FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コト消費って? コトマーケティングって?

 
 大手百貨店の売上減少に歯止めがかかりません。

 モノがなかなか売れない時代、大手百貨店では「コト消費」に着眼しています。
 「コトマーケティング」という言葉も普及してきました。

 中国からの爆買い客も収束し、中国人観光客も、日本で「モノ」を買うことよりも、楽しい思い出を作ることに需要がシフトしているといいます。

 では、「コト」とは何でしょうか?

 「コト」=「体験型の〇〇」と狭く解釈しすぎますと、ビジネスチャンスを逃してしまうかも知れません。

 私の理解・解釈では、大手百貨店では、昔から一貫して「コト消費」の要素を備えたビジネスを行ってきていました。
 百貨店に限らず、コトマーケティングといったアプローチは試みられてきました。

 従前から、大手百貨店に行く客は、単にモノが欲しいのではなく、幸福感、ワクワク感、贅沢感を味わうことも目的の1つだったのではないでしょうか?
 それが、大手百貨店でなくても味わえるようになったり、購買層の価値観の変化によって同じやり方では購買層にそうした気持ちを味わってもらうことができなくなったことがあるのではないかと見ています。

 私の定義では、「コト」とは、「情緒的な何か」と広く捉えています。うれしいコト、楽しいコト、幸福感、達成感、泣けてくるコト、他人に自慢したくなるコト、優越感(自分は特別な存在だと感じられるコト)、などです。おおよそ、「つまらないコト」や「不愉快なコト」以外は、購買の対象または購買促進の手段となります。
 悲劇を描いた小説や映画にも、消費者はそれを味わうために対価を支払うのです。

 大手百貨店では、ブランドに誇りを持っているために、ブランドを守ることに固執しすぎているように思えます。

 一方、イオングループなどでは、ショッピングモールにシネマ館を併設するなど、随分前から「コト消費」型のアプローチをしています。こうした取り組みは、伝統のブランドを重んじる、大手百貨店では行いにくいことだったのかも知れません。
 そうではあっても、「爆買い客」にも目配りせざるを得なくなり、ブランド価値の毀損を招くことになったかも知れません。

 これから、大手百貨店がどのような取り組みを仕掛けてくるのか、注目したいと思います。

 しかし、今すぐにさほどのお金もかけずに取り組めることがあると思います。それは、商品や店舗(テナント)自体が持っている「物語性」をアピールすることです。

 販売側から見ればモノでコトを売る、購買者側から見ればモノでコトを買う、ということが成り立つ場合があります。

 それは例えば・・・(続く)


★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
 
スポンサーサイト

<< コト消費って? コトマーケティングって? (続き) | ホーム | 「面白い恋人」を見つけました。 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。