FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営力向上計画 と 小規模事業者持続化補助金


※平成30年(平成29年度補正予算)の、「ものづくり補助金」 と 「小規模事業者持続化補助金」 の公募が始まっています。

今回の「ものづくり補助金」、「小規模事業者持続化補助金」ともに、加点項目が設定されました。

経営力向上計画」 と 「先端設備等導入計画」 についてはどちらの補助金でも、加点項目となっています。

しかし、「小規模事業者持続化補助金」においては、経営力向上計画については平成30年2月28日時点ですでに認定が取得できている場合にのみ、加点されるということです。

詳しくは、公募要領をご確認下さい。

-----------以降、2016年11月15日のブログ記事---------------

 平成28年度第2次補正予算が実施段階になりました。

 中小企業の方にとって関心が高い補助金が2つ、公募開始となりました。

 1つめは、「 小規模事業者持続化補助金 」です。

 これは、文字通り小規模事業者のための補助金ですが、販売促進活動経費が補助対象となる、数少ない補助金の1つです。
 小規模事業者が販促活動に力を入れるに先立ち、商品やサービスの名称について商標登録出願をしておくことを推奨することが私の場合には多いのですが、残念ながらこの小規模事業者持続化補助金は知的財産関連経費は補助対象外です。販促活動のための補助金ですので、知財関連経費全てとはいいませんが、商標登録出願関連経費だけでも補助対象にして頂けると申請をお勧めしたい企業がたくさんあるのですが。

 2つめは「 ものづくり補助金 」です。

 ものづくり補助金の場合には、「小規模型」を選択すると試作開発のための諸経費が補助対象となり、知的財産権等関連経費も補助対象となります。

 「小規模型」という名称がついていますが、「ものづくり補助金」の「小規模型」は小規模事業者しか利用できないものではありません。

 なお、 「 経営力向上計画 」 については、「ものづくり補助金」の審査における加点対象になります。詳しくは、公募要領等をご確認下さい。

 ※ 経営力向上計画の書き方(主に製造業についてのページを作成しました。

★関連ブログ等
先端設備等導入計画 
ものづくり補助金(平成29年度補正) 
経営力向上計画 
 
スポンサーサイト

「経営力向上計画」や知財支援の新規案件

 
 私の「経営力向上計画」の策定支援の案件のうち、多くは知財活動に積極的に取り組んでいる企業です。私の場合は、知的財産戦略・管理の支援や産学連携支援を前面に出した自己PRをしていますので、当然の傾向ではありますが・・。
 新規案件の企業様も知的財産活動にとても積極的です。

 この企業様が取り組んでおられる積極的な研究開発や知的財産活動からは想像できないほどに、中小企業支援施策についてはあまりご存知ありませんでした。そこでまずは「ものづくり補助金」の申請を視野に「経営力向上計画」の策定支援を行いました。

 経営力向上計画の書き方・作成・申請・認定 のWebページを、新たに開設しました。「経営力向上計画 作成マニュアル」も更新しました。

 また、中小企業等経営強化法 についても、別ページでより詳しく解説することにしました。
 
 今回の支援先企業様には、 中小企業のための知的財産支援策(補助金・助成金等) についても詳しくご紹介します。単に制度があることを伝えるのではなく、その企業にあった活用方法を提案します。技術開発から知的財産権の取得、設備投資、技術ブランディング、販売促進、ビジネスマッチング支援まで広くお手伝いできそうです。もちろん、補助金・助成金等の活用支援だけではありません。

 ときどき、特許事務所・弁理士の方に出願を依頼しているにも関わらず、特許料等の減免制度さえ知らないという中小企業・個人の方がおられます。
 こうした制度を知っていて使わないならともかく、知らないために検討もしてこなかったということは、もったいないという場合もあります。

 是非、多くの方に 中小企業のための知的財産支援策 を知って頂きたいと思います。

 過去に2回、特許事務所・弁理士の方向けの補助金・助成金のセミナーを行ったことがあります。1回目のセミナーに出席された、とある弁理士の方はその後、創業補助金などの支援もされおられます。Webで関連キーワード検索をすると、かなり上位に表示されており頼もしく思います。
 中小企業を顧客とする特許事務所・弁理士の方にもっと知財関連の中小企業支援施策を知って、ご紹介して頂かないと、せっかくの支援施策が中小企業に普及しません。知財関連といっても、「ものづくり補助金」のように、製品開発を支援するような補助金・助成金にも、知財支援が組み込まれている場合があります。
 中小企業の方は、公的な中小企業支援施策にアンテナを張っておくことはなかなか難しいのです。
 


★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
 

中小企業のための知的財産支援策(補助金・助成金等)のリンク集

   
 知財経営研究社のWebサイトページ 「 中小企業のための知的財産支援策(補助金・助成金等) 」 のリンク集を拡充しました。

 手前みそですが、これだけ充実したリンク集は、ほかにはないと思います。


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
経営力向上計画の書き方・作成・申請・認定
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
 

 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。