FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

大学発シーズ発掘事業

 一般社団法人コラボ産学官様が申請され、採択された経済産業省の「大学発シーズ発掘事業」のコンソーシアムに、私も専門家として参加させて頂くことになりました。
 9月22日にキックオフミーティングが行われました。これから本格的な活動が開始されます。

 この事業は、要するに大学のシーズと中小企業のニーズをマッチングさせて事業化を支援することです。これだけであれば何の新規性もないようにも見えます。
 この事業の特徴的なことは、コンソーシアムに信用金庫様などの金融機関を巻き込んでいることです。
 大学と信金は地域経済への貢献が求められていますが、そのための活動のきっかけと場を国に提供して頂いたということです。中小企業を紹介する役割を信金様が担えば、その後に何らかの事業化プロジェクトが発足した場合に自律的に機能しやすいだろうという考えです。
 
 私はこれまで、「金の切れ目が縁の切れ目(=公的な資金の枯渇時が研究活動の解散時)」というプロジェクトも見て参りました。
 本コンソーシアムにおける私の役割はこうした公募事業をきっかけに、できるだけ早く民間資金で自律的に活動が維持・発展するように支援することだと考えております。

 経産省の方も、「絵に描いた餅」ではなく、小さくてもいいから本物の餅を食べさせて下さい」、「皆さまの力を見せつけて下さい」と激励の言葉を頂きました。
 
 私はこれまでも中小企業と大学とのマッチングを行い、経営や知財、商品開発や資金調達に関する助言を行ってきましたので、本コンソーシアムの活動に対して大いに貢献できると自負しております。
 また、大学と企業をつなぐだけでなく、各種の専門家の方どうしを結びつけて支援チームが最善の成果を上げて行くためのコーディネート、ファシリテーターとしての役割も果たして参りたいと考えております。 
 

 
スポンサーサイト



第2回TechPlanグランプリ

 株式会社リバネス様が主催の「第2回TechPlanグランプリ」を見てきました。
 
 事業計画書作成等のお手伝いをしているAKT技術研究所の阿久津様がこのTechPlanグランプリの最終選考会に残りましたので応援に行って参りました。
 
 なんと特別賞の「ユーグレナ賞」を受賞されました!

     140921a.jpg


 規定の5分間のプレゼン内容は分かりやすく、なおかつ楽しい内容でした。また、質疑の受け答えも堂々としていました。科学技術教育や基礎研究に対する情熱も伝わってくるものでした。
 
 しかし正直なところ、私は阿久津様は不利かもしれないと思っていました。AKT技術研究所の技術分野は特殊なため、投票資格のある一般参加者の理解を得るのは難しいと思いました。スポンサー企業にとっても、もっと分かりやすい事業を応援した方がIR活動としては行いやすいでしょう。しかし、
 そうした逆境をはねのけての受賞、うれしく思いました。また、「TechPlan」の構想を練られたリバネス様には敬意を表したい思いです。 
 
 当初、告知されていなかった「特別賞」のサプライズ演出は、リバネス様の粋な計らいです。
 受賞式の際にユーグレナの審査員の方のコメントが印象的でした。「恐らく、TechPlanグランプリ以外では表彰対象にならなかったかも知れない」といった旨のものでした。そして、「ユーグレナの取り組みも、初めは誰からも理解されなかった」と。一般の方に理解されにくいビジネスにも理解と関心を示してチャンスを広げる。さすが、ユーグレナ様そしてリバネス様です。
  
 阿久津さんとは、私がMONOプロジェクト(mono(モノ)様を応援する中小企業診断士の有志のグループ)のメンバとしてセミナーを行った際にお越し頂いたことがご縁で創業のお手伝いをさせて頂くことになりました。
 先般の「創業補助金」も採択され、そして今回の「TechPlanグランプリ」の「ユーグレナ賞」。知る人ぞ知るベンチャー企業になって頂きたいと思います。
 資金を含む経営資源の獲得、研究開発戦略、知財戦略、そして産学官連携活動が重要テーマとなりますので、私としても応援のし甲斐があります。(本記事は、阿久津様のご理解を得た上で書かせて頂きました。)

    140921b.jpg


 

第10回「お茶の水コラボレーションセミナー」

  
 NPO法人産学連携学会が主催する「お茶の水コラボレーションセミナー」の記念すべき第10回目ということで、いつもよりも時間を拡大して盛大なものとして行いました。
 
 (株) BB STONE デザイン心理学研究所の代表取締役社長の日比野好恵様、(株)バイオシス・テクノロジーズの代表取締役の板東泰彦様、(株)アーマリン近大の取締役の宮下盛様の3名の方にご登壇頂きました。それぞれ、素晴らしいご講演を頂きました。
 
 私はこの「お茶の水コラボレーションセミナー」の企画委員を務めていますが、今回は聴講する者としてもとても楽しみにしていた回でした。期待に違わず、とても興味深いお話を伺えました。
 これだけのご登壇者をすぐに集めてしまうのですから、当学会の先生方の実力には感服するしかありません。
 
 写真はちょうど「近大マグロ」のお話の頃のものです。銀座の近大マグロが食べられるお店は夜はしばらく予約で一杯だそうですが、昼は早く行けば入れるそうです。ちなみにマグロ以外にも様々な高級魚が「完全養殖」されており、そうした魚が「近大卒」のものとして提供されます。
 
     140910a.jpg

 

月刊誌「プラスチックス」に記事を投稿しました

 
 日本工業出版株式会社の月刊誌「プラスチックス」の9月号に私が執筆した記事を掲載して頂きました。仲間の中小企業診断士と連載している「グローバル競争に勝ち抜くモノづくり経営」の第4回目の記事として、「海外事業展開のための知的財産の留意点」と題して執筆させて頂きました。
 リスク事項としては、知的財産権の法的な特性である「属地主義」などを紹介しています。
 経営コンサルタントとして、マーケティング戦略や事業戦略と絡めながら、費用対効果を意識した知的財産活動に取り組むためのヒントを提供しています。

    140910.jpg


 さらに、来月10月号では「グローバル競争に勝つための人材育成」と題して、いくつか取材させて頂いた企業様の事例も交えた内容のものが掲載される予定です。

 

日本弁理士会・中小企業診断協会協定締結記念フォーラム

 
 早いもので9月入りです。
 9月1日は、打合せ後、日本弁理士会・中小企業診断協会協定締結記念フォーラムに参加(聴講)しました。
 中小企業の経営支援が複雑化する中、弁理士と中小企業診断士が協力しあうことで中小企業に対してより質の高い経営支援や知財活動支援ができるだろうという想定のもと、両者が包括協定を結んだということです。
  
 中小企業の知財支援の第一人者として有名な鮫島正洋弁護士に基調講演を頂きました。ご講演内容はとても分かりやすいものでしたが、聴講されていた弁理士の方からされた「必須特許」に関する質問とその応答の内容は、ほとんどの中小企業診断士の方にはチンプンカンプンだったかも知れません・・・。「クレーム」とか「明細書」という基礎的な言葉も、多くの中小企業診断士には「専門用語」です。「クレーム」と聞けば、ほとんどの中小企業診断士は「苦情」を想起することでしょう。 
 
 全体の参加者の3分の2は弁理士の方々でしたでしょうか。懇親会では今後協力関係を構築できるかも知れない弁理士の方と知りあえる機会となりました。
 

| ホーム |


 ホーム