FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「モノづくり」 と 「コトづくり」 その1

 
 以前、いわゆるデパチカの洋菓子店の立ち上げのお手伝いをしたことがあります。

 そのデパチカでは大掛かりな増床工事が行われ、たくさんのお店が一度にオープンしました。その内の1店舗をご縁があって支援することになったのです。

 知人からこの件を紹介して頂いたのは、その洋菓子を作る上でのレシピ等が知的財産の一種である「営業秘密」にあたり、営業秘密管理についてきちんと助言できる人というのが支援者に求められる要件ということだったためでした。
 (しかし実際に支援を開始しますと、課題は山積でした。とりわけ人材募集と人材教育が喫緊の課題でした。)

 オープン前日は、メディア向けのプレオープンセレモニーが行われました。増床されたエリアには肉料理のお店もたくさんあり、それをテレビ東京のワールドビジネスサテライトの取材陣が取材していました。
 その方々が休憩中に、私が支援する洋菓子店のところにもふらりと立ち寄られました。私は厚かましくもワールドビジネスサテライトのMキャスターに直談判して私が支援する洋菓子店を取材するように申し出てみました。
 「お肉のお店の取材なので、ごめんなさい」と、いったんは断られましたが、甲斐あって取材して頂けることになりました。そして、早くもその夜に放送されました。コマーシャル直前の「つなぎ」の映像でしたが、お店の名前や商品をしっかりと紹介して頂きました。

 それを皮切りに、いろいろなテレビ番組でそのお店は紹介されたのです。毎回、そのお店の洋菓子が「美味しい」として紹介されました。

 メディア、とりわけテレビの力は絶大でした。何かの番組で放送されると、その翌日はお客さんがどっと押し寄せました。

 繰り返しになりますが、どの番組にもそのお店の洋菓子が「美味しい」と伝えて頂いたのです。出演者が食べ、口々に「美味しい」というのです。どの番組でも毎回、そうした展開でした。

 洋菓子店の商品を「美味しい」として伝えて頂くことは確かにありがたかったのですが、私が本当にそのお店のこととして伝えたかったのは、実は商品のことではありませんでした。

 私が是非とも伝えたかったのは、そのお店をオープンさせた経営者・関係者の方々の「物語」でした。
 
 後にそのお店をオープンさせることのきっかけとなった出来事、数々の偶然の出会い、苦労、努力と工夫、関わる方々の人生における大きな決断など、物語性のあるエピソードが満載でした。
 私自身にとりましてもそうした「物語」こそが、この方々にできうる限りの支援をしようというモチベーションの源となりました。

 経営者の方にはそうした「物語」を消費者に伝えていくことが販売戦略上はとても有効である旨を繰り返しお話ししましたが、自分自身がメディアにさらされることになるのは嫌だとして、そうした「物語」をお伝えすることはありませんでした。

 ひいき目なしに、そのお店の商品は美味しいのです。テレビでは美味しいものが「美味しい」と伝えられ、放送されるたびに、客は増えました。しかしその効果は長持ちしませんでした。

 その洋菓子店の周辺も洋菓子店ばかりです。隣もそうでした。隣のお店もときどきテレビの取材を受けていましたが、ある日、そのお店がテレビ番組「ガイアの夜明け」の取材対象となりました。
 「ガイアの夜明け」では、そのお店の商品についてはあまり紹介されませんでした。そのお店の商品も美味しいのですが、「ガイアの夜明け」では「美味しい」というメッセージは出てきませんでした。
 その代わり、そのお店に対する経営者の思い、不慣れな従業員の方の奮闘ぶり、作業をミスして大切な商品を台無しにしてしまう失敗シーンなどが放送されたのです。

 「ガイアの夜明け」の放送の翌日、お店の様子を見に行ってみました。 

 ・・・(続く)・・・



★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
   


 

 
スポンサーサイト



<< 『下町ロケット』で学ぶ中小企業の経営戦略と知財戦略 22 「経営理念」 | ホーム | 第3期/こうとう創業支援塾@MONO >>


 ホーム