FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「経営診断」と「経営力向上計画」の策定支援

  
 私は中小企業診断士の「実務従事事業」という制度を使って、年に数回の無料の経営診断を行っております。

 この無料の経営診断につきましては、下記コラムで紹介しております。
  「中小企業診断士が語る!知れば得するノウハウ集」(第10回)

 毎回、診断先の企業様に応じて、テーマ選定をします。例えば、経営戦略やマーケティング戦略の策定、収益改善、店舗運営、知的財産戦略、などなどです。

 そして、「経営力向上計画」の策定と実行支援、というテーマでも行います。

 この無料の経営診断は、中小企業等経営強化法に基づく経営力向上計画の策定を支援するために、とても相性がよいのです。

 経営診断と、「経営力向上計画」の策定支援のプロセスを次の図に示します。

 
   161027経営診断

 
 通常、診断先の企業様の現状分析として、いくつかの定番のツール(フレームワーク)を用います。
PEST分析、3C分析(4C分析)、SWOT分析、ファイブフォース分析、バリューチェーン、知的資産経営・知的財産経営の視点での分析などです。
 もちろん、財務分析も行います。

 「経営力向上計画」の策定支援では、「ローカルベンチマーク」を用いた現状分析を採り入れながら進めます。

 「ローカルベンチマーク」で推奨している、診断先企業様に確認すべき事項は、通常の経営診断でも行われるものです。

 経営理念、経営ビジョン等を踏まえ、「あるべき姿」を確認または想定し、現状とのギャップを明らかにします。このギャップが、経営課題となります。

 「あるべき姿」の中に、「経営力向上計画」で達成すべき事項、例えば事業分野別指針の中から労働生産性を選定して目標値として組み入れてもいいでしょう。

 経営課題は通常はたくさん抽出されますので、解決していくための優先度付けを行います。

 そして「あるべき姿」に向かって進んでいくための経営戦略を練り直します。この際、クロスSWOTを行ったり、バランススコアカード(BSC)の考え方を採り入れた戦略マップを用いて経営戦略を具体化していきます。

 そして、経営資源の制約、時間的要素も踏まえながら、アクションプランにまで落とし込み、PDCAサイクルが回せるように、管理指標(いつの時点で何をどの程度の数値で達成していなければならないかの指標)を明らかにし、日々の経営活動において実践可能なものになるように提言します。
 経営診断報告書は、通常は50~100ページ程度のものとなります。

 もちろん、外部の者から言われた戦略や計画では診断先の企業様の中では本当に実践しようというモチベーションが上がりませんので、提言に基づき、診断先の企業様の中で、自社の戦略・計画となるように醸成していくプロセスも必要になります。

 ここまでできれば、わすか2枚の「経営力向上計画」が、本当に経営力を向上させるための計画になるはずです。

 そして、金融支援を受けるために金融機関の方に相談される際にも、堂々と胸を張って説明することができるものとなります。

 ※ 経営力向上計画の書き方(主に製造業についてのページを作成しました。

★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
経営力向上計画の書き方・作成・申請・認定
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
 

 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム