FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業交流展2014 のコンシェルジュ

 今年も産業交流展の開催時期が迫ってきました。会期は2014年11月19日(水)から21日(金)の3日間です。
 この産業交流展は、多くの中小企業の方にとりましてはビジネスパートナーを探す上で、有益な展示会だと思います。ただし、業種やテーマを絞ったものではないため、客層は相当に広いです。このため、来場者が多い中で有望顧客との接点を増やすためにはそれなりの工夫が必要でしょう。

 さて昨年に引き続き、産学連携学会では 「 コンシェルジュ 」 のお手伝いをすることになりました。(私は産学連携学会にて、委員を務めております。)

 私も昨年に続き、3日間の会期中の全日に、コンシェルジュ デスク 対応を致します。

 産業交流展2014のコンシェルジュデスクでは、来場者もしくは出展者の方の相談に応じて、産業交流展の出展者とのビジネスマッチングを図るのが主な役割です。
 昨年の例では、来場者の方からの相談を受け、電子機器メーカ、金属加工業、樹脂成型等の出展者様を紹介させて頂きました。3Dプリンターを目当てに来場された方が多かったのが昨年の産業交流展の特徴でした。また、出展者様どうしのマッチングもさせて頂きました。

 コンシェルジュにご相談に来られる方は、何らかの課題を持っておられ、その解決策を求めてこの産業交流展にご来場されている方だと思います。このため、コンシェルジュを通じたマッチングは、出展者様におかれましては商談に発展させるための大きなチャンスになると思います。昨年の例では、製造委託事業者を中国の企業から日本国内の企業に切り換える意図を持って、新規発注先を探しに来られた方もおられました。

 基本的には出展者の方が予め登録して頂いた、産業交流展のデータベース(出展者情報)を検索してご紹介します。専用のPC端末がコンシェルジュデスクに設置されています。もちろん、中には私がすでに存じております企業様もおられますので、記憶を頼りにマッチングさせて頂くこともあります。

 産業交流展のデータベースに予め登録された情報には限りがありますので、昨年は展示会の前日に設営中のブースを回り、足と目で展示情報を確認しました。しかしながら、産業交流展は中小企業のビジネスショーとしては最大規模のものですので、とても回りきることはできません。このため、出展者の方には産業交流展のデータベースにしっかりと自社の情報を盛り込んで頂きたいのですが、すでにデータベースへの入稿は締め切られていると思います。

 そこで、出展者の方には、コンシェルジュデスクにお越し頂き、自社のPRを私にお聞かせ頂くことも歓迎致します。相談者がおられる場合には、相談者の方への対応を優先させて頂きますが、PRに来て頂く方のお話もしっかりと伺わせて頂くつもりです。

 写真は、昨年のコンシェルジュ デスクです。今年は、昨年の改善点を踏まえ、少し違うレイアウトになる予定です。

      140125.jpg


 なお、11月は私にとりまして、展示会月間です。
 11月5日~7日は、私がパートナーコンサルタントを務めますバンゼン合同会社様の、「特許・情報フェア」の出展のお手伝いをします。
 11月6日は、私が会員となっている城西コンサルタントグループが、西武信金様主催のビジネスフェア from TAMAに出展します。
 11月7日~9日は、さいたまスーパーアリーナでコラボさいたまが開催されます。私が審査のお手伝いをしました、「さいたま市ニュービジネス大賞2014」の表彰式が9日に予定されており、私はこれに出席させて頂く予定です。
 そして、2014年11月19日~21日が、「産業交流展」です。
 
 
★私が参加する予定のイベント
①11月8日 「こうとう創業支援塾」
  主催:江東区、MONO *第2回目の講座では私が講師を担当します。
②11月14日 「産学連携学会 秋季シンポジウム」
  主催:産学連携学会 
③11月19日 「経営戦略入門セミナー」 
  主催:中小企業の経営戦略塾新宿支部 (城西コンサルタントグループ) 
④12月15日 「商品開発戦略&知財戦略セミナー」 
  主催:城西コンサルタントグループ  *私が講師を担当します。
⑤12月15日 「病院に対するセールスアプローチ セミナー」 
  主催:城西コンサルタントグループ

  筆者プロフィール(JCG会員として)
 
 


 
スポンサーサイト

バンゼン合同会社様の「シニアコンサルタント」となりました。

 私はこの度、バンゼン合同会社様 の「シニアコンサルタント」を務めさせて頂くことになりました。

 バンゼン合同会社様 が設立された昨年からのお付き合いがあり、すでに2回のセミナー講師も務めさせて頂いております。

 1回目は、知的財産管理技能検定1級に合格するための学習方法 と題して、主に企業の知財部門の方を対象に行いました。
 私は知財経営研究社として「知的財産管理技能検定1級合格マニュアル」の制作・販売を行っており、これまでに多くの1級合格者の輩出に貢献していると自負しております。この経験を活かして当セミナーの講師を務めさせて頂きました。
 セミナー終了後の懇親会には予想以上の方々にご参加頂きました。

 2回目は、知的財産活動の補助金・助成金・支援施策の活用法 と題して、主に中小企業を顧客としている・しようとしている特許事務所様を対象に行いました。
 ものづくり補助金など、開発支援系の補助金の多くは、知財活動を補助対象としています。事業者様が特許事務所様に支払う手数料等が補助対象になります。そうした補助金とその活用方法を、特許事務所様から事業者様にご紹介・お勧め頂くことで、事業者様にとっても、特許事務所様にとっても有益なものとなるといったことをお伝えしました。

 なお、私は中小企業診断士ですが、弁理士様との協業も実際に行っております。国内特許出願をしたいという事業者様と弁理士様とをマッチングさせる機会もございます。 
 今回、バンゼン合同会社様 のシニアコンサルタントを務めさせて頂くことになったことを契機に、弁理士様との協業についても一層力を入れて行こうと考えております。 

 
★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
 

無料の経営診断サービスの仕組みがございます。

 無料の経営診断を行う仕組みがあります。
 いくつかの例をご紹介致します。しかしながら「無料」というメリットの反面、リスクもあるということだと思います。必ずしも事業者様のご要望にマッチするものではないかも知れません。
 このブログで紹介は致しますが、私自身は事業者様との実際の面談の機会なしに、これらをお勧めすることはしておりません。双方に一定の信頼関係が構築できていることが好ましいと考えているためです。

(1)公的な支援制度を利用する。
 例えば、「ミラサポ」が提供する専門家派遣の仕組みを活用することです。年に3回の利用が可能だとのことです。
 この仕組みに関する注意事項としましては、事業者様側と専門家側の相性の良し悪しによって成果も左右されるということがあると思います。双方の「お人柄」という要素も大きく影響すると思います。

(2)中小企業診断士の「実務従事」制度を利用する。
 (*本件につきましては、私(松平)と名刺交換をさせて頂きました事業者様向けに、補足資料 を用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。)
 経営支援の国家資格者である中小企業診断士がチームを編成して貴社の経営診断を行うものです。
 これが無料で可能な理由を説明します。
 中小企業診断士は、5年ごとに資格更新の手続きを行う必要があります。資格更新の要件として、1年に1回程度、実際の事業者様の経営診断を行うことが求められます。会社勤務をしている中小企業診断士にとりましてはこの要件を満たすことが難しい場合があります。そこで、中小企業診断士の協会が経営診断を行う機会を用意します。後述する指導員が案件を発掘し、協会経由で参加者を募集します。事業者様に金銭的なご負担はお掛けしませんが、参加者の中小企業診断士が所定の参加費を協会に支払い、協会から指導員に所定の謝金を支払うことになります。この制度を「実務従事」と呼んでいます。
 指導員となる中小企業診断士が原則1名と、一般参加者となる3~6名の中小企業診断士がチームを編成します。週末を中心に実質5~6日程度で行える範囲の経営診断となります。従いまして、期間は2ケ月程度になるケースが多いです。なお、経営診断といいましても、全般的な経営課題を扱うこともあれば、例えばマーケティング戦略に重点を置いたものとする場合もあります。テーマ設定の自由度は比較的高いといえます。
 指導員が可能な中小企業診断士は、所定の要件を満たし、協会に登録している者です。私は指導員登録されており、実際に行っております。1人の指導員が年間に行える件数は4回までという制約がありますので、ご要望を頂いてもお応えできないケースがあります(例えば私は2014年10月の時点で今年度は3件実施済みであり、2015年4月までに行える回数はあと1件ということになります)。
 事業者様側の要件としましては、常時雇用されている従業員数が4名以上の事業者様が対象になります。法人でなくても大丈夫です。
 私がこの実務従事の「指導員」を務める場合のおおよその進め方は下記のとおりです。
①私が事業者様と事前打ち合わせをさせて頂き、この実務従事をお勧めできるかどうかを確認致します。
 お勧めできそうだと判断できれば、経営診断で取り組むテーマを決めます。テーマによっては、3ケ年程度の決算書をお見せ頂くことをお願いする場合があります(決算書をお見せ頂かずに行うケースもございます)。いろいろと事業者様の内部情報を教えて頂くことになるため、事業者様と私との間で一定の信頼関係が構築できていることが好ましいと思います。
②上記①を踏まえ、「実務従事」を行うか確認いたします。おおよその日程も決めますが、参加者の募集手続を踏まえますと、2ケ月先くらいからスタートする、ということになると思います。
③私が中小企業診断士の協会に手続きをして、実務従事に参加するメンバ(主に会社勤務をしている中小企業診断士)の募集をかけます。
④参加者が原則3名以上集まれば実施することになります。
⑤事業者様に、参加者一同がヒアリングをさせて頂きます。午後の2~3時間程度が目安です。必要に応じて、事前に質問事項をお伝えすることもあります。可能であれば、店舗や生産現場等を視察させて頂きます。ヒアリングに先立ち、私および参加者の秘密保持誓約書を提出させて頂きます。
⑥参加する中小企業診断士がテーマを踏まえて、経営課題を抽出し、解決策の提言をまとめて報告書を作成します。
⑦事業者様に対して2~3時間程度の報告会を行い、経営診断を実施したことを証明する書面に社事業者様の社印を頂いて終了となります。

 参加者は原則として申し込み先着順で決まり、指導員が選別するものではありません。私がこれまでに指導員を務めましたケースでは概ね、事業者様、参加する中小企業診断士ともに満足度が高いものとなっておりますが、そのときの参加者の顔ぶれに依存する要素も高く、そこはリスク要因ともなっています。
 報告会が終了した後、それを踏まえて経営の方向性に修正をかけられる事業者様もおられますが、何も変化がないという場合もございます。もちろんそれは、各事業者様のご判断ということになります。

(3)中小企業の経営支援を行う者の研修のための実習先になって頂く
 上記の(2)にも共通することが多いですが、このケースでは、予め研修のテーマや期待される成果が決まっていますので、事業者様の個別のニーズにお応えする自由度は低くなるかも知れません。また、研修に参加される方のスキルのバラツキも大きくなりますので、事業者様のご期待に沿える可能性は上記(2)に対して低くなるかもしれません。
 私が過去に行った研修では、①研修生に対して事前に座学研修を行っておく、②事業者様に2~3時間程度のヒアリングをさせて頂く(場合によっては2回)、③研修生が経営課題を整理し、それに対する提言をまとめる、④何らかの報告書を作成した上で事業者様に対して説明を行う、⑤事業者様にご講評を頂く、というものです。
 この制度は、(2)の場合よりも一層、事業者様と私との間で一定の信頼関係が構築できていることが好ましいと思います。

 冒頭に述べましたとおり、私は、私が対応するというケースに関しましては事業者様との面会なしには、この無料の経営診断の仕組みをお勧めすることはしておりません。 
 面談の結果、お勧めできると判断できた場合には、初回の面談であってもお伝えすることはございますが、信頼に足りる紹介者がいる場合を除き、通常は双方に一定の信頼関係が構築できた後に行うことをお勧めしております。 
 
  筆者プロフィール(JCG会員として)
 

月刊誌「プラスチックス」に記事を投稿させて頂きました。

 
 日本工業出版株式会社の月刊誌「プラスチックス」の10月号に私が執筆した記事を掲載して頂きました。仲間の中小企業診断士と連載している「グローバル競争に勝ち抜くモノづくり経営」の第5回目の記事として、「グローバル競争に勝ち残るための人材育成」と題して執筆させて頂きました。

         141017.jpg

 グローバルに活躍している企業の特徴は、「グローバル」ということに自然体で向き合っていると感じます。それに至るまでは、経営者のリーダーシップが求められることになるでしょう。
 スガ試験機株式会社様、株式会社ソディック様、昭和精工株式会社の3社にはインタビュー取材をさせて頂き、本当にありがとうございました。
 
 

ビジネスセミナー&研修講師の実績紹介

 私の最近のセミナーや研修講師実績(一部)の概略です。

 セミナーや研修等のご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。特許事務所様等とのコラボレーションも可能です(コラボレーションの実績もございます)。

■知財関連セミナー/研修 (実績)
①「下町ロケット」で学ぶ小さなモノづくり企業の知財戦略
 登場するシーンを解説しながら、知財戦略が中小企業の経営に与えるインパクト等を分かりやすく説明。「半沢直樹」のあの名ゼリフも登場し、「面白さ」という要素をふんだんに盛り込んでいます。
②ビジネス著作権入門
 クイズ形式を採り入れながら、ビジネス著作権を分かりやすく解説。「ひこにゃん事件」も紹介しながら、契約上の留意点も解説。
③営業秘密管理入門
 後を絶たない営業秘密漏洩事件を取り上げながら、会社(経営者)の立場と従業員の立場それぞれで注意すべきことを解説。
④創業者向け契約と知的財産の基礎講座
 創業者には「交渉力」や「信用力」が欠ける中、どのように取引先と折衝したらいいか、契約と知財を組み合わせた対処方法を紹介。
⑤知的財産管理技能検定1級試験対策セミナー
 対策しにくく難関試験と言われる「知財検定1級」試験に合格する方法を受験生視点で解説。4年前から「知的財産管理技能検定1級合格マニュアル」の提供を通じてこれまでに多くの合格者を輩出している知財経営研究社ならではのセミナーです。
⑥特許事務所向け補助金活用セミナー
 補助金は取引先の知財活動を積極的に支援するための手段です。特許事務所様のマーケティング戦略と絡めつつ補助金活用方法を解説。
⑦中小企業の知財戦略支援
 平成26年度の中小企業診断士の理論政策更新研修(参加者数約160名×2回実施済み。あと2回実施予定)。中小企業を支援する立場の者が、それぞれの知財に関する知見レベルに応じてどのような貢献ができるかを解説。
⑧中小企業の知財戦略支援
 全国中小企業団体中央会のものづくり補助金担当者連絡会議(参加者数約270名)。ものづくり補助金の担当者として押さえておくべき知財の留意点等を解説。
⑨中小企業のための知財戦略と商品開発戦略
 知財戦略とマーケティング戦略がどう関連するのかについて分かりやすく解説。発明やネーミングも考慮しつつ、マーケティング戦略の定石に照らして商品企画を考えて頂くものです。
⑩「外国人弁理士からみた日本の外国出願用英文明細書の課題とは」
 「特許・情報フェア2014」のバンゼン合同会社(http://www.vanzen.jp/)様の企業プレゼンテーションで、私がモデレータを務めさせて頂きました。
⑪「中小企業診断士ができる知財戦略支援」
 テーマのとおり、中小企業診断士向けの内容です。のべ約650名の中小企業診断士の方にお伝えしました。
⑫「マーケティングと知財戦略(中小企業向け)」
 
■経営戦略関連セミナー/研修 (実績)
①モノづくり企業が増収増益体質になるための知的資産経営戦略
②経営戦略入門セミナー
③経営戦略策定研修
④H25年度 認定支援機関向け高度実践型支援人材育成研修
⑤H25年度 認定支援機関向けトップライン(売上高)向上研修
⑥H26年度 認定支援機関向け高度実践型支援人材育成研修
⑦創業者向けビジネスプラン作成研修
⑧創業補助金獲得研修
⑨ものづくり補助金獲得研修
⑩(独立予定の)中小企業診断士向け 「自分経営戦略のススメ ~偶然をチャンスに変える方法~」

*上記②と③は(社)城西コンサルタントグループが運営する「中小企業の経営戦略塾新宿支部」の立場で行っているものです。
*上記④~⑥は(社)城西コンサルタントグループの会員の立場で行っているものです。


 ★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  

知財経営研究社 代表 プロフィール

 私 (知財経営研究社 代表) のプロフィールをご紹介致します。

  写真スーツ2


■職歴
(1)1989年~2000年 
 富士電機(株)の事業部門。マーケティング業務に従事。

 慶應義塾大学理工学部計測工学科を卒業後、富士電機(株)に入社後、主にプラント用の計測・制御システムの商品企画、マーケティング業務に従事しました。
 具体的な業務としましては、商品企画、研究開発企画・管理、販売促進(カタログ作成・WeサイトやWeb広告の企画・展示会出展・個別顧客訪問等)、他社との共同開発や業務提携、新規市場開拓、国際標準化推進活動などを担当しました。最後の「国際標準化推進活動」は、体験した者でなければ分からない世界の1つだと思います。
 
(2)2000年~2005年 
 同社の工場部門。「知的資産経営」に取り組む。

 私は事業部門から工場部門に異動することになりました。
 工場部門が物量(工場生産高)の減少に歯止めをかけるべく、「自主的な営業活動」を行うことになり、当時の工場長に「是非手伝って欲しい」とお声掛け頂いたのです。
 早速私は、事業戦略と事業計画作成に取り掛かりました。そして実行する環境を整えるべく、社内調整を行いました。
 しかし、「事業部門の邪魔をしてくれるな」という慎重な意見が多く、結局、①原則として既存の製品は売らない、②事業部門の既存の取引先には営業活動をしない、という条件が課されることになりました。つまり、「売り物もなければお客もいない」、という厳しい状況からスタートすることになりました。
 当時の事業戦略と事業計画を作成するプロセスでは、最近でいうところの「知的資産経営」の手法を取りました。「売り物もなければお客もいない」という、「ないないづくし」の状況から、「知的資産経営」の手法を用いてどのように工場部門独自の事業を立ち上げていったのかにつきましては、ときどきセミナー等を通じてお伝えしています。
 また、当時、いくつかの大学との共同研究に取り組んだり、地域(八王子近辺)の異業種交流会等によく参加しました。そうした活動を通じて多くの尊敬すべき中小企業の経営者の方、大学の気鋭の先生方とお会いする機会を得ました。そうした経験が、私が中小企業診断士を取得して独立しようと考える意思を醸成していきました。また、現在積極的に取り組んでおります、「産学官連携」の活動支援に取り組むことの機会と実務経験を与えてくれました。

(3)2005年~2008年 
 同社の半導体グループ会社。研究開発と知財戦略業務に従事。

 工場部門での「自主的な営業活動」の立上げが一段落すると、富士電機の半導体グループ会社の新製品・新事業開発プロジェクトに呼ばれることになりました。社長直轄の大きなプロジェクトでした。
 半導体業界と言えば、知財戦争のまさに主戦場の1つです。開発プロジェクトでは、私は知財戦略も担当することになりました。米国特許で注意すべきものがいくつかあり、それらは開発の大きな妨げとなりました。それだけが原因ではありませんが、開発プロジェクトは途中で解散されることになりました。その頃、私は中小企業診断士資格を取得していましたので、それを機に独立も考えましたが、知財管理部門に異動できることになり、そこで知財管理の実務経験を積ませて頂きました。
 知財経営を語るとき、よく「三位一体戦略」という言葉が出てきます。①事業戦略、②研究開発戦略、③知財戦略の3つを有機的に捉えて最適化を図る必要があるということです。お陰様で、私は事業部門、研究開発部門、知財管理部門の3つの立場全てを経験させて頂きました。

(4)2009年~ 
 中小企業診断士として独立。「知財経営研究社」を開業。

 2008年のリーマンショックの際に早期退職者募集があり、それを機に退社して独立することにしました。
 2009年3月に国家検定「知的財産管理技能検定1級 特許専門業務」の学科試験を受験して合格しました。当時はこの試験の試験対策教材は極めて乏しく、過去問情報もありませんでした。そこで私自身が欲しいと思える教材を企画して商品化することを思い立ちました。よい試験対策教材を提供できれば、受験者の方に喜ばれるに違いないと考えました。また、この「知的財産管理技能検定」自体、知財スキルを経営に活かせる人材を育成する意味で産業界にとって有用だという思いもありました。
 全く知名度も信用力もない「知財経営研究社」の試験教材商品が果たして売れるものか不安もありました。しかし長年の業務で習得したマーケティングや事業戦略のスキルには自信がありました。
 お陰様で販売を開始した2010年の6月から、「知的財産管理技能検定1級」の試験対策教材の事業は順調に推移しており、業界の一定のカテゴリーにおいては、「オンリーワン商品」または「ナンバーワン商品」という地位を獲得できている状況です。
 独立開業当時から経営コンサルタントとしての業務にも取り組んでいます。もう少し具体的には、資金調達や補助金獲得のための事業計画書の作成支援、人材育成の支援、売上や利益を増やすための戦略立案と実行のための支援等です。
 いくつかの条件をクリアできれば、無料で経営診断を行わせて頂く仕組みもあります(要ご相談です)。
 セミナーや研修の仕事も行っていますし、創業支援にも力を入れています。

■最近の主な経営支援の実績
・店舗の運営改善の助言(生花店、和菓子店、洋菓子店等)
・経営課題に対する助言(農業生産法人、機械卸売、食品加工、食品卸売、電子機器製造、医薬品製造等)
・知的資産経営の助言(物流、教育サービス、電子機器製造)
・創業支援(食品加工販売、ITベンチャー、技術ベンチャー)
・資金調達や補助金申請(技術ベンチャー、コンテンツビジネス、ITベンチャー、医薬品製造等)
・セミナー/研修講師実績多数
「無料の経営診断」が可能な場合がございます。

■保有資格
・中小企業診断士(国家資格)
・一級知的財産管理技能士(特許専門業務) (国家資格)
・一級知的財産管理技能士(コンテンツ専門業務) (国家資格)
・ビジネス実務法務検定2級
・中小企業の経営戦略塾認定1級インストラクター(民間資格)

■所属や登録
・(社)東京都中小企業診断士協会(城西支部) :一般会員
・(社)城西コンサルタントグループ 事業部副部長
・(社)日本知財学会 :個人会員
・NPO法人産学連携学会 :事業委員会委員
・(株)キャンパスクリエイト 登録フェロー
バンゼン合同会社 パートナーコンサルタント
・(公財)さいたま市産業創造財団 登録専門家
・(社)コラボ産学官(埼玉支部) :経産省公募事業関連「大学発シーズ発掘事業コンソーシアム」参画専門家
・医学系大学産学連携協議会(medU-net) :個人会員
・(社)日本医工ものづくりコモンズ :個人会員
・経済産業省「知財人材データベース」 登録専門家

セミナー/研修講師実績 多数あり。


 
 
 

 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。