FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モノづくり」と「コトづくり」 その3

  
 ・・・(前回からの続き)・・・

 「物語性」のある製品例の1つが、山田養蜂場のはちみつ製品だと思います。

 「山田養蜂場」はテレビCMも行っていましたので、はちみつを扱う会社としてはとても高い知名度があると思います。

 一般的に、知名度が高い企業の製品に対しては、消費者は「高品質」をイメージすることでしょう。しかし「高品質」というだけでは、「コトづくり」の要素としては物足りません。

 テレビCMで「山田養蜂場のはちみつ」と聞いただけでは、視聴者は「品質の高そうなはちみつ」としか思い浮かばないかも知れません。

 「物語性」を伝えるには時間がかかります。せいぜい数十秒が勝負のテレビCMでは、なかなかこうした「物語性」を伝えることはできません。そこで多くの企業では、「物語性」を伝えるためにネットを活用しています。

 「山田養蜂場のはちみつ」の場合も、Webサイトで「物語性」を伝えています。
 「創業の精神」と題して、創業者が病気の娘の命を救いたい一心ではちみつに含まれる「ローヤルゼリー」の生産を始めたことが紹介されているのです。山田養蜂場の場合には、こうした「物語性」によって製品ブランドだけでなく、コーポレートブランドをも構築しようとしているのではないかと思います。

 さて、これまでBtoC取引の場合の「コトづくり」について述べてきました。

 BtoB取引の場合の「コト」は、BtoCの場合と比較すれば、あまり情緒的なものではなくてもいいでしょう。
 顧客となる企業にとって「うれしいこと」、「助かること」といった視点でとらえれば発想しやすいと思います。

 ネスレ(ネスカフェ)のあのヒット商品は、BtoB取引における 「コトづくり」 の要素も具備した商品ではないかと思います。


 ・・・(続く)・・・


★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
   
 

スポンサーサイト

日本工業出版様の月刊誌への連載記事

  
 日本工業出版株式会社様の月刊誌2雑誌に、補助金関連の連載記事を仲間の中小企業診断士とともに投稿させて頂くことになりました。

 いよいよ、来月号の月刊誌 「プラスチックス」 にて連載記事の1回目が掲載されます。

写真プラスチックス2


 今のところ6回シリーズで、各回のテーマ概要は下記のものを想定しています。

 ① 補助金活用の全体イメージ
 ② 開発系補助金の申請のポイントと活用策
 ③ 販売促進の活用できる補助金
 ④ 知的財産業務に活用できる補助金
 ⑤ 海外事業展開に活用できる補助金
 ⑥ 外国特許出願等に活用できる補助金

 私は、①、②、④、⑥を執筆予定です。

 事業戦略・事業計画の策定方法、売れる新製品開発の企画立案方法等も絡めながら書いて参ります。

 
★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
 

「産業交流展2015」が終了しました

  
 今年の「産業交流展2015」が終了しました。

       20151121産業交流展


 私は今回も「ビジネスマッチングコンシェルジュ」として3日間、「産業交流展2015」のお手伝いをさせて頂きました。今回で3年連続の3回目となります。

 来場者の方だけでなく、いくつかの出展者の方からもビジネスパートナー探しのご相談を受けました。

 また、個人発明家の方から特許アイデアの商品化や、ライセンス先を探したいというご相談も数件ありました。

 さらには、これはマッチングというよりも経営相談でしたが、もっと売れるようにしたい、商品開発のための資金調達をしたい、といったご相談にも対応しました。

 今後がとても楽しみな案件がいくつかありました。


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
   

「モノづくり」と「コトづくり」 その2

  
 ・・・(前回からの続き)・・・

 私が支援しているお店の隣のお店が「ガイアの夜明け」で紹介されました。

 放送の翌日、お店の様子を見てきました。

 大変なことになっていました。「ガイアの夜明け」で紹介されたお店の前には長蛇の列です。私の支援しているお店の前のスペースも、その列に並ぶ方々に占拠されているような状況でした。目の前には私が支援しているお店の、何度もテレビで「美味しい」と紹介されている商品があるのに、隣のお店の商品を買うためにわざわざ長蛇の列に並んでいるのです。

 「ガイアの夜明け」効果はやがて終息しましたが、「美味しい」と紹介したどのテレビ番組(バラエティ番組)の効果よりも大きく、長く続きました。

 前回も書きましたが、そのお店の商品が美味しいとか、原材料には何を使っているとかいうことは「ガイアの夜明け」では紹介されていないのです。

 恐らく、放送の内容が視聴者の心に響いたのでしょう。
 これは、コト消費、コトマーケティングを上手に行う上でのヒントを提供しているように思えます。

 巷に「モノ」はあふれています。洋菓子であれば、「美味しい」ことは必須条件に過ぎず、美味しいだけでヒット商品にできるというほど簡単なものではありません。
 特に、お菓子の顧客層は気まぐれです。お菓子の分野にはロングセラー商品も多いのですが、一時はヒットしてもすぐに飽きられてしまう商品も少なくありません。
 
 消費者の心を掴むには、心に働きかける何かが欲しいのです。

 近年になって、売れる商品を作るためには「モノづくり」だけでなく「コトづくり」の要素も盛り込むことが重要だと認識されるようになってきました。
 コトマーケティング(コトづくりマーケティング)といった言葉も目にする機会が増えています。
 
 私は先ほどの消費者の「心に働きかける何か」を 「コト」 と捉えています。

 「コト」とは、何かを体験するとか、イベントを指すばかりではありません。
 「コト」とはうれしいこと、楽しいこと、面白いこと、感動すること、誇らしいことといったことの総称です。商品をより売れる方向へ、お店をより繁盛させる方向へ導くための推進力となる「心に働きかける何か」なのです。コトマーケティングとは、これをマーケティングに応用しようという考えです。

 私が支援したデパチカの洋菓子店には、オープンさせるまでの「物語性」があると前回お伝えしました。そうした「物語性」も立派な「コト」なのです。しかしながら、その「物語性」をお伝えすることはできませんでした。

 立派な「コト」を有していても、それが顧客・消費者に向けて伝えることができるものでなければマーケティング戦略上は有効であるとは言えません。

 様々な要素を具備してようやく、高い確率で売れる・繁盛するようになるのです。伝えることだけでなく、伝え方やその媒体選びなども重要です。

 なお、消費者がその商品を手にしたときに、消費者に対してダイレクトに「コト」の要素が働く場合と、そうではない場合があります。

 前者としては高級ブランド時計などが典型例でしょう。所有者になること自体で、心の満足を得るのです。大衆品としては「松岡修造の日めくりカレンダー」などはその典型例の1つだと思います。

 後者、すなわち消費者に対してダイレクトに「コト」の要素が働かない場合あります。その場合には、企業側では広告等を通じて、伝えたい「コト」の情報発信をします。

 とある会社のはちみつ製品などはその典型例だと思います。

・・・(続く)・・・


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
   
 

『下町ロケット』で学ぶ中小企業の経営戦略と知財戦略 22 「経営理念」



** 「『下町ロケット』で学ぶ・・」シリーズの掲載先は移転しました**


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
   
(2015年12月27日更新)

 

「モノづくり」 と 「コトづくり」 その1

 
 以前、いわゆるデパチカの洋菓子店の立ち上げのお手伝いをしたことがあります。

 そのデパチカでは大掛かりな増床工事が行われ、たくさんのお店が一度にオープンしました。その内の1店舗をご縁があって支援することになったのです。

 知人からこの件を紹介して頂いたのは、その洋菓子を作る上でのレシピ等が知的財産の一種である「営業秘密」にあたり、営業秘密管理についてきちんと助言できる人というのが支援者に求められる要件ということだったためでした。
 (しかし実際に支援を開始しますと、課題は山積でした。とりわけ人材募集と人材教育が喫緊の課題でした。)

 オープン前日は、メディア向けのプレオープンセレモニーが行われました。増床されたエリアには肉料理のお店もたくさんあり、それをテレビ東京のワールドビジネスサテライトの取材陣が取材していました。
 その方々が休憩中に、私が支援する洋菓子店のところにもふらりと立ち寄られました。私は厚かましくもワールドビジネスサテライトのMキャスターに直談判して私が支援する洋菓子店を取材するように申し出てみました。
 「お肉のお店の取材なので、ごめんなさい」と、いったんは断られましたが、甲斐あって取材して頂けることになりました。そして、早くもその夜に放送されました。コマーシャル直前の「つなぎ」の映像でしたが、お店の名前や商品をしっかりと紹介して頂きました。

 それを皮切りに、いろいろなテレビ番組でそのお店は紹介されたのです。毎回、そのお店の洋菓子が「美味しい」として紹介されました。

 メディア、とりわけテレビの力は絶大でした。何かの番組で放送されると、その翌日はお客さんがどっと押し寄せました。

 繰り返しになりますが、どの番組にもそのお店の洋菓子が「美味しい」と伝えて頂いたのです。出演者が食べ、口々に「美味しい」というのです。どの番組でも毎回、そうした展開でした。

 洋菓子店の商品を「美味しい」として伝えて頂くことは確かにありがたかったのですが、私が本当にそのお店のこととして伝えたかったのは、実は商品のことではありませんでした。

 私が是非とも伝えたかったのは、そのお店をオープンさせた経営者・関係者の方々の「物語」でした。
 
 後にそのお店をオープンさせることのきっかけとなった出来事、数々の偶然の出会い、苦労、努力と工夫、関わる方々の人生における大きな決断など、物語性のあるエピソードが満載でした。
 私自身にとりましてもそうした「物語」こそが、この方々にできうる限りの支援をしようというモチベーションの源となりました。

 経営者の方にはそうした「物語」を消費者に伝えていくことが販売戦略上はとても有効である旨を繰り返しお話ししましたが、自分自身がメディアにさらされることになるのは嫌だとして、そうした「物語」をお伝えすることはありませんでした。

 ひいき目なしに、そのお店の商品は美味しいのです。テレビでは美味しいものが「美味しい」と伝えられ、放送されるたびに、客は増えました。しかしその効果は長持ちしませんでした。

 その洋菓子店の周辺も洋菓子店ばかりです。隣もそうでした。隣のお店もときどきテレビの取材を受けていましたが、ある日、そのお店がテレビ番組「ガイアの夜明け」の取材対象となりました。
 「ガイアの夜明け」では、そのお店の商品についてはあまり紹介されませんでした。そのお店の商品も美味しいのですが、「ガイアの夜明け」では「美味しい」というメッセージは出てきませんでした。
 その代わり、そのお店に対する経営者の思い、不慣れな従業員の方の奮闘ぶり、作業をミスして大切な商品を台無しにしてしまう失敗シーンなどが放送されたのです。

 「ガイアの夜明け」の放送の翌日、お店の様子を見に行ってみました。 

 ・・・(続く)・・・



★関連ブログ等
知財経営研究社
ものづくり補助金と経営力向上計画 
   


 

 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。