FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

新しくお店がオープンしました。

アドバイザーを務める婦人発明家団体様の店舗が浅草にオープンしました。
 
女性の視点で、「こんなものがあればいい」と着想したアイデアを商品化した、楽しい商品が並んでいます。
それにしても運営をされている皆様、パワー全開で圧倒されます。
 
販売促進や、特許ライセンス先の開拓・契約交渉支援などが私の役割です。
 
私から声掛けしたプレスの方に取材して頂き、知財系の情報誌に採り上げて頂けそうです。
 
     131028c.jpg
 
 
スポンサーサイト



「実務従事」が始まりました。

中小企業診断士の活動、「実務従事」の指導員を務めています。10月中旬からスタートしました。
 
この実務従事につきましては、過去のブログ(無料の経営支援)でも紹介しました。
 
今回の案件では企業内の中小企業診断士の方6名にご参加頂き、埼玉県にある企業様の業績改善に向けた提言を行います。
 
写真は、SWOT分析の議論をしている様子です。パソコンとプロジェクタを用いて議論するのもよいですが、各自が抽出した強み・弱み・機会・脅威をポストイットに書き出して、ホワイトボードに貼り付けながら行いますと、闊達な議論がされやすくなります。
 
  131028b.jpg

SWOT分析を行い、さらにクロスSWOTを行って経営戦略の方向性を打ち出します。整理のしかたはいくつかありますが、今回はバランススコアカード(BSC)の切り口で行います。経営課題も、戦略提言も、BSCの切り口で整理するとロジカルに説明しやすくなります。
 
経営の方向性を議論する際には、まずは意見の対立を恐れずに行うように伝えるのですが、今回は平穏に収束しました。
 

高度実践型支援人材育成研修が始まりました。

 一般社団法人城西コンサルタントグループは、経営革新等認定支援機関として「高度実践型支援人材育成事業」を受託し、他の認定支援機関様向けの研修をスタートさせました。
 
 初日である10月19日(土)は、浅草の台東館で座学を実施しました。
 
 中小企業の経営戦略塾 新宿支部として行っている、成果を上げる経営戦略を構築するためのフレームワークを紹介しました。
 今回は、すでに一定以上のご見識をお持ちの認定支援機関様向けの研修ということもあり、ABC分析、3C分析、SWOT分析、PEST分析などの経営環境分析手法や、BSC(バランススコアカード)、PMマトリクス(アンゾフの成長ベクトル)、プロダクトポートフォリオ、目標管理手法など、盛りだくさんの内容でした。
 
 経営課題を整理し、経営改革に取り組むための時間をいかに作り、何をどの順にどのように取り組んでいけば、経営ビジョンの実現をなしうるか、について概略をお伝えしました。
  
 次回以降は、実際の企業様を訪問し、実務を行います。経営者ヒアリング等を行い、初回の座学で学んで頂いたフレームワークにあてはめて、経営課題の抽出・整理、そして経営戦略構築、そしてPDCAを回すしくみの構築まで行う予定です。
 
 経営戦略構築のフレームワークは、頭で分かっているつもりでも、実際に経営戦略を構築するとなればいろいろなアイデアも出す必要があります。様々な制約事項を踏まえなければ実効性のあるものにはなりません。

 この研修は座学と実務を通じて、中小企業を強力に支援していくためのスキルアップをして頂くためのプログラムです。 


  131021.jpg


新たな経営診断プロジェクトが始まりました。

 10月中旬から12月上旬にかけて、新たな経営診断プロジェクトが始まりました。
 
 以前書いたことですが、中小企業診断士には5年ごとに資格を更新する必要があり、5年間で5件の経営診断実務に従事することが更新要件の1つになっています。
 
 今回のプロジェクトはこの制度を利用して、主に会社務めをされている診断士の方を集めて、中小企業様の経営診断実務を行うものです。この制度を「実務従事」と呼んでいます。この制度を利用すれば、企業様に対しましては無料での経営診断が可能です。ただし、土日を中心にした活動になるため、1年で数回実施するのが限度です。
 
 さて今回はうれしいことに、最大人数となる6名の診断士の方に本件に参加して頂くことになりました。
 
 私は「指導員」という立場で、本件の推進を行います。今回はとても魅力のある商品をお持ちの企業様の経営診断です。集まった診断士メンバの知見を最大限活用し、診断先企業様の経営課題の解決のための提言を取りまとめたいと考えております。
  

| ホーム |


 ホーム