FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

トヨタの燃料自動車特許の開放


 トヨタ自動車が燃料電池車に関する特許を開放すると発表しました。
 
 この大英断の裏側には、トヨタの危機感も感じ取れます。

 この戦略は最近よく言われる「オープン&クローズ戦略」の1つの例と捉えることができるでしょう。特許をオープンにしても、生産方法や管理のノウハウ(ここはクローズの要素)は他社が容易にマネできるものではありません。開放する特許の開放期間を設けることで、開放期間後の特許は再びクローズされることで、しっかりとクローズの部分も設けているということです。
 
 しかし、これで燃料電池車の市場は開けていくのでしょうか?
 
 燃料電池車の将来を脅かす「代替手段」の筆頭が電気自動車です。

 一般的には電気自動車は短距離移動用、燃料電池車は長距離移動用と考えられているようです。

 しかし、私はそうは思いません。燃料電池車は当然ながら短距離移動もできます。電気自動車を普及させたい陣営は、電池容量アップや走行時の効率化、非接触充電式で充電しながら走行する技術やインフラの普及で長距離移動の問題の解決を図るでしょう。両者は移動距離に関わらず、競合するのです。

 コスト面では、電気自動車に大きな優位性があります。電気自動車のパーツはモジュール化され、パソコンなどと同様に誰でも組み立てることができるものになっていくでしょう。現在高額な電池の価格も下がっていくことでしょう。次世代バッテリ技術としてもいくつか有望視されるものが出てきています。

 さらに、地球温暖化対策面でも、グローバル市場では電気自動車に分があるように思います。燃料電池車はCO2を出さないと言われていますが、水素の原料はLPGやLNGです。一方の電気自動車は、原発の夜間余剰電力で充電するとこで、脱石油化に貢献することができます。
 
 燃料電池車の普及に向けて期待したいのが、「水素社会化」の加速です。例えば、家庭で燃料電池車の水素充填ができれば、利便性の面では電気自動車に遜色なくなります。

 そのアプローチには3つあります。①ガス会社がLPGやLNGを家庭に供給しているインフラを水素の供給に代替していく、②太陽光発電などの電気で水を分解して水素を得る。③家庭用燃料電池の改質機能でLPGやLNGから水素を作り出す、というものです。ガソリンスタンドの代わりに水素ステーションを作ることは初期段階では必要かも知れませんが、電気自動車との競争に勝とうとするならば、そうした革新的な取り組みが必要でしょう。

 電気自動車を普及させるためのインフラ整備と比較して、水素社会のインフラ整備には莫大な費用がかかるでしょう。

 燃料電池車が普及しても、電気自動車がコスト面で巻き返す可能性があると思います。買い物用に2台目の自家用車としての需要もあるでしょう。しかし、電気自動車が先に広く普及した場合に燃料電池車が巻き返すのは容易ではないでしょう。燃料電池車は、電気自動車がコスト優位性を確立する前に普及させなくてはなりません。

 トヨタの大英断には拍手を送りたいのですが、燃料電池車を普及させようという動きは、やや鈍いように感じます。グローバル市場ではまだまだ電気自動車に分があるように思えてなりません。
 
  
 
 
 
 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム