FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノづくり」と「コトづくり」 その2

  
 ・・・(前回からの続き)・・・

 私が支援しているお店の隣のお店が「ガイアの夜明け」で紹介されました。

 放送の翌日、お店の様子を見てきました。

 大変なことになっていました。「ガイアの夜明け」で紹介されたお店の前には長蛇の列です。私の支援しているお店の前のスペースも、その列に並ぶ方々に占拠されているような状況でした。目の前には私が支援しているお店の、何度もテレビで「美味しい」と紹介されている商品があるのに、隣のお店の商品を買うためにわざわざ長蛇の列に並んでいるのです。

 「ガイアの夜明け」効果はやがて終息しましたが、「美味しい」と紹介したどのテレビ番組(バラエティ番組)の効果よりも大きく、長く続きました。

 前回も書きましたが、そのお店の商品が美味しいとか、原材料には何を使っているとかいうことは「ガイアの夜明け」では紹介されていないのです。

 恐らく、放送の内容が視聴者の心に響いたのでしょう。
 これは、コト消費、コトマーケティングを上手に行う上でのヒントを提供しているように思えます。

 巷に「モノ」はあふれています。洋菓子であれば、「美味しい」ことは必須条件に過ぎず、美味しいだけでヒット商品にできるというほど簡単なものではありません。
 特に、お菓子の顧客層は気まぐれです。お菓子の分野にはロングセラー商品も多いのですが、一時はヒットしてもすぐに飽きられてしまう商品も少なくありません。
 
 消費者の心を掴むには、心に働きかける何かが欲しいのです。

 近年になって、売れる商品を作るためには「モノづくり」だけでなく「コトづくり」の要素も盛り込むことが重要だと認識されるようになってきました。
 コトマーケティング(コトづくりマーケティング)といった言葉も目にする機会が増えています。
 
 私は先ほどの消費者の「心に働きかける何か」を 「コト」 と捉えています。

 「コト」とは、何かを体験するとか、イベントを指すばかりではありません。
 「コト」とはうれしいこと、楽しいこと、面白いこと、感動すること、誇らしいことといったことの総称です。商品をより売れる方向へ、お店をより繁盛させる方向へ導くための推進力となる「心に働きかける何か」なのです。コトマーケティングとは、これをマーケティングに応用しようという考えです。

 私が支援したデパチカの洋菓子店には、オープンさせるまでの「物語性」があると前回お伝えしました。そうした「物語性」も立派な「コト」なのです。しかしながら、その「物語性」をお伝えすることはできませんでした。

 立派な「コト」を有していても、それが顧客・消費者に向けて伝えることができるものでなければマーケティング戦略上は有効であるとは言えません。

 様々な要素を具備してようやく、高い確率で売れる・繁盛するようになるのです。伝えることだけでなく、伝え方やその媒体選びなども重要です。

 なお、消費者がその商品を手にしたときに、消費者に対してダイレクトに「コト」の要素が働く場合と、そうではない場合があります。

 前者としては高級ブランド時計などが典型例でしょう。所有者になること自体で、心の満足を得るのです。大衆品としては「松岡修造の日めくりカレンダー」などはその典型例の1つだと思います。

 後者、すなわち消費者に対してダイレクトに「コト」の要素が働かない場合あります。その場合には、企業側では広告等を通じて、伝えたい「コト」の情報発信をします。

 とある会社のはちみつ製品などはその典型例だと思います。

・・・(続く)・・・


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
   
 
スポンサーサイト

<< 「産業交流展2015」が終了しました | ホーム | 『下町ロケット』で学ぶ中小企業の経営戦略と知財戦略 22 「経営理念」 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。