FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

Facebookページを開設しました

  
 皆様
 明けましておめでとうございます。早くも新年4日目となりました。

 以前より構想を温めておりましたが、私の行動領域に関連する4つのFacebookページを開設しました。

(1) 「中小企業知財経営 有志の会」
 知財を活用して経営力を向上させたい中小企業の方々と、それを支援する方々の相互研鑽のための情報、意見交換や出会いの場を提供できるように運営して参ります。

(2) 「経営&知財人財育成研究会」
 経営のことも知財のことも知見を高め、自身の業務に役立てたいという意欲のある方々の相互研鑽のための情報、意見交換や出会いの場を提供できるように運営して参ります。

(3) 「産学官連携推進人材育成研究会」
 産学官連携に関わる方々の相互研鑽のための情報、意見交換や出会いの場を提供できるように運営して参ります。

(4) 「中小企業 支援施策 活用推進 協議会」
 補助金・助成金などの中小企業支援施策の活用の促進を図るべき方々の相互研鑽のための情報、意見交換や出会いの場を提供できるように運営して参ります。


■Facebookページ立ち上げの経緯
 
 私(知財経営研究社 代表)には最近、次のようなことがありました。

 ① 特許出願や商標出願についての相談を受け、出願業務につきましては知人の弁理士の方や特許事務所に取り次ぎました(このような件が増えています)。

 ② 著名な企業の方から、多くの知財系コンサル人材を紹介して欲しいという依頼がありました。これは私に、知財検定1級の合格者とのネットワークがあるのではと期待されてのことでした。

 ③ とある企業様から研究開発に関する相談を受ける機会がありました。その企業様に、ある大学のシーズ技術を紹介しましたところ、トントン拍子で共同研究開発に向けた協議に入りました。

 ④ ある企業の方から「ものづくり補助金」申請の支援を依頼されましたが、受けきれませんでしたので、知人に取り次ぎしました(そしてめでたく採択となりました)。

 このように、微力ながらも、私が構築している人的ネットワークが機能する機会、期待される機会が増えています。

 一方で、常々思うことですが、名刺交換で頂戴した名刺の大半は、何の関係性の構築にも役立っていません。
 
 また、私はいくつかの団体に所属していますが、その団体を通じた情報・意見交換には、団体の規則等の制約を受けることの現実を味わう機会がありました。

 そこで、マインドを共有できる方々との人的ネットワークを構築し相互研鑽するための、プライベート過ぎず、公式すぎない場があってもいいと考えるに至りました。

 そして、上記のFacebookページを立ち上げました。
 
 近江商人の「三方よし」の精神に習い、運営者(知財経営研究社 代表)よし、参加者・賛同者よし、我が国の産業界よし、となるべく努めて運営して参ります。

 現時点は、ごく少数の方にご賛同を頂いて運営を開始したばかりですが、派生的にFacebookの「秘密のグループ」を構築したり、リアルの会合を行ったりしていけるように発展させていきたいと考えております。


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
経営力向上計画の書き方・作成・申請・認定
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム