FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「グローバル知財戦略フォーラム2015」 に参加させて頂きました。

 . 
 26日は、「グローバル知財戦略フォーラム2015」 を拝聴させて頂きました。 
 全国から多くの知財関係者を集めて行うフォーラムだけあって、さすがの内容でした。 
 . 
 日華化学様のご講演では、同社様の知財戦略として、「知財戦略は事業戦略に従う」という考えであることをお話し頂きました。賛同致します。よく「三位一体戦略」などと言われますが、知財戦略や研究開発戦略、そして国際標準化戦略は、事業戦略に従うものであると位置付けられることは正しいと思います。
 ただし、知財戦略に関する意思決定や成果があって事業戦略が構築されるケースも多々あります。このため、時系列的には知財戦略的な意思決定を先に行う必要が生じ、この意思決定が事業戦略に照らして判断することができないこともあります。このため、知財戦略に関する意思決定は事業戦略についての知見やセンスのある方に関与させることが重要であると思います。
 . 
 「知財金融」というテーマが議論されました。そしておなじみの「知的資産経営報告書」も話題となりました。
 知財経営に取り組んでいる企業の知財評価の仕組みは社外秘であることが多いと思います。競合を意識すれば自社のマネジメント手法を知られたくないと考えるのは自然なことだと思います。
 一方、「知的資産経営報告書」はどうでしょうか。私もこれに関して支援をすることもあります。これは、金融機関が「目に見えない資産」を評価するための「見える化」するという使われ方があると言われています。
 「知的資産経営報告書」の書式等は決算書のように標準的な雛型が作られ、できるだけ公開しようという動きが強いように思います。政策的にも「知的資産経営」を普及しようという助成の取り組みがあります。
 しかし、金融機関も競争を行っている主体者である以上、競合よりもより有効なツールを競って開発し、競争すべきだと思います。本当に利益に資すると考えるならば、それができるはずです。会計も、財務会計だけでなく管理会計が行われるように、より経営に資するものとするためには、公開しない部分での努力が必要だと思います。
 行政の後押しがあって取り組んでいるような状況からは早く卒業したいものです。支援した事業者様から、「役に立ったと思う」というアンケート結果が得られることを目標にしているようではダメです。競争優位性に貢献するものにしなければなりません。
 競争優位性に貢献することが分かれば、もっと競争すればいいのです。
 知財に関する目利きは、その知財を有する社内や大学等においても容易ではありません。それを外部の、しかも技術に明るくない方が評価しようとすれば、自ずとできることに限りがあります。しかし競争に勝つため必要となれば、社外の適切な機関と連携したり、必死になって人材育成をしたりすることでしょう。
 話は飛躍しますが、よく「文系」、「理系」というカテゴリー分けをする方がおられます。そうしたアイデンティティーを醸成するような、高等教育におけるプログラムには欠陥があると思います。「文系」の方も「理系」の方も技術などの見えない資産を利益に変えるセンスを磨くべきです。利益に貢献できなければ、イノベーションは起こせません。リスクに向き会うということについての教育も、もっと若年のうちから取り組むべきだと思います。
 . 
 金沢工業大の杉光先生は、マーケティングへの知財の貢献を述べられました。賛同致します。
 意外なことかも知れませんが、大手企業といえどもマーケティング担当者で知財にも明るい人材は少なく、マーケティングのスキルやセンスを持った知財人材も少ないことが多いと思います。大企業ではスタッフは専門分野ごとに分業することが多いため、なおさらかも知れません。
 アプローチとしては、知財人材に、マーケティング教育を施すことが効率的だと思います。マーケティング戦略はどの企業にも重要な戦略ですので、知財人材といえどもマーケティングスキルを身につけるべきだと思います。
 よく、知財人材にはあれもこれも要求されて、理想と現実のギャップが埋まらないという話も聞きます。
 知財人材の世界でも、グローバル化が進むでしょう。海外の優秀な知財人材に勝てない日本の人材は淘汰されていくことになるかも知れません。必死に対応していくしかないと思います。
 .  
 . 
★関連ブログ
  知的財産支援 http://blogs.yahoo.co.jp/chizaishindanshi
 産学連携活動支援 http://blogs.yahoo.co.jp/sangakurenkeishindanshi
 知財経営研究社 http://blogs.yahoo.co.jp/chizaikeiei
 
 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム