FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月18日に知財戦略セミナーを実施します。→ 実施しました。


 本件、予定どおり実施させて頂きました。

 とかく専門知識だらけで難しくなりやすい知財戦略の話を、できるだけ分かりやすくお伝えしたつもりです。

 「下町ロケット」のシーンを題材にしながら、いろいろな事例も交えて紹介しました。

 セミナー終了後は、MONO様の施設をご視察頂きました。

 さほど遠くなく、時間帯を変えて、同じ内容でお話しさせて頂くことになるかも知れません。


---------------


 少し前にご案内しておりますが、7月18日(木)15:00~17:00に、知財戦略セミナーを実施します。

 テーマは、「直木賞受賞作『下町ロケット』で学ぶ小さなモノづくり企業のための知財戦略」です。
 詳細・お申込みは、こちら(イベレボ)をご覧下さい。


 「下町ロケット」のシーンを題材に、知財の経営に及ぼすインパクトをお伝えします。
 「佃製作所」のSWOT分析などを交え、私独自の視点で「下町ロケット」のシーンを解説します。

 また、それぞれの企業様において知財戦略をどのように策定すべきか、経営戦略の構築手法とも絡めて分かりやすくお伝え致します。

 会場は、東京ビッグサイトからほど近い、テレコムセンター14階にご入居しておられます、mono(モノ)様です。MONO様は、先日の日経ビジネスや、テレビ東京のワールドビジネスサテライトでも紹介された、今注目のモノづくりインキュベーションオフィスです。
 セミナー終了後は、3Dプリンターなど、MONO様の施設の見学が可能です。

 
スポンサーサイト

埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)様の見学会

 7月11日は、埼玉縣信用金庫様のお誘いを受けて、埼玉県産業技術総合センター(SAITEC)様の見学会に参加させて頂きました。

 最初の1時間のプレゼンテーションは、SAITEC様のモノづくり企業様に対する支援の熱意が感じられるものでした。
 
 施設の見学会では、まずこれを見せて頂きました。参加されていた方々は皆、3Dプリンターに対する関心は非常に高いご様子でした。光造形の装置もあるとのことでした。3Dプリンターの普及に伴い、光造形装置の生き残りは難しいかも知れません。

     130711a1.jpg


 ちなみにSAITEC様では、3Dプリンターの性能アップと価格低下が激しい時期だけに、今は最新機種の導入よりも3Dデータを作成できるスキルの習得支援に注力されるとのことでした。ごもっともな判断だと思います。

 いろいろな測定機器類も拝見させて頂きました。やはり、「公設試」ですので、測定機器類、分析装置は豊富です。

 油の匂いがします。モノづくりの匂いですね。先端のドリルの細いもので、0.1mmです。微細なだけでなく、高アスペクト比の穴あけができます。

     130711b.jpg


 ちょっと変わった耐久試験装置。「オゾンウェザーメーター」です。ゴム製品の劣化の加速試験のためのものだそうです。初めて見ました。

     130711d.jpg


 この装置には、インクジェット式の記録計が組み込まれていました。すかさず銘板をチェックしました。期待どおり、私が昔勤務していた電機メーカの記録計が組み込まれていました。昔のクセが抜けず、記録計を見かけると、今でもついチェックしてしまいます。

 こちらは、「人工気象室」です。オートバイなどの気象耐久性を確認できます。こんなに大きな恒温槽を見たのは初めてです。

     130711c.jpg


 モノづくり企業においては、こうした機関、設備は非常に頼もしい存在です。職員の方も、とても親切でした。機会があれば、モノづくり企業の方にお勧めしたいと思います。


 
 

富士フィルム様の医療ビジネスのお話

 
 昨日7月10日(水)は、産学連携学会系のイベント「お茶の水コラボレーションセミナー」を拝聴しました。私は産学連携学会の学会員ですが、恥ずかしながらいつも「聴く側」に徹しております。

 今回は、富士フィルム様の医療ビジネスのお話を伺いました。

 とても興味深いものでした。富士フィルム様の化粧品の技術と、同社のコア技術であるフィルム技術との関連性がこれほど高いものだとは知りませんでした。コア技術を活かして、全くの新分野で市場開拓されているのですから、さすがです。

 闊達な質疑が行われました。総じて、「なぜ富士フィルムは、フィルム事業の衰退を補って余りある経営革新ができたのか?」といった質問が最も多かったように思います。
 やはり皆様、そこにご関心があったのですね! 私としましても、最も興味のあるところでした。 研究開発戦略のお話もとても興味深いものでしたが。

 ご登壇頂きました講師の方におかれましては、なかなか回答しにくい質問が多かったと思いますが、真摯にご回答頂きました。

 さて、肝心のお話の内容はといいますと‥‥? 何かの機会にお伝えできればと思います。

 主催者の方のお話によれば、10日は酷暑のためか、参加申込みをされた方の「ドタキャン」が多かったとのことでした。その後に行われた懇親会は、暑さにめげずに参集した戦友という感覚のためでしょうか、いつもにも増して盛り上がりました。多くの方々と闊達な意見・情報交換が行うことができ、とても有意義な会合となりました。

 

クリエイター向けビジネス講座を実施しました。

 昨日7月3日(水)は、仲間の中小企業診断士の方々とともにクリエイター向けビジネス講座を行わせて頂きました。

 その様子はmono(モノ)様のフェイスブックページに掲載して頂きました。
 
 開放感のある広いスペースで、大雑把にテーブルを並べて行いました。

 ご参加頂きました方の中に、私が制作・販売している「知的財産管理技能検定1級」の試験対策教材のユーザ(試験合格者)の方がおられ、感激しました。わざわざ使い込まれた教材を持ってきて頂きました。

 セミナー終了後はmono(モノ)様の設備の見学会が急きょ実施されました。セミナー参加者の方々、運営スタッフともども、ワイワイ・ガヤガヤお話しながら興味深く拝見させて頂きました。

 
 これは、レーザー加工機です。立体パズルのパーツをカッティングしています。

        1307051.jpg

 高出力のレーザー素子の性能を発揮するには、素子を冷却するパーツが陰で支えています。かつて、そのような仕事にも関わっていたことを思い出しました。
 

 そして、3Dプリンターです。

       1307052.jpg

 3Dプリンターの普及で、最初に大きな「負のインパクト」を受けるのは、樹脂の塊を切削加工したり、「注型」と言われるゴム型を使ってモノづくりをされている事業者様だろうと思います。私も電機メーカ勤務時代は、そうした事業者様に依頼して試作開発品のケースなどを作って頂きました。正直な話、かなり費用がかかるものでした。しかし3Dプリンターの登場により、劇的に安く小ロット品ができるようになるでしょう。

 セミナー終了後の「交流会」は企画していませんでしたが、自然な流れで交流会のような、いろいろな方々とお話をさせて頂く場となりました。


 

「経営戦略入門セミナー」を開催しました。

 
 昨日7月3日は、城西コンサルタントグループの中小企業の経営戦略塾 新宿支部 として3回めとなります、「経営戦略入門セミナー」を開催しました。
 千代田区、中野区といった東京都内の方や、埼玉県さいたま市、山梨県上野原市といった場所でお仕事をされておられる方々にご参加頂きました。
 
 今回は、私がセミナー講師を務めました。「中小企業の経営戦略塾」としてのセミナー講師を務めさせて頂くのは初めてでしたので、至らないところがあったかと思いますが、セミナー終了後はご参加頂きました多くの方々と名刺交換と談笑をさせて頂きましたので、ホッとしました。いろいろな方からご感想等を伺うことができましたので、私自身、とても勉強になりました。
 私たち新宿支部では、中小企業の経営戦略塾の本部で10年ほどの実績のあるノウハウに基づいて運営しておりますので、「業績アップに導くためのメニューをとてもしっかりと体系化されていますね」といったご講評を頂いております。
 そしてセミナー終了後は、恒例の懇親会も行ないました。少しずつ、輪が広がってきた印象です。

 実は、7月3日は体力的にかなりハードなスケジュールでした。

 お昼過ぎまでは仲間のメンバとともに東京ビッグサイトで開催の「クリエイターEXPO東京」に行っておりました。
 テレコムセンター14階に入居しておられます、mono(モノ)様のPRと、明日7月5日に開催予定の クリエイターのためのビジネス基礎講座 の紹介を兼ねて、多くのクリエイターの方々とお話しさせて頂きました。この講座の「ビジネス著作権」のパートは、私が講師を務めさせて頂く予定です。

 クリエイターの方々は、会社組織に頼らず、自己の才覚を磨きながらビジネスチャンスを自ら開拓しようとチャレンジしておられます。私も今は会社を退職し、個人で事業を行っておりますので、お話を通じて何か同志であるかのような感情が湧いてきました。 中には、ご自身がデザインを手掛けるキャラクターを活かしたビジネスモデルを提案されておられる方や、注目の3Dプリンターを早くも活用して3Dキャラクターを提案されておられる頼もしい方がおられました。また、まだ学生です、という方も出展されていました。
 多くのクリエイターの方々とお話ができ、勇気を頂きました。

 なお、ほとんどの方は、著作権にはご関心を持っておられました。
 一方で、肖像権やパブリシティ権についての注意が足りないのではないか、と心配になる出展者の方もおられました。

 明日の、mono(モノ)様でのイベントを皮切りに、今後、様々な活動につきまして、仲間のメンバとともにお手伝いさせて頂く運びになっております。
 mono(モノ)様は、最新鋭の3Dプリンターを配備した、モノづくり系インキュベーションオフィスです。
 今後、mono(モノ)様にご入居される事業者様が、飛躍的な発展を遂げられるためのお手伝いもしていきましょうと、仲間のメンバと構想を練っているところです。

 なお、先日のブログでも紹介しましたが、7月18日(木)15:00~17:00に実施予定の、 「直木賞受賞作 『下町ロケット』で学ぶ 小さなモノづくり企業のための知財戦略」 も担当しております。7月1日に実施することが急きょ決まりました。
 お声掛けしましたある企業の方からは、当初の予定を変更してまで、「参加申込をしたよ」と言って頂きました。
 こちらも、気合を入れて準備したいと思います。

 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。