FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

トップライン研修(売上拡大策)

 昨年の12月から今年の1月にかけて、認定支援機関向けの「トップライン研修(売上拡大策)」の講師を行いました。
 その研修の中では、事例に基づくワーク(演習)とグループディスカッションを行いました。
 受講生は認定支援機関の方であるため、ともに中小企業を応援するミッションとマインドを共有できる同士のような感覚を持って講義にあたりました。

 この研修では、想定する支援先の中小企業が経営改善計画の策定が必要であるという設定のため、抜本的な売上改善策を検討する必要がある、という前提での講義でした。
 
 研修のテキストに従い、まずは経営理念や経営ビジョンの確認から入ります。外部環境分析(PEST分析や3C(4C)分析)、内部環境分析、そしてそれらをまとめたSWOT分析を行い、クロスSWOTで戦略のアイデア出しを行い、優先度を考慮して売上拡大のための戦略立案を行う、という流れでした。昨年は2日コースでしたが、今年は1日コースで行いました。時間が許せば、もっとマーケティング戦略に踏み込んだものとしたいところでしたが、詰め込みすぎても消化不良になってしまいます。

 SWOT分析は中小企業診断士であれば企業支援をする際に必ずといえるほど用いる分析ツールです。SWOTとは、強み・弱み・機会・脅威の英語の頭文字をとったものです。言葉は簡単でも、実際に行うのはそう簡単ではありません。そもそも、分析のための情報収集も簡単なものではありません。
 
 SWOT分析を行う前には、3C分析を行うことをお勧めします。これも定石ですね。3Cとは顧客・競合・自社の英語の頭文字をとったものです。「協力者」を加えて「4C」とすることもあります。
 
 なぜSWOT分析を行う前に、3C分析を行うかといいますと、強みや弱みは、顧客や競合をどう捉えるかによって異なるためです。自社の強みは、顧客にとって価値をもたらすものでなければなりませんし、競合に対しては競争優位性を確保できるものでなければなりません。このため、3C分析の捉え方が曖昧ですと、SWOT分析もなかなか収束しません。
 
 「知的資産経営」においては、「強み」は広く捉え、事業の役に立つ無形資産を洗い出します。必ずしも、直接的に顧客に価値を生むものでなくても、競争優位の構築に貢献するものでなくても構いません。例えば、「顧客リスト」は受注活動に役立ちますので、立派な知的資産です。

 SWOT分析は、切り口を整理して行わないと、単に事象を並べ立てたものになってしまい、それが意味するものが分かりにくくなってしまいます。
 「強み」に関しては、「知的資産経営」で一般的に用いる分類で整理しても構いません。私は支援先企業様の経営課題に応じて、少し違う切り口で整理することも多いです。会計において、公開を想定した「財務会計」と、戦略的意思決定のための「管理会計」があるように、画一的な整理は、例えば金融機関様に対する説明を想定した場合に用意し、切り口を変えた整理は、戦略的意思決定やそれに基づく具体的なアクションプランを練るために用いればよいでしょう。

 研修においては、私なりの3C分析やSWOT分析の使い方も紹介させて頂きました。 
 
★関連ブログ
  知的財産支援 http://blogs.yahoo.co.jp/chizaishindanshi
  産学連携活動支援 http://blogs.yahoo.co.jp/sangakurenkeishindanshi
  知財経営研究社 http://www.chizaikeiei.com/
  筆者プロフィール(JCG会員として)
 
 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム