FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田食品株式会社の「RA-WOMEN」

 
 先日、埼玉県幸手市の前田食品株式会社入江社長様様に、同社の新商品「RA-WOMEN(ラウーメン)」の商品開発の経緯等についてお話を伺わせて頂きました。
 
 「RA-WOMEN」はインスタントラーメンです。
 インスタントラーメンといえば健康によくないイメージがありますが、この「RA-WOMEN」は、そうしたインスタントラーメンの常識を覆し、安心・安全で健康によいものをというコンセプトで開発されたものです。
 原料は国産品を使用しています。化学調味料・添加物は不使用です。麺はノンフライです。βグルカンという水溶性植物繊維が豊富な大麦も使用しているのが特徴の1つです。
 
 外観は箱入りです。スリムなネコのイラストが目印です。

141127a.jpg

 中身はこんな感じです。

141127b.jpg


 麺はやや黒みがかっています。これは、「全粒粉」といって、小麦を丸ごと使った粉を多く使用しているためです。お米に例えれば玄米を粉にしたようなものだということです。小麦の栄養素が丸ごととれるのです。
 インスタントラーメンですから、煮汁も食することができるわけです。おそばに例えれば、そば湯も食することができるということです。
 「全粒粉」をたっぷりと使用した麺の開発にはご苦労があったということです。
 なお、残留農薬が少ない小麦を扱うからこそ、「全粒粉」を食べて頂きたいという思いがあるそうです。
 
 ちなみに埼玉県産の小麦は残留農薬が少ないのだそうです。前田食品株式会社様では、埼玉産小麦ネットワーク「SWING group」を立上げ、運営されておられます。
 
 トッピングの子袋には小麦パフ、枝豆、コーンなどです。全て国産品です。

 今回は、「クリームシチュースープ」味を食しました。ほかには「豆乳カレースープ」味があります。

 なぜ、「しょう油味」といった定番のラーメンスープにしなかったかといいますと、「小麦の風味を際立たせるため」ということでした。

 確かに、「小麦」にこだわった感が伝わってきます。

 できました。カニカマと春菊、ブロッコリーをトッピングしました。

141127c.jpg


 味ですが、「やさしい味」という印象です。化学調味料を使っていないからかも知れません。確かに、麺につきましては小麦の風味をしっかりと味わうことができます。
 
 スープは、麺の味を引き立てるだけでなく、野菜にもよくあいます。野菜がとても美味しくなります。

 スープも全て飲みほし、完食しました。美味しく頂きました。
 
 伺わせて頂きました「RA-WOMEN(ラウーメン)」のお話は、私の今後の「商品開発戦略セミナー」等で事例研究例としてご紹介させて頂く予定です。
 
 マーケティング戦略、知財戦略などの要素も盛りだくさんの事例です。多くの事業者様のご参考になる事例だと思います。
 
 なお、この商品は、ネットから注文可能です。


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  

 
スポンサーサイト

特許・情報フェア&コンファレンス2014

 11月5日~7日は、特許情報フェアが開催されています。
 
 私はバンゼン合同会社様の出展のお手伝いをしております。過去には、同社が主催のセミナーの講師を2回務めさせて頂いております。
 このように私は最近になって、同社のマーケティング活動、とりわけプロモーション活動のお手伝いをさせて頂く機会があったのですが、この度、同社の「シニアコンサルタント」という肩書きを頂戴しまして、同社のお客様に対する支援サービスも提供する立場となりました。同社は、私にとりましてはお客様であり、同時にWin-Winの関係が構築できるビジネスパートナーという位置付けです。相互に信頼関係が構築できましたため、そうした形式をとることになりました。
 
 「シニアコンサルタント」が何をするのか、につきましては見通せないところが多いのが率直なところです。私が同社から期待されていることの1つは、中小企業向けの公的な支援施策を活用するお手伝いです。より具体的には、中小企業の方が知財活動に積極的に取り組むための補助金・助成金(ものづくり補助金など)を獲得するお手伝いです。知財支援施策は、特許事務所の方でもご存じないケースが多く、そうした支援施策も活用しながら、中小企業の方や、特許事務所の方の事業を支援することです。すでに以前、特許事務所様向けに、補助金活用セミナーも行わせて頂きました。特許事務所様のクライアント事業者様に、公的支援施策の活用をアドバイスすることで特許事務所様の事業拡大を図るための方策を提言しました。手前味噌ですが、これはとても好評でした。
 
 さて、昨日(11月5日)は、特許情報フェアにおける、バンゼン合同会社様の企業プレゼンテーションを行いました。アメリカ弁理士のジャッジさん、ヨーロッパ&ドイツ弁理士のシュレーダーさん、そして我が国の弁理士である藤岡先生の3名によるトークセッション形式のプレゼンテーションのプロデュースと当日の司会役を務めさせて頂きました。
 
 バンゼン様がこの「企業プレゼンテーション」に参加申込みをされたのが、締切り期日ギリギリだったこともあり、確保できた日時の枠が、最後まで「売れ残っていた」、最も不人気ともいえる枠で取り組むことになりました。このため集客には大いに不安がありましたが、そうした不利な条件を克服してお陰様で会場は定員を若干超える満席となりました。
 
 テーマは、「外国人弁理士からみた日本の外国出願用英文明細書の課題とは?」 ということにしました。
 テーマ設定、全体構成とシナリオを私から提案し、具体的な内容はそれぞれのスピーカーの皆様にご検討頂きました。
 スカイプを使って、事前リハーサルを何度か行って当日に臨みました。

 当日の満席は予想しておりませんでしたので、スライドは後の席の方には見えにくいものとなってしまったと思います。
 より詳しい内容は、来る11月27日の第3回バンゼンセミナーでもお伝えする予定です。
 
 バンゼン合同会社様では、これまであるようで意外となかった、外国特許出願のサービスメニューを用意され、体制も整えておられます。このことが認知され始めれば、多くの事業者様や特許事務所様において、より質の高い外国特許出願ができるようになると考えています。
 
 ご縁を頂きました方々とは、バンゼン合同会社様との良いパートナーシップの構築ができるように私ができる支援をして参りたいと考えています。
 
141106.jpg

 なお、バンゼン様のブースには、私の「知的財産管理技能検定1級合格マニュアル」を置かせて頂いています。集客効果を高めるための手段でしたが、これをしなくても十分に集客できている状況になっています。
  

 

「和むぎや ろくじゅう」 さんに行ってきました。

 
 先月に、埼玉県幸手市の前田食品株式会社の入江社長様のご講演を拝聴する機会がありました。そして、より詳しくお話を伺うために同社を訪問させて頂きました。 
 
 さて、11月3日に、私の両親を連れて、その 前田食品株式会社様が経営されているパン屋さん、和むぎや ろくじゅう 様に行ってきました。
 国産小麦と天然酵母にこだわった食パン専門店ですが、「カフェ・ベーカリー」というスタイルのお店です。
 
 今年の6月にオープンしたばかりのお店ですが、すでに「休日のパン屋さん」という本にも紹介されています。
 
 さいたま市見沼区の大宮八幡中学校の近くにあります。駐車場が広く、車での来店に便利です。
 
 古民家風の民家を利用した、落ち着きのある店構えです。

 お店に入ると、オーダーしてからテーブルに案内されます。ランチA、ランチB、フレンチトーストをオーダーしました。

 パンの工房の様子を見ることができます。
 また、キッチンもよく見えるように設計されており、調理の様子も見て楽しめます。

    141103a.jpg

 
  
 オーダーしたランチがやってきました。

    141103c.jpg

 
 食パンの、良質な国産小麦の風味を堪能しました。全粒粉を使用したパンもあります。小麦の栄養素を丸ごと採ることができます。
 前田食品株式会社様 の製粉技術により、全粒粉といってもパサつき感のない食感が実現できています。
 歯の弱くなった私の両親には、「角食和むぎや」を勧めました。耳まで軟らかく、食感はモチモチで風味も豊かです。
 
 ランチをすっかり平らげて、その「角食和むぎや」を買って帰ろうとしたのですが、先ほどまで2斤並んでいたのに、いつのまにか完売していました。

    141103b.jpg

 
 「ハードトースト」 を買って帰りました。ちょっと厚めにスライスして頂きました。
 この 「ハードトースト」 は、耳の部分に噛みごたえがあり、その分、香ばしい風味をしっかりと味わうことができます。
 北海道産の小麦と塩、そして天然酵母だけで作ったパンだということです。
 
 さすがに、「粉屋の作ったパン屋さん」 です。 
 
  
 
 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。