FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

産学連携学会 秋季シンポジウムに参加しました。

 本日の午後はNPO法人 産学連携学会様の秋季シンポジウムに参加しました。

 大きなテーマとして、「産学官」+「金(金融機関)」による連携、というものだったと理解しました。

 西武信用金庫様、多摩信用金庫様の活動や、企業の方の事例紹介等が行われました。
 信用金庫様は地域企業を元気にする使命をお持ちですので、信用金庫様が産学連携活動をご支援される場合には、地域の大学をターゲットにすることになるでしょう。ターゲットが絞れていることで効率的な活動ができるのかも知れないな、と感じながらお話を聞かせて頂きました。
 企業側からすれば、全国にあるどの大学のどの先生の協力を得るのが最善だろうか? などと考えてしまうかも知れませんが、なかなか最善の出会いを果たすことは難しいでしょう。

 本日ご登壇された方からは建前論や成功事例だけでなく、本音や苦労話と思えるコメントもあり、とても参考になりました。

 私は電機メーカに勤務していた頃は企業側の視点で産学連携の業務に携わってきました。

 個人の経営コンサルタントとして産学連携に関わると、大学側の課題にも注意が向くようになりました。

 一言でいえば、産学官連携活動をマネジメントしなければならない、という課題です。
 大学としての理念やビジョンに沿う形で、産学連携活動についての「事業目標」を立て、「事業戦略」や「事業計画」を立案し、PDCAサイクルを回していく、ということに関する課題です。とりわけ、重要業績評価指標(KPI)を明確にして管理していく必要があると思いますが、これは多くの大学において課題となっているのではないでしょうか。

 今日ご登壇された方から、「よい研究者がよい経営者であるとは限らない」、というお話がありました。大学側もまさに、試行錯誤しながら、自分の大学が取り組むべき産学連携の在り方を模索されているのかも知れません。
 
 本日、私が電機メーカ勤務時代に取り組んでいた産学連携活動を通じて知り合った企業経営者の方と数年ぶりに再会することができました。
 数年前も優良な企業様であることを感じていましたが、現在においてもその企業様では「産学官+金」の活動にとても熱心に取り組まれており、実績も上げておられるなど、素晴らしい取り組みをされています。企業側として産学連携を成功に導くヒントをいろいろとお聞かせ頂き、とても参考になりました。

 今日拝聴させて頂きましたが、産学連携の成功事例も増えてきていることは心強いことです(大半は成功とは言いえないものであったとしても)。我が国の産業の活性化のため、産学連携の成功事案もどんどん増えてきて欲しいものです。私も自分にできることを取り組もうと決意を新たにしました。


 

スポンサーサイト



<< 「医工連携シンポジウム」を聴講しました。 | ホーム | 集客グッズ ( 「光る紐」 株式会社サンクロス 様 ) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム