FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

サポイン事業関連の予算(平成30年度)


 前回は、平成29年度補正予算の「ものづくり補助金」や経営力向上計画の動向についてご紹介しました。

 ものづくり系の補助金では、「サポイン補助金」も人気のある補助金です。

 平成29年度は、「戦略的基盤技術高度化支援事業」として公募が行われました。

 平成30年度は、予算案で、162億円が計上されている「地域中核企業・中小企業等連携支援事業」の枠内で実施されると思われます。

 本事業は、公募が始まる前から体制づくりなどの準備を行うことが求められます。
 例えば、本事業への応募にあたっては、事前に総括研究代表者(PL)は「e-Rad(府省共通研究開発管理システム)」へ手続きが必要となります。登録手続きに相当の日数を要する場合がありますので、できる限り早い段階で余裕をもって登録手続きを行うことが求められます。
 平成30年の公募でも、同様の仕組みになると思います。

 昨年(平成29年)は、中小企業庁より3月21日に予告(公募前の情報提供)が行われました。

 平成30年(2018年)も、近くに公募の予告があるかも知れません。

 なお最近は、政府側は、”サポイン”という名前を使っていませんが、一般にはこの名前で知られています。

 ものづくり補助金などでも産学連携の共同研究等の資金とすることができますが、サポイン補助金は金額が大きく、複数年度にまたがるプロジェクトにも使えるため、より規模の大きな研究開発プロジェクトの資金として適しています。
 金額も大きいため、実施能力、管理能力が相当高いレベルで備わっていることが求められます。

 なお、「 先端設備等導入計画 」 の認定取得が、サポイン補助金の審査における加点項目とされる見通しです。


★関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
  サポイン補助金について
 先端設備等導入計画について
  知財経営研究社(出版事業)
 
スポンサーサイト

<< 平成29年度補正予算(平成30年公募)「ものづくり補助金」事務局の公募要領 | ホーム | 平成30年(2018年)の 「 ものづくり補助金 」(平成29年度補正予算)の情報 >>


 ホーム