FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

商品開発について

 
 私が電機メーカに勤務していた約20年間において、私のメインの業務は「マーケティング」だったと振り返ります。

 より正確には生産財マーケティング、最近の表現では「B to B マーケティング」といったものです。「B to B マーケティング」は一般消費者を対象とするマーケティングとは異なる部分もありますが、概ね共通です。

 プラント用の制御システムという、一般の方に説明するのが難しい製品の商品企画、開発、販売支援業務に最も多くの時間を割きました。独立志向を持っておりましたので、営業や知財業務も志願して行わせて頂きました。

 現在は独立して仕事をしておりますが、中小企業の方の「商品開発」のお手伝いは、私にとりまして気合の入る仕事の1つです。

 先日、ある企業経営者の方から商品開発および販売の相談を受けましたが、「ターゲットをどう設定していますか?」という質問をさせて頂きました。
 「こんなもの作りました、どなかた買って下さい。」といやり方ではなかなかうまくいきません。どのような方に買って頂きたいのか? いつ誰がどのように使用するものなのか? といった想定顧客・想定ユーザを描くことは重要な過程です。これを考えないと、差別化した商品にならなかったり、誰に売り込みに行けばよいのかさえも分からないという事態に陥りかねません。ターゲットがあいまいなケースが往々にして見受けられます。

 実は私自身にも、独自商品があります。私は国家検定試験である「知的財産管理技能検定一級試験」の教材を自ら製作・販売しております。
 電機メーカを退社した頃に私自身もこの検定試験を受験し、その過程でこの国家検定試験用の教材という商品の開発を思いつきました。需要はあるはずなのに、これといった教材がなく、商品化するチャンスだと考えました。
 私自身の商品開発センスを試してみたいと考えました。大手電機メーカに勤務していた頃は、分業が基本ですので、私自身の創意・工夫がどこまで売上・利益に貢献したか、正直分かりませんでした。

 経営コンサルタントとして経営支援をするためにも、自分で商品を企画・開発し、自分自身で販売する体験は役立つに違いないと考えました。この商品開発の過程で、いろいろなマーケティング理論や経営戦略理論を実践してみました。例えば、フィリップ・コトラーのマーケティング理論や、マイケル・ポーターの競争戦略、ランチェスター戦略、などです。
 商品企画の過程では、ターゲットを決める作業、すなわちターゲッティングもしっかり取り組みました。ペルソナマーケティングといった手法も意識しながら検討しました。当時は競争相手がいくつか考えられましたので、ポジショニング、差別化などもきちんと考えました。
 さほど大袈裟なものではありませんが、PEST分析、3C(4C)分析、リスク評価などの手法も採り入れて具体的にどのような商品(教材)をどう開発し、どう製作してどう販売していくか?といった具体策を練り、実行しました。
 詳しくは別の機会に紹介させて頂くかも知れませんが、結果として「知的財産管理技能検定一級試験」の教材販売の事業者としましては、業界に確固たる地位(業界トップかも知れないと想像しております)を築くに至り、今のところは成功している状態です。
 多いに頭を悩ませた価格設定と需要予測のバランスもよく、死に在庫(デッドストック)はほとんど発生させず、なおかつ在庫切れによる機会ロスもほとんど生じさせずにやってこれました。もちろん、想定外の事態も経験しましたが。
 私自身で取り組んだ商品開発~製作~販売までの経験は、私が中小企業の方に対する商品開発の助言においても評論家スタンスではなく、自分自身の実体験も踏まえて行えるということにつながっております。
 
 中小企業の経営戦略塾 新宿支部には、様々な経験・知見を有する専門家が中小企業の皆様の経営を支援する仕組みを整えております。
 この経営戦略塾 新宿支部では、バランススコアカードを簡略化した手法により、スリム・単純・明快でなおかつ実効性のある経営戦略を策定し、PDCAを回して業績改善につなげるためのお手伝いを致します。

 そのためのいくつかの手段の1つとして、商品開発やブランド構築(ブランディング)などのお手伝いをできる機会も増やしていきたいと考えております。もちろん、知的財産管理、知財業務の導入支援などのお手伝いの機会も増やしていきたいと思います。

 なお、経営戦略塾 新宿支部の活動範囲は新宿周辺には限定されません。品川区、大田区、江戸川区、中野区、練馬区、八王子市、立川区といった東京都内の各地、埼玉県(さいたま市、川口市、所沢市など)、神奈川県(横浜市、川崎市など)、千葉県(浦安市、船橋市)、といった東京都外の中小企業の方に対しましてもご案内を始めております。
 
 

 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム