FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財セミナー

 先日、テレコムセンターのMONO様で行わせて頂きましたセミナー「『下町ロケットで』学ぶ小さなモノづくり企業のための知的財産権入門」の様子を、情報誌「創」(フジキンソフト(株)様発行)に採り上げて頂きました。
 

121224.jpg

 MONO様で私が知財セミナーの講師を務めさせて頂きましたのは、これで3回目となります。
 
 私はできるだけ法律や制度の話よりも、知的財産権が経営に与えるインパクトや、うまく利用する方法などをお伝えすることに腐心しております。今回は「下町ロケット」のシーンを題材に、「やられたらやり返す、倍返しだ!」という当時の流行のフレーズも取り入れながらなるべく分かりやすく小さなモノづくり企業と知的財産権との関わりをお伝えしました。

 MONO様という場所柄、後半の部では3Dプリンター利用者のための知的財産権に関する留意点を解説することにしておりました。このため、意匠権や著作権、そして肖像権などの権利に関する留意点もお伝えしました。後半の部はやや専門用語が多いものになっていたかも知れません。
 
 お陰様で本セミナーにお越し頂きました企業様に、別件ですが知財関連セミナーのお仕事を頂戴することになりました。
 
★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  
スポンサーサイト

ブランド戦略の提案

 本日は過去に経営診断を実施しました企業様に再訪問しました。以前提言しましたブランド戦略が、実際に動き出すことになったためです。

 ブランド構築は、企業単独で行う場合もありますが、協力者を集めて行う場合もあります。
 
 協力者を集める際に、知的財産権を接着剤として利用することがあります。協力を呼び掛ける際に、仲間になれば商標等を利用することができるというメリットを提示するのです。
 
 特許電子図書館を調べながらネーミングを提案し、また、ビジネスモデル構築まで踏み込んだ提案をしました。
 
 いつの日か本ビジネスを振り返った際に、本日の打合せが成功に向かうための重要な一歩となっていた。そういうものになるように支援して行きたいと思います。
 
 

創業補助金などなど

 中小企業の支援をしておられる方々にとりましては、ここ暫くは特に忙しい時期だったと思います。
 
 24日で締切りとなる創業補助金の申請サポートの業務が一段落しました。これを機に創業をされる方々におかれましては早く資金調達の目途をつけ、存分にご活躍して頂きたいと存じます。
 創業補助金等の事業は、来年も行われる可能性があります。
 
 本日は某大学の社会人学生の方々と、その方々が検討されている海外事業展開を目指す中小企業のための新しい融資制度について、ディスカッションする機会がありました。中小企業を支援する側の者としての意見を述べて欲しいというご要望でしたので、思うところをいくつか述べさせて頂きました。例えば①「融資」を一種の商品と捉え、ターゲット顧客を選定し、差別化・ポジショニングをきちんと検討すべきであること、②単なる融資制度に留まらず、融資先企業の事業の成功確率を高めるサービスとセットで検討すべきこと、③融資先のモニタリングとして、単に財務面の報告をさせるのではなく、融資先が事業計画を成功に導くためののPDCAサイクルを自律的に回せるように、業務プロセスとアクション計画を見える化する仕組みを指導すべきこと、などを述べさせて頂きました。
 中小企業を支援したいという方々との意見交換はとても楽しいものです。 
 
 午後は3Dプリンター関連のセミナーを拝聴し、会社員時代にお世話になった方々と久しぶりに再会しました。

 その後場所を変え、経産省/特許庁所轄の「知財人材データベース」に登録している専門家の会合に参加しました。お陰様で多くの知財専門家の方々と面識を持つことができました。今回お会いした方々は、中小企業を支援する使命感を持った方々ですので、とても有意義な意見交換ができました。
 
 そして、最後に城西コンサルタントグループ(JCG)の会合に参加しました。JCGでは中小企業の経営戦略塾 新宿支部を立ち上げ、そして「経営革新等支援機関」としての認定後、いくつか大きな仕事を頂けることになりました。最近のプロジェクト案件について熱く語り合う場となりました。

 
 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。