FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コト消費って? コトマーケティングって? (続き)

 
 以前のブログでも書いたようなことですが、私は以前、とあるスイーツの会社が大手百貨店のいわゆる「デパチカ」に出店する際のお手伝いをしたことがあります。
 
 その百貨店では、多くのスイーツ店をテナントとして作りたての商品を提供しています。バックヤードをガラス張りにしてお客から作る様子などが見えるようにしています。そのことでシズル感を出して購買意欲を掻き立てようという戦略であると理解しています。

 いくつかの百貨店のそうした試みがテレビ番組「ガイアの夜明け」で紹介されました。

 私が支援したお店もそしてお隣のお店も、バラエティ番組で頻繁に紹介されました。テレビの効果はいまだ抜群で、テレビ番組で紹介されるたびに、お店にはお客が殺到しました。しかしながら、バラエティ番組で紹介されたときの効果はせいぜい2~3日程度でした。

 先ほど書いた、「ガイアの夜明け」で、お隣のお店が全く違う伝えられ方で紹介されました。お店の従業員がその百貨店の店舗のオープンに間に合わせるための奮闘ぶりが紹介されたのです。
 そのお店の商品の説明はほとんどなく、タレントさんが商品を食べて大袈裟にリアクションするというお決まりのシーンもありませんでした。
 お店の方々がお客様に商品を美味しく見せようとして商品が並んだ棚を傾けたところひっくり返してしまったり、何とか工夫を凝らして課題を解決していく様子が紹介されただけでした。ただ、お店の皆さんの奮闘ぶりが紹介されただけなのです。

 その翌日から暫く、そのお店の前には長蛇の列が絶えませんでした。ほかのどの番組で「美味しい」と紹介されたことより、効果は大きく、そして長く続きました。

 お客にとって、その会社の商品を、そのお店で買いたいと思う理由が生じたのでしょう。頑張っているお店の皆さんを応援したいという気持ち、感動を共有したいというような気持ちがそのお店に並ぶ、という行動をとらせたのだろうと思います。

 お店、お店で働く人々、お店に並べられる商品にはそれぞれ秘められた物語があり、それを消費者に適切に伝えることで消費者にファンになって頂くことができる場合があります。
 そうした販売戦略のことは「物語マーケティング」と呼ばれたりしています。

 消費者は、そのお店、お店で働く人々から商品を買うことで、モノと一緒に「うれしいコト」、「応援したいコト」にも対価を支払っているのです。これも立派なコト消費であり、これを意識して仕掛けたものならば、コトマーケティングといえるのではないかというのが筆者の見方です。
 こうしたアプローチは以前から物語マーケティング、心理マーケティング、エモーショナルマーケティング、情緒的価値などと呼ばれて研究されてきました。

 百貨店に話を戻します。

 百貨店側には、なぜそのお店を出店させようと考え、その商品を扱おうと考えたのか、そこに物語性・情緒性がある場合もあります。

 それを適切に消費者に伝えたりシェアして頂くことで広い意味での「コト消費」を喚起でき、コトでモノを売るという仕組みを作ることができます。

 「モノを売るな! コトを売れ!」というキャッチを見かけることがあります。
 これはコト消費やコトマーケティングを際立たせるキャッチとしてはいいのかも知れません。
 しかしながら「コトを売る」、「コトでモノを売る」、「モノでコトを売る」という型を組み合わせた方が生産性を高くでき、ビジネスモデルとしては優れたものになると思います。

 ちなみに、「コトづくり」や「ことづくり」は、一部の商品区分で登録商標となっています。

 「コト消費」や「コトマーケティング」は今のところ、登録商標とはなっていません。「コトマーケティング」は商標登録出願はされたようですが、拒絶査定となったようです。

※三越伊勢丹ホールディングスは旅行会社のニッコウトラベルを買収するそうです。
 熟年世代のコト消費の開拓とのことですが、シナジーを発揮できるでしょうか。
 
★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
 
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。