FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

創業補助金について


 本日、創業補助金の採択結果の発表がありました。

 私は創業補助金を含むいくつかの補助金セミナーを行っておりますが、私自身はいわゆる 「補助金屋」 ではありません。セミナーも含め、基本的には依頼があり、私なりの最善を尽くせるお約束ができる場合に申請支援のお引き受けするというスタンスで臨んでいます。 
 
 6月締切りの創業補助金では、私は2件の申請支援を行い、1件採択されたという結果でした。創業補助金に関しましてはこれで累計で4件支援して3件採択という状況です。しかし、これが良いのか悪いのか、何とも言えません。
 
 私は創業補助金やものづくり補助金の審査のお手伝いもしたことがありますが、審査は予め決められた審査項目に照らして行われます。審査項目は、極めて常識的なものとなっているのが通常です。

 審査は、客観的に行われるべきであろうと思います。しかしながら審査は人が行うものである以上、審査員の主観が入らないとも限りません。
 先日、とあるビジネスプランコンテストの評価委員を務めました。私を含め、4名の評価委員で評価をしました。各評価委員の審査結果が想像以上にバラつくものでしたので、大変驚きました。もちろん一致するものもありますが、評価の高低が真っ二つになるものや、高い~低いレベルまでバラつくものも多々ありました。
 
 創業補助金の審査は原則は書面審査のみで行われます。審査員に誰が割り当てられたかによって、結果は大きく異なるものになっているであろうと推察します。 
 
 従いまして、採択結果が必ずしもその事業の成功の高さや低さを示すものではありません。
 
 不採択だった方におかれましては、この程度のことで気を落とさずに、不屈の精神をもって高い目標に向かってチャレンジして頂ければと思います。

 なお、私は 事業には多様性が求められると思いますので、私自身は審査項目はもっと事業の多様性を拾い上げるようなものでもいいのではないかと思っています。特に創業補助金では強くそう思います。
 おおよそ、どの審査でも極めて常識的・定石的な項目で審査されることが多いと思います。
 
 
 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム