FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融仲介機能のベンチマーク ~金融庁長官の続投と銀行の対応~ 平成29年7月8日 更新

 
 日経新聞(電子版/平成29年6月17日)に、森金融庁長官、3年目続投へ 豪腕改革の先行きは 地銀の不安払拭カギ と題したニュース記事がありました。

 森金融庁長官は、金融検査マニュアルの廃止(または見直し)や、金融仲介機能のベンチマークを打ち出すなどの金融改革を進めてきました。

 今のところ、金融仲介機能のベンチマークへの対応方針を決めかねている金融機関(地方銀行や信用金庫)の方も多いと思いますが、このニュースはそれを取り組む方向に働きかけるものとなるかも知れません。

 最近になって 金融仲介機能のベンチマークへの取り組みを公表した地方銀行 には、次のようなところがあります。
 (知財経営研究社のWebページでもご紹介しております。)
 http://www.chizaikeiei.net/benchmark.html
 
 きらぼし銀行/東京TYフィナンシャルグループ(東京TYの傘下には、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京があります)
 静岡中央銀行
 大光銀行
 筑波銀行
 福井銀行
 北都銀行
 南日本銀行
 宮崎太陽銀行

※平成29年8月11日 追記

 信用金庫・信用組合においても、金融仲介機能のベンチマークの公表、または取り組みに関する情報開示を行うところが増えてきました。
 例えば、以下のようなところです。

 旭川信用金庫
 朝日信用金庫
 鹿児島信用金庫
 西武信用金庫
 青和信用組合
 東京東信用金庫
 長野県信用組合
 飯能信用金庫
 飛騨信用組合
 横浜信用金庫

 http://www.chizaikeiei.net/benchmark.html


★関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
 金融仲介機能のベンチマークとローカルベンチマーク
  知財経営研究社(出版事業)
 
スポンサーサイト

<< 下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金 | ホーム | 産業交流展2017が開催されます >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。