FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「医工連携シンポジウム」を聴講しました。

 本日の午後は科学技術振興機構で開催された「医工連携シンポジウム」を聴講しました。

 121207医工


 主催は、首都大学北部4大学連合様で、その「4大学」とは茨城大学、群馬大学、宇都宮大学、埼玉大学です。

 しかし、「4大学」とはいっても排他的な活動ではなく、筑波大学の先生などのご講演もありました。

 その筑波大学の先生のご講演ですが、これはBNCTと呼ばれる最先端(講演者の先生は「次世代」と表現されていましたが)のガン治療方法に関するもので、大変に有望な技術です。これ以外にも、摩耗しない人工関節や、魚の性格を遺伝子工学のアプローチで解析したという研究( → 養殖業等に応用可能)など、興味深いお話を拝聴することができました。

 最近、特に技術系の中小製造業の方からは医療機器や健康福祉関連機器ビジネスへの参入をご検討しているというお話を伺うことが多くなってきました。
 中小企業が新規ビジネスに参入するためには、何らかのビジネスパートナーが必要になると思います。シーズも必要かも知れませんし、販路も、開発・製造パートナーもそうです。いろいろな条件を全てクリアしなければ、ビジネスとしては成功できません。

 本日のシンポジウムでは、シーズとニーズをつなぐデータベースのような情報インフラの重要性も話題となりました。また、偶然の出会いに頼る現状を打破するために、人材育成を進めなければならないというお話がありました。私も同感ですが、こうした取り組みが一定の成果を上げるには時間がかかりそうです。

 一方、成功事例を紹介頂きました企業の経営者の方からは、時間を惜しまずにアンテナを張る努力が欠かせないというお話もありました。また、他のご講演者からは企業側が産学連携を成功させるためには事前のマーケティングが重要であるとのお話もありました。私もこれには大いに賛同します。

 以前、ある企業様に対して、特許情報を手掛かりにビジネスパートナーを探したり、評価したりすることをお手伝いをしたことがあります。そうしたスキルも磨きつつも、私自身、いろいろな企業様や大学、金融機関様と実際にお会いすることでビジネスマッチングのお役に立てるように努めて参りたいと考えております。

 
スポンサーサイト



<< 過去と最近の活動 | ホーム | 産学連携学会 秋季シンポジウムに参加しました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム