FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「産業交流展」の仕事が終わりました。

 先週は、「産業交流展」でコンシェルジュデスク要員を務めました。当初伺っていた役割は、技術相談とビジネスマッチングでした。実際にはビジネスマッチングも行いましたが総合案内係的な役割も多く、それはそれで貴重な経験をさせて頂きました。
 
 昔から展示会とは縁があります。前職で電機メーカーに務めていた約20年で、展示会関係の仕事をする機会は海外のものを含めて数十回はあったでしょうか。出展の企画・準備、そして製品の説明員、出展者プレゼンテーションの仕事をたくさん行いました。展示会で使うプロモーションビデオを制作するための寸劇の脚本を書いたり、出演して頂く俳優さんを選定するオーディションのような楽しい仕事もありました(バブルの頃ですが)・・。
 
 最近は出展することよりも見て回ることが多いのですが、その対象も中小企業がほとんどです。
 
 中小企業の方は展示会という機会をうまく活かしておらず、「もったいないなあ」と感じることが多くあります。貴重なお金と時間と労力を使っておられるのですが。

 まず、展示会の仕事は大きく企画・設営に関わる業務と、顧客アプローチに関わる仕事の2つに分けられます。
 
 多くの場合、展示会に出展する最終目的は受注獲得でしょうから、顧客アプローチに関わる仕事が非常に重要であることはいうまでもありません。しかし実際には出展するだけで精一杯の企業様も少なくないと感じます。
 
 海外における展示会は商談会という要素が強く、会期中に商談対応をするための準備が必要です。一方、日本では展示会は商談のきっかけ作りが主目的で、その後フォローで商談を具体化していくケースがほとんどといったところでしょう。
 従いまして、日本で展示会を行う場合には、展示会終了後のフォローをどう行うか?が非常に重要です。
 出展後フォローをどのように成功させるか?から遡って、会期中、そして準備段階ではどう対応するか?の成功シナリオを作り、それを出展企画・計画に落とし込むことが肝要です。
 顧客アプローチの機会は3回あります。それは①招待状を送るとき、②展示会会期中、③展示会終了後のフォロー時、です。成功シナリオをイメージして、この3回の機会をどう活用するか?の知恵を絞るのです。
 
 多くの場合、きちんと対応しているほうの企業様でも来場者にお礼状を送ってあとは待ちの営業になっているのではないでしょうか。
 残念なところでは、会期中の接客姿勢が非積極的であったり、無愛想でその企業様の印象をかえって悪くしてしまうのではないかと心配になることも少なくありません。
 
 今回の「産業交流展」でも、主催者側は出展される企業様に、どうすれば展示会を成功させることができるのか?についてのサポートをさらに充実して頂いた方が良いと感じました。
 来年も産業交流展関連の仕事をする機会があるようであれば、出展準備段階から関与し、出展企業の方がこの展示会を成功させるためのお手伝いをしたいものです。
 
131029a.jpg

 
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。