FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

”石井ゼミ”に参加させて頂きました。

 
 26日(土)は、株式会社日本医療企画様が主催の”石井ゼミ”(石井富美先生の病院経営のマネジメントに関する研修/マーケティング編)に参加させて頂きました。ゲスト講師を務められた佐々木康志先生のお誘いを受けての参加でした。
 とても勉強になりました。病院経営においてもマーケティングはとても重要であることが実感できました。そして、マーケティングの考え方のツールを、病院経営にどう適用していけばよいのか、概要がつかめました。
 
 佐々木先生とは、私たちのように中小企業の経営を支援する立場の者が医療にいかに関わり貢献するかの構想を練る飲み会(?)で何度かご一緒させて頂きましたが、私の不甲斐なさのため、私自身はまだこれといった具体的な行動を起こせていません。
 
 懇親会にも参加させて頂き、情報交換、意見交換をさせて頂きました。これを機に、何かの機会と出会えそうです。実は、目の前には機会だらけということをあらためて思い知りました。それをに気付き、つかむのかどうかは、本人次第ということですね。 
 
 
スポンサーサイト



「TECHNO-FRONTIER 2014」を見てきました。

 
 25日(金)は、MONO様で補助金セミナーを行う前に東京ビッグサイトで開催された「TECHNO-FRONTIER 2014」を見てきました。
 
 私が前職でお世話になりました、富士電機(株)。電気自動車用の充電器のデモを拝見しました。それにしても、大手電機メーカが「普通充電器」も扱うのですね・・。いわゆる「全方位戦略」でしょうか。 隣で展示していたニチコンさんは、普通充電器はやらない、といっていました。
 
      140725.jpg

 
 急速充電器の「チャデモ」方式の国際標準化戦略はまだまだ難しいという印象を受けました。①大きな市場に関わり、②技術的には日本勢に分があり、③オールジャパン的な体制で取り組む、という3拍子が揃った日本の国際標準化戦略は大抵うまく行きません。海外勢が日本勢の標準化を阻止しようと、国を越えて手を組むためです。
 
 非接触充電の実用化は近づいていると感じました。埼玉県が誇る優良企業の1つである株式会社ベルニクスさん、がんばっておられました。
  
 昨年同様、「エレクトレット環境発電アライアンス」が出展していました。中心メンバの東京大学の鈴木先生と、約10年ぶりにお会いしました。私が富士電機(株)におりました当時、MEMSの関連でお会いする機会がありましたが、私はすでにMEMSとはほぼ無縁の者となりました。鈴木先生はMEMSエレクトレット発電素子研究の第一人者としてご活躍です。モバイル端末の電源としていつの日か実用化されることを期待しています。
  

 

中小企業診断士向けの「知財戦略」研修講師を務めました。

 
 中小企業診断士の資格は5年毎に更新することになっております。一定のスキルを保つために、「経営理論・支援施策」に関する研修と、経営診断実務を行い、所定のポイントを取得することが更新要件です。
 
 16日(水)は、中小企業診断士向けに「経営理論・支援施策」に関する研修の講師を務めました。テーマは、「中小企業の知財戦略支援」でした。受講者は200名程度だったでしょうか。
 眠ってしまう方も少なく受講者の方の反応が良かったので我ながら、面白くタメになる話ができたと思っていました。研修終了後に多くの方に、名刺交換に来て頂けました。

 なお、この研修の休憩時間中に、受講者として参加されていた中小企業診断士の方にお声掛け頂きました。知的財産管理技能検定1級「合格マニュアル」 をご利用されているという方で、この7月のコンテンツ専門業務学科試験で合格見通しとなったということでした。知財セミナーを行いますと、ときどき、こうした嬉しい「出会い」があります。
 
 中小企業診断士の中にも、知財検定1級取得を目指す方が増えているように感じます。

 19日からは、中小企業診断士のための「実務従事」(の指導員)を行います。経営診断する企業におかれましては、無料で中小企業診断士による経営アドバイスを受けられる機会となります。

★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
 

知的財産管理技能検定試験の「正解」の発表がありました

 
 6日(日)に行われました知的財産管理技能検定試験の「正解」の発表がありました。
 
 自己採点された方から、コンテンツ専門業務の学科試験の合格見通しのご連絡を早速頂いております。
 
 正式発表の後で結構ですので、「合格マニュアル」のご利用者で、合格を果たされました方におかれましては、その旨のご連絡をお願い致します。それに合わせて①「合格マニュアル」のご感想と、②ご自身でのご利用方法、につきましてコメントをお寄せ下さい。それと引き換えという形で、「実技試験体験記(PDF)」 を進呈させて頂きます。 
 
 

知的財産管理技能検定の試験が行われました


 本日は、知的財産管理技能検定の試験日でした。
 1級につきましては、「コンテンツ専門業務」の学科試験と「ブランド専門業務」の実技試験が行われました。
 
 東京会場では、何とか天気には恵まれたようです。
 受験された皆様が努力されてきたことの成果を存分に発揮されましたことを願っております。
 
 次回試験は、11月30日(日)です。すでに申込の受付が始まっています。
 1級につきましては、「特許専門業務」の学科試験と「コンテンツ専門業務」の実技試験となります。

 2級から1級へステップアップを目指す方におかれましては、1級は2級よりもはるかに勉強量が必要になりますので、計画的に準備されますことをお勧め致します。 
 
 
 

(株)キャンパスクリエイト様の「フェロー」となりました

 
 7月1日は、調布にある株式会社キャンパスクリエイト様を訪問しました。
 
 同社の「フェロー職」として活動する旨の契約をさせて頂きました。

 キャンパスクリエイト様は電気通信大学のTLOですが、実情は単なるTLOの枠を超え、広く大学の有する技術や見識を企業の経営に役立てるコーディネーター、コンサルティングサービスを行っている会社です。また、全国規模で電気通信大学以外の大学とも協力関係があり、電通大の有さないシーズの提供もできます。 
 私の役割は、企業の課題を見つけ、それをキャンパスクリエイト様の知見やネットワークを活かしてその企業の課題解決のお手伝いをすることです。「フェロー」というと仰々しいですが、要するに「パートナーコンサルタント」といったイメージです。
 
 通常のTLOは、比較的大きな規模の企業をターゲット顧客にしているイメージがありましたが、キャンパスクリエイト様は中小企業支援にも力を入れておられるということで、今回の契約をさせて頂くことになりました。
 
 
 

創業補助金の申請が締切となりました

 創業補助金の申請締め切りが6月30日でした。
 今回も若干数、申請サポートをさせて頂きました。私がサポートする上での特徴は、知的財産戦略的な要素を盛り込むことです。知人等から私に紹介して頂く案件では、知財戦略の知見が求められる案件が多いです。

 創業補助金の補助額の上限は200万円です。創業期には何かとお金が必要ですので、200万円ではとても足りない、という方もおられることでしょう。
 しかし、200万円という現金を事業で稼ぐことは、容易ではありません。単純に計算しますと、営業利益率が5%の会社であれば、200万円の現金を稼ぐための売上は、4,000万円ということになります。
 補助金が採択されれば、その事業の計画は第三者から一定の評価がされたことになり、信用力を高める上でも役立つはずです。

 さて、今年も後半戦です。7月からはものづくり補助金の第2次公募が始まるということです。
 

| ホーム |


 ホーム