FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「和むぎや ろくじゅう」 さんに行ってきました。

 
 先月に、埼玉県幸手市の前田食品株式会社の入江社長様のご講演を拝聴する機会がありました。そして、より詳しくお話を伺うために同社を訪問させて頂きました。 
 
 さて、11月3日に、私の両親を連れて、その 前田食品株式会社様が経営されているパン屋さん、和むぎや ろくじゅう 様に行ってきました。
 国産小麦と天然酵母にこだわった食パン専門店ですが、「カフェ・ベーカリー」というスタイルのお店です。
 
 今年の6月にオープンしたばかりのお店ですが、すでに「休日のパン屋さん」という本にも紹介されています。
 
 さいたま市見沼区の大宮八幡中学校の近くにあります。駐車場が広く、車での来店に便利です。
 
 古民家風の民家を利用した、落ち着きのある店構えです。

 お店に入ると、オーダーしてからテーブルに案内されます。ランチA、ランチB、フレンチトーストをオーダーしました。

 パンの工房の様子を見ることができます。
 また、キッチンもよく見えるように設計されており、調理の様子も見て楽しめます。

    141103a.jpg

 
  
 オーダーしたランチがやってきました。

    141103c.jpg

 
 食パンの、良質な国産小麦の風味を堪能しました。全粒粉を使用したパンもあります。小麦の栄養素を丸ごと採ることができます。
 前田食品株式会社様 の製粉技術により、全粒粉といってもパサつき感のない食感が実現できています。
 歯の弱くなった私の両親には、「角食和むぎや」を勧めました。耳まで軟らかく、食感はモチモチで風味も豊かです。
 
 ランチをすっかり平らげて、その「角食和むぎや」を買って帰ろうとしたのですが、先ほどまで2斤並んでいたのに、いつのまにか完売していました。

    141103b.jpg

 
 「ハードトースト」 を買って帰りました。ちょっと厚めにスライスして頂きました。
 この 「ハードトースト」 は、耳の部分に噛みごたえがあり、その分、香ばしい風味をしっかりと味わうことができます。
 北海道産の小麦と塩、そして天然酵母だけで作ったパンだということです。
 
 さすがに、「粉屋の作ったパン屋さん」 です。 
 
  
 
 
スポンサーサイト



<< 特許・情報フェア&コンファレンス2014 | ホーム | 産業交流展2014 のコンシェルジュ >>


 ホーム