FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

「知財検定」のセミナーを行いました

 
 3月20日は、機械振興会館にてバンゼン合同会社様が主催するセミナーの講師を務めさせて頂きました。
 
 テーマは、「国家検定 知的財産管理技能検定1級に合格するための学習方法」 というもので、かなりマイナーなものでした。集客したいターゲットは極めて明快でした。
 
 私は、中小企業診断士(経営コンサルタント)としての活動を行う一方で、国家検定「知的財産管理技能検定1級」試験教材を制作・販売している事業者です。このため、ネットを通じて大勢の知的財産に関心のある方々をお客様としております。
 
 一方のバンゼン合同会社様は、外国特許出願サービスを事業とされておられます。今回、バンゼン合同会社様より知的財産に関心のある方々を集めたいとのご要請で、このテーマでセミナーを行わせて頂きました。

 懇親会を絡めると、このテーマでは参加者が集まりにくいとの私の予想は良い方向に裏切られ、懇親会とセットの参加費だったにもかかわらず多くの方にご参加頂きました。私が販売する教材のユーザーの方と直接面会する機会は多くないため、今回は私にとりましてもとても貴重な機会となりました。皆様、「知的財産管理技能検定1級」に挑戦される動機は様々でした。すでに私の教材を利用して、1級試験(特許専門業務)に合格されている方にもお越し頂きました。

        P10909792.jpg

 
 今後も、バンゼン合同会社様主催のセミナーを務めさせて頂くことになりそうです。 
 
 次回は4月18日に知的財産活動の補助金・助成金・支援施策の活用法というテーマで行うことが決まっております。このセミナーは、主に中小事業者様を取引先としておられる特許事務所系の方を対象としておりますが、知財活動にご関心のある中小事業者様のご参加も大歓迎です。
 セミナー終了後は、やはり懇親会を企画されているそうです。 
 
 3月20日に行いましたセミナーが終わる頃には雨も上がり、機械振興会館となりの東京タワーのライトアップが見事でした。
 
      tota.jpg

 
スポンサーサイト



営業秘密漏洩事件


 東芝がハイニックス社を提訴したというニュースがありました。
 営業秘密を漏洩させたとされる容疑者は「不正競争防止法違反」の疑いで逮捕されました。

 奇しくも先週、ある経営者の方に「営業秘密管理」の講義をさせて頂いたばかりです。主に企業側として何に注意してどう取り組む必要があるのか説明致しました。
 そして一昨日のセミナーでは社員の方が起業するに際して、不正競争行為を行わないために注意すべきことなども採り上げました。

 不正競争防止法は、企業側にとっても従業員側にとっても無関係ではいられない法律の1つです。頻繁に改正され、改正されるたびに保護機能が強化されています。しかし、まだまだ不十分との声もあります。
 
 「不正競争防止法」は、知的財産権法に位置づけられます。発売したばかりの商品の模倣や、営業秘密の漏洩・不正使用行為などが処罰の対象となります。
 人材の流動化の高まりに伴い、営業秘密管理の重要性は高まっています。不正競争防止法は、企業側にとって営業秘密を保護するための有効なツールとなり得ます。ただし、事後対応だけではこの法律の保護機能は十分働かず、事前の管理が重要です。
 

「契約・知財セミナー」を行いました

 昨日3月13日(水)に、内田・鮫島法律事務所の柳下弁護士(&弁理士)先生と共同で、mono(モノ)様において企業家様向けの「契約・知財セミナー」を行わせて頂きました。
 柳下先生とは、役割は違えど同じくmono(モノ)様を支援する立場の者どうしです。セミナーを一緒にやりませんか? とお声掛け頂きました。
 柳下先生には契約と知的財産権の関わりについて、分かりやすくご講義頂きました。そして知財は重要だけれどお金もかかる。あまりお金をかけずに知財活動に取り組むにはどうしたらいいか? と投げかけて頂いたうえで私にバトンタッチして頂きました。
 私からは個人事業者や中小企業向けに用意されている補助金・助成金を利用して知財活動に取り組む方法や、特許料などの支払いを減らすことのできる制度などを紹介しました。こうした施策は意外にも特許事務所の方もご存じない場合があります。
 そして、今回のセミナーの目玉は「トークセッション」でした。参加される方が個別に興味を持っておられるであろうテーマを取り上げ、ポイント解説と質疑応答を行いました。柳下先生と事前に打ち合わせをして準備した甲斐がありました。多くの出席者の方から途切れなく質問が寄せられ多いに盛り上がりました。
 「会社員でありながら副業はできるのか?」、「会社の業務に関連のありそうな発明をした場合の扱いはどうなるのか?」、「クラウドファンディングで資金支援者を募ったときの知財の扱いはどうすべきか?」、「クリエイティブコモンズを利用する場合の知財の扱いは?」といったテーマや質問を扱いました。
 セミナー終了後も、引き続き個別対応で情報・意見交換、相談会が続きました。
 出席された方は、起業に関心のある方なので、起業を成功させるための知識の吸収意欲も高く、我々としても熱意を感じながらのセミナーをさせて頂きました。

 それにしても、mono(モノ)様の入居者の方はお得だと思います。入居者に役立ついろいろなセミナーが企画され、それに無料で参加できるのですから。
 

「6次産業化プランナー」に登録されました

 そういえば先日、「6次産業化プランナー」への採択通知がありました。

 その前からも登録されていたのですが、制度が変わったために登録し直しの手続きを行ったというのが正しいところでしょうか。前の制度の運用がうまく機能しなかったためか、リセットされたような印象です。
 
 これまで、食品関係の企業様の支援を行わせて頂く機会も多く、埼玉県内の事業者様の支援も行っています。商標権を使ってブランドを構築し、そのブランドを利用してたくさんの仲間を集め、消費者にもプロモーションンしていく戦略を進めるお手伝いをしております。
 
 埼玉県内でもいろいろ興味深い取り組みがあります。 
 

補助金シーズンです

 毎年花粉とともにやってくる、補助金のシーズンに突入です。
 先週はものづくり補助金セミナーを3回行いました。東京都の助成金も交えて紹介し、採択されるためのポイントを大公開(?)させて頂きました。そして、今年も創業補助金の公募が始まりました。
 
 昨年の創業補助金の最終選考の回では、お手伝いさせて頂いた2件(通常1、海外1)がいずれも採択されました。
 
 来週11日は仲間の中小企業診断士が創業補助金セミナーを行います。

 私自身はこのセミナーでの相談員対応をしますが、12日は弁護士(&弁理士)の先生と契約&知財セミナーの講師をさせて頂きます。このセミナーでも、補助金を活用して知財活動に取り組む方法をご紹介する予定です。
 
 

| ホーム |


 ホーム