FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許事務所・弁理士様向けの補助金セミナー

特許事務所・弁理士様向けの補助金セミナーを開催します。2月25日(木)19:00~20:30、場所は新宿です。

詳細・お申込みはこちら

実はとある事業者様の主催で2年前にも行いました。とてもご好評を頂いたのですが、昨年はアレコレ立て込んでしまいできませんでした。
中小企業診断士としての活動は、手広く行おうとすれば際限がありません。受け身の姿勢で仕事を受けていてもそうです。

私自身は最近、業務内容を絞り込むようにしております。特に中小製造業の方の製品開発、新事業開発の支援に優先的に取り組むようにしております。そうした支援では、知財に関する助言も当然のごとく、含まれます。

セミナー講師も、依頼があって受けることが多いのですが、今回の補助金セミナーは、知財経営研究社主催で行う自主企画です。
 
知財経営研究社では、近江商人の「三方よし」の考え方に習い、①自身の事業よし、②お取引先様の事業よし、③我が国の産業界よし、の中小企業支援のマインドを共有できる特許事務所・弁理士の方との連携・協業に取り組んで参ります。

これまで、いろいろな会合に出向いて特許事務所・弁理士様との接点を作ってきましたが、中小企業支援に積極的な方と出会える確率は高くありません。

中小企業診断士協会と日本弁理士会が協力関係構築に関する協定を結び、それに関連して中小企業診断士と弁理士の方との交流会が何度か開催されています。

私自身もその会合に何度か参加しましたが、中小企業診断士と弁理士の方との交流会に参加されていた弁理士の方であっても、意外なことに中小企業支援に積極的な方が多かったとはいえないというのが率直な印象でした。

とはいえ、若干ではありますが、一定程度の相互信頼関係を構築できる方とのネットワークもできて参りました。
 
特許事務所・弁理士の方に、過度に期待されても困りますが、私のところには特許や商標の出願の相談もあります。
相談内容によっては出願を勧めないケースもありますが、出願をお勧めできるケースでは、私として信用できる弁理士の方に案件をご紹介しております。2年前の特許事務所・弁理士様向けの補助金セミナーにお越し頂いた弁理士の方にも特許出願の案件をおつなぎしました。(私はこうしたことに仲介手数料的なものは頂きません。)

こうした関係を強化し、いずれは事業者のための「経営も知財も分かる人材の育成」といったテーマで共同セミナーや研修サービスを提供できるようにして参りたいと考えおります。

また、数年前に公的支援で行われた、中小企業向けの「知財コンサルティング」を、経営の領域にまで広げ、それを民間支援のスキームで行えるように仕組みを作っていきたいと考えております。

** 「『下町ロケット』で学ぶ・・・」 シリーズの 掲載先は移転しました **

★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
スポンサーサイト

<< 月刊誌「機械と工具」2月号(補助金の連載記事) | ホーム | 『下町ロケット』で学ぶシリーズは掲載先を移転します >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。