


 普段は、この黄色く小さな袋を携行してもらう、ということになります。これは、ちょうどポケットティッシュのような大きさで、しかも薄っぺらいので、かさばるものではありません。
 この黄色い袋には、「災害用伝言ダイヤル」の番号が書かれています。ここに書いてあると助かりますね。

 また、この袋の使い方が絵で示されています。使い方として、①防災マスク、②緊急時のトイレ、③貯水袋の3つが紹介されています。なるほど、水漏れしない袋が必要になる状況がイメージできます。

 試しに、オレンジ色の袋に水を入れてみました。するとこんな感じに、丸く膨らみます。

           1302162.jpg



 なぜ、水漏れがしないかといいますと、そのカギは破れにくい構造をしているからです。

 水を入れた袋を下から覗くと、こんな感じです。

           1302163.jpg


 水を入れた際に、とんがる箇所ができない構造をしています。
 このため、ちょっと何かに触れた程度では破れにくいのです。

 この構造で、特許も取得されています(特許第5068142号)。
 
 社長様はもとより防災教育にご関心が高く、防災に関する活動をされてこられたそうです。

 この袋を開発した後、それでも起業をされるかどうかは迷われたそうですが、とある著名な方から頂いた言葉に背中を押され、起業の決断をされたとのことでした。

 少人数で経営されており、しかも被災地の支援活動もなされているとのことで、大変にお忙しいご様子でした。

 株式会社テクノキャッチ様ではすでに、大手企業などからのご注文を頂いているそうですが、できるだけ多くの方に、この「便利袋」を携行してもらうことで、日頃から 防災の意識を高めてもらいたいとのことでした。

 
スポンサーサイト



<< 第46回なるほど展 | ホーム | ”プロモーション戦略”の研修講師を務めました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム