FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

商標登録制度


私は会社員時代は商品開発の業務を行っておりましたので、新商品にネーミングを行う機会もありました。

最近、「ネーミングと商標権」についてプレゼンテーションする機会がありました。
売れる商品にするための条件の1つがネーミングであり、よいネーミングの条件の1つとして、「商標登録ができること」を挙げることができる、といったお話をしました。

今回は商標権の話題について少し触れてみます。

香川県は「うどん県」の商標権者となっています。
大分県は、「おんせん県」で商標登録出願をしたそうで、群馬県が反感を持っているそうです。
私が住んでいる埼玉県では、「さいたまスーパーアリーナ」など9件を商標登録しています。
地域ブランドを登録商標として保護する動きは活発化しそうな様相です。

何かのネーミングで商品なりサービスなりをPRする場合、せっかくそのネーミングを努力して考案し認知させても、商標登録しておかなければ他人がそのネーミングを勝手に用いても何も文句が言えないことになりかねません。

商品名を保護する法律としては商標法だけでなく、不正競争防止法もあります。
しかし商品名を他人の無断使用から守るためには、やはり商標登録が重要です。

有名な商品名だからといって、必ずしも登録商標になっているとは限りませんが、今から誕生する売れ筋商品の商品名については商標登録出願をしておくことをお勧めします。
多くの方に知的財産権に対する認識が広まっており、このことは、他人の商品名を自分の権利にしてしまおうと考える人が増えていることも意味します。
ちなみに、「日本維新の会」も商標登録出願されました。出願人は、知財業界では有名な方です。

地域資源となる名称も登録商標として保護することが重要です。

地域資源の場合、「地域団体商標登録制度」というものがあります。
所定の要件を満たせば、「地域名+一般商品名」といった、通常ではありふれた名称のために商標登録されないような名称でも、「地域団体商標」としてならば登録される可能性があります。

例えば、「江戸切子」、「関あじ」などはその例です。

地域団体商標は事業協同組合等に認められるものですが、地域名称をつけても、ありふれた名前でなければ個人で登録できる場合があります。

例えば埼玉県関連の例では、同地域で生産される栗でも、「高麗川マロン」は地域団体商標ですが、「日高ぽロン」は個人の方が登録を受けています。

最近、日本の地域名が中国で商標登録されていることが話題となることがあります。
海外展開する場合には、早めに出願を検討されるとよいでしょう。

なお、よいネーミングを考える上では、発想法というものがあります。

いつかの機会にご紹介したいと思います。


スポンサーサイト



<< 産学連携 (共同研究契約書) | ホーム | 商品調査 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム