FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノづくり」と「コトづくり」 その4

  
 ・・・(前回からの続き)・・・

 ネスレ(ネスカフェ)には、伝説のキャッチコピーがあります。

 「違いがわかる男のゴールドブレンド」です。(「J-PlatPat」で検索したところ、意外なことにこのキャッチコピーは商標登録されていないようでした・・・。)

 「違いがわかる男」として数々の著名人がCMに登場しています。なんとあの「シャア・アズナブル」もその1人です。
 ゴールドブレンドは、宇宙世紀まで・・・いったいどれだけ長く売れ続けるのでしょうか(?)。

 当時の同社のターゲット顧客は男性だったのかも知れません。昨今は多くの商品のターゲット顧客は女性になっています。

 「違いがわかる男のゴールドブレンド」のキャッチコピーは、ゴールドブレンドを選ぶ人(男性)は「違いがわかる男」だとして、心の満足を得られるものとして訴えかけています。「コトづくり」的なアプローチはなにも最近始まったものではありません。
 「違い」という言葉を通じて品質・味の良さも伝わりますので、これは本当に優れたキャチコピーだと思います。

 ゴールドブレンドは一般消費者向けの商品ですが、「アンバサダー」は主に事業者向けに販売されたヒット商品です。

 「アンバサダー」を導入すれば、「職場に笑顔が増えます」とアピールしています。「コトづくり」、「コトマーケティング」としてもとても上手な事例だと思います。

 そして、「アンバサダー」が導入されれば、「カプセル」が消費されます。このため、これはプリンタービジネスのような「消耗品ビジネスモデル」の要素を持っています。「アンバサダー」というマシンは無料で提供され、コーヒー等の濃縮液の入った「カプセル」で収益を上げるのです。
 
 「コトづくり」をしても、多くの場合には顧客・消費者に対してそれを伝えるための多大な努力が求められます。

 「伝える」ということは、マーケティング戦略でいえば「プロモーション戦略」の範疇に入る課題です。かつてはプロモーション活動にはとかく費用がかかるものでした。しかし最近のIT技術の進展により、「コト」を伝えるためのハードルは低くなりました。それどころか、「コト」の要素のある商品は、SNSによる「クチコミ」をしてもらえやすくなります。昨今、「コトづくり」が注目されている理由の1つがそこにあります。
 
 商品や店舗に「コトづくり」の要素を盛り込み、そしてそれをしっかり伝えることで、「売れる商品」・「繁盛するお店」になる確率を高めることができるのです。

 

★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
   
スポンサーサイト

<< 月刊誌「プラスチックス」への連載 | ホーム | 「モノづくり」と「コトづくり」 その3 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。