FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

(株)アグリメディア様の 『朝採れファーム高麗郷』

 株式会社アグリメディア様が4月にオープンさせた、朝採れファーム高麗郷を視察してきました。

 株式会社アグリメディア様 は注目すべき活動を展開しております。私は農業関係者の支援を行う機会もあり(現在も進行中です)、アグリビジネスには強い関心を持っております。そしてこの朝採れファーム高麗郷 にはオープン前から是非とも見に行こうと決めていたのですが、ようやく機会を作ることができました。

 立地的には分かりやすい場所とは言えませんが、Webサイトから分かりやすいアクセスマップも入手できますし、近隣の道路ではしっかりと看板広告も出されているので、迷うことなく到着できました。駐車場は、混雑期には少し手狭になるかも知れません。

 お店の中はこんな感じです。

      1305311.jpg


 若いスタッフさんが多い印象でした。
 少し様子を見ていますと、レジのところでとあるトラブルが発生したのですが、それまでどこか別の場所で業務をしていたはずのスタッフの方がぞくぞくと集まり、自律的に行動して問題を解決されていました。頼もしく、かつ好感の持てる対応ぶりでした。

 平日の日中ということもあり、比較的高年齢層のお客様がほとんどでした。

 近隣地域の農家さんから集めた農産物や日高市周辺地域の特産品などを取り揃えておられています。私が支援に関わらせて頂きました事業者様の商品もいくつかあり、うれしく思いました。
 スタッフの方々の努力を感じる品揃えです。

 「無農薬野菜」もアピールしています。

       1305312.jpg


 ターゲット顧客を集客できているか? ターゲット顧客にマッチした品揃えを実現できているか? 平日と休日のオペレーションの平準化をどう図るのか? など、いろいろと気になる点があります。

 農産物は工業製品のように決まった品質のものを決まった日時に供給することはできませんから、供給能力と需要のバランスを図ることは容易ではありません。日々、客層は変わり得るわけですが、その日の予想客層に合わせて品揃えを柔軟に調整することも簡単にはいきません。

 「無農薬野菜」に最も敏感な客層が小さな子供を持つ母親だとすれば、ネットによるプロモーションでもメッセージを届けられるかも知れません。しかし平日のベースとなる客層が高年齢層だとすれば、ネットによるプロモーションよりも折り込み広告の方が効果があるでしょう(コストもかかりますが!)。しかも、地元の方を集めるのであれば、鮮魚などの生鮮食品も扱いたくなり、ターゲットの絞り込みよる期待効果とオペレーションの平準化はトレードオフの関係にあるでしょう。

 お店の方と少しお話をさせて頂きました。
 集客状況などについて伺いましたが、平日でももっと観光客が呼べるようにしたいと言われていました。
 報道関係者の取材は続いていますか?と尋ねたところ、落ち着いてきたということです。オープン直後だけ取材するのではなく、忘れられてしまわないようにときどき採り上げて欲しいものです。
 オープンして1ケ月半が経過しました。スタッフの皆様はいろいろな課題への取り組みを今まさにされていることでしょう。

 応援したい挑戦をされておられますので、微力ながらエールを送り続けるようにしたいと思います。

 朝採れファーム高麗郷の近くには巾着田という散策に素晴らしい場所があり、調達したお弁当をここで食べました。

       1305313.jpg


  

 
スポンサーサイト



埼玉大学でのイベントに参加しました(次世代自動車/シンポジウム)

 
 28日は埼玉大学様で開催された「埼玉次世代自動車環境関連技術イノベーション創出センター」のシンポジウムを拝聴しました。

 とりわけ、「トヨタの量産型プラグインハイブリッド自動車の開発」というテーマの講演を楽しみにしておりました。
 
       130529.jpg

 私が電機メーカに勤務していた2008年当時、その電機メーカではあるコンサルティング会社が提供していた「変化の予兆」というプログラムを導入していました。私はその電機メーカにおける事務局を務め、「変化の予兆」に関する活動を社内で推進しました。
 「変化の予兆」とは、自社の事業に影響を及ぼす変化をいかに早く把握し、その変化に対する備えを行うためのプログラムです。一言でいえば、日経新聞で採り上げられるようになる前に変化をとらえ、準備にかかることを目指すような取り組みです。当時、私はパワーエレクトロニクス部門の知的財産管理業務を行っていました。知財情報をもとに、研究開発のトレンドを把握する努力もしていましたが、「変化の予兆」では、全く違ったアプローチで変化を把握するものであり、私は大いに興味を持って取り組みました。

 当時、自動車産業の変化についても予想をしたものです。

 2008年といえば、リーマンショックの年ですが、地球温暖化の意識がいよいよ高くなってきたころでもあります。社内では、次世代カーとしての本命は、①プラグインハイブリッド、②電気自動車、③燃料電池車のどれになるか? という議論がありました。私はプラグインハイブリッドが本命になる時代を経ると主張を展開しました。

 今から5年前に、私が主張した予想事項は次のようなものでした。

 ①世界各国で原発の増設と、再生可能エネルギーの普及が同時に進む。
 ②先進国では、各家庭に電気貯蔵のためのバッテリの普及が進む。
  (原発の余剰電力の吸収、再生可能エネルギーの発電力量の変動の吸収のため)
 ③自動車のバッテリも、家庭用バッテリの一部として利用されるようになる。
 ④電気自動車の普及はスローなものになる。給電方式の規格化争いが生じて給電ステーションの普及を阻む。
 ⑤上記④のため、プラグインハイブリッド車が主流となる時代を経る。
 ⑥家庭用電源として、AC電源だけでなく、DC電源系統が導入される可能性がある。
  バッテリ電源はDCとして使用する方が簡単で、LED照明や有機EL照明もDCで使えるため。

 こうした変化の予想から、自社が事業として備えるべきことの仮説を展開しました。

 5年前に予想したことのいくつかは、予想に近い方向に動きましたが、東日本大震災は予想していませんでしたので、日本では少し違った状況にもなっています。しかし、このように時代の変化を先読みし、対応を早く行うことができれば、競争優位に立てるものと考えます。

 昨日の講演では、私の予想とは異なるお話も伺いました。プラグインハイブリッド車の普及がスローなものになっている原因として、価格面だけでなく、「充電が面倒」という声が主婦層から多く寄せられているということでした。確かにそのとおりかも知れませんが、CO2削減に寄与するものであれば、その程度の労力は払いたいものです。
 「面倒」への対策として、電力ロスが生じる「非接触給電」方式の採用もあり得るという話でしたが、利便性とは裏腹に効率が落ちるわけですので寂しい感じもしました。現在日本で供給される電気は、夜間電力といえども化石燃料を燃やして作った電気ということになります。少しでも効率よく使いたいものです。

 それにしましても、さすがにトヨタ自動車です。プラグインハイブリッド車のスペックを決定するにあたっても、世界各地で入念な調査が行われていたことを知りました。
 
 
 

商品開発について

 
 私が電機メーカに勤務していた約20年間において、私のメインの業務は「マーケティング」だったと振り返ります。

 より正確には生産財マーケティング、最近の表現では「B to B マーケティング」といったものです。「B to B マーケティング」は一般消費者を対象とするマーケティングとは異なる部分もありますが、概ね共通です。

 プラント用の制御システムという、一般の方に説明するのが難しい製品の商品企画、開発、販売支援業務に最も多くの時間を割きました。独立志向を持っておりましたので、営業や知財業務も志願して行わせて頂きました。

 現在は独立して仕事をしておりますが、中小企業の方の「商品開発」のお手伝いは、私にとりまして気合の入る仕事の1つです。

 先日、ある企業経営者の方から商品開発および販売の相談を受けましたが、「ターゲットをどう設定していますか?」という質問をさせて頂きました。
 「こんなもの作りました、どなかた買って下さい。」といやり方ではなかなかうまくいきません。どのような方に買って頂きたいのか? いつ誰がどのように使用するものなのか? といった想定顧客・想定ユーザを描くことは重要な過程です。これを考えないと、差別化した商品にならなかったり、誰に売り込みに行けばよいのかさえも分からないという事態に陥りかねません。ターゲットがあいまいなケースが往々にして見受けられます。

 実は私自身にも、独自商品があります。私は国家検定試験である「知的財産管理技能検定一級試験」の教材を自ら製作・販売しております。
 電機メーカを退社した頃に私自身もこの検定試験を受験し、その過程でこの国家検定試験用の教材という商品の開発を思いつきました。需要はあるはずなのに、これといった教材がなく、商品化するチャンスだと考えました。
 私自身の商品開発センスを試してみたいと考えました。大手電機メーカに勤務していた頃は、分業が基本ですので、私自身の創意・工夫がどこまで売上・利益に貢献したか、正直分かりませんでした。

 経営コンサルタントとして経営支援をするためにも、自分で商品を企画・開発し、自分自身で販売する体験は役立つに違いないと考えました。この商品開発の過程で、いろいろなマーケティング理論や経営戦略理論を実践してみました。例えば、フィリップ・コトラーのマーケティング理論や、マイケル・ポーターの競争戦略、ランチェスター戦略、などです。
 商品企画の過程では、ターゲットを決める作業、すなわちターゲッティングもしっかり取り組みました。ペルソナマーケティングといった手法も意識しながら検討しました。当時は競争相手がいくつか考えられましたので、ポジショニング、差別化などもきちんと考えました。
 さほど大袈裟なものではありませんが、PEST分析、3C(4C)分析、リスク評価などの手法も採り入れて具体的にどのような商品(教材)をどう開発し、どう製作してどう販売していくか?といった具体策を練り、実行しました。
 詳しくは別の機会に紹介させて頂くかも知れませんが、結果として「知的財産管理技能検定一級試験」の教材販売の事業者としましては、業界に確固たる地位(業界トップかも知れないと想像しております)を築くに至り、今のところは成功している状態です。
 多いに頭を悩ませた価格設定と需要予測のバランスもよく、死に在庫(デッドストック)はほとんど発生させず、なおかつ在庫切れによる機会ロスもほとんど生じさせずにやってこれました。もちろん、想定外の事態も経験しましたが。
 私自身で取り組んだ商品開発~製作~販売までの経験は、私が中小企業の方に対する商品開発の助言においても評論家スタンスではなく、自分自身の実体験も踏まえて行えるということにつながっております。
 
 中小企業の経営戦略塾 新宿支部には、様々な経験・知見を有する専門家が中小企業の皆様の経営を支援する仕組みを整えております。
 この経営戦略塾 新宿支部では、バランススコアカードを簡略化した手法により、スリム・単純・明快でなおかつ実効性のある経営戦略を策定し、PDCAを回して業績改善につなげるためのお手伝いを致します。

 そのためのいくつかの手段の1つとして、商品開発やブランド構築(ブランディング)などのお手伝いをできる機会も増やしていきたいと考えております。もちろん、知的財産管理、知財業務の導入支援などのお手伝いの機会も増やしていきたいと思います。

 なお、経営戦略塾 新宿支部の活動範囲は新宿周辺には限定されません。品川区、大田区、江戸川区、中野区、練馬区、八王子市、立川区といった東京都内の各地、埼玉県(さいたま市、川口市、所沢市など)、神奈川県(横浜市、川崎市など)、千葉県(浦安市、船橋市)、といった東京都外の中小企業の方に対しましてもご案内を始めております。
 
 

 

経営戦略塾のセミナーを実施しました。

 JCG(一般社団法人城西コンサルタントグループ)では、中小企業の経営戦略塾 新宿支部 を設立し、第1回めの経営戦略セミナーを5月22日に開催しました。2013年5月22日は私どもとしましての記念すべきニュース第1号をお伝えすることができる日となりました。

 「新宿支部」とはしておりますが、私たちは東京都全域や埼玉県、神奈川県、千葉県で活動しております。今回の経営戦略セミナーにおきましても、西東京地区(青梅市、昭島市)、江戸川区、中央区(銀座)、台東区(秋葉原、浅草)、品川区、さいたま市といった地区のお客様にお越し頂きました。

 お陰様で、やや狭い会場ながら満席となりました。

130522.jpg

 
 今回は入門編ということで、①意識改革の重要性、②山積する経営課題をどう整理し、優先度づけを行うか、③経営戦略をトップ、ミドル、ボトムの各層が実行し得るアクションプランに落とし込み、きちんとPDCA(計画・行動・チェック・アクション)のサイクルをきちんと回すための秘訣といったことをお伝えしました。

 私たちの経営戦略塾では、会員(塾生)相互の切磋琢磨を奨励しております。中小企業にとりましてビジネスチャンスは業界のコアの部分よりも、ニッチな分野や、他業種との境界付近に存在することも多々あります。このため、経営戦略塾を通じて経営リーダーの育成に貢献することはもちろん、異業種交流も促進していく方針です。私たちはもともと、ビジネスマッチングのサービスも展開しており、販路開拓や事業提携先を探すお手伝いをして参りました。この経営戦略塾におきましても、参加企業様がビジネスチャンスを広げ、ビジネスパートナーを探すお手伝いも積極的に行います。
 私自身は産学(産学官・産金学官)連携のお手伝いなどにも取り組んでおります。
 今回のセミナーでは早速、参加者どうしの名刺交換を推奨し、また有志の参加企業の方には懇親会にもご参加頂きました。

 なお、次回の経営戦略塾入門セミナーは、下記の日程で組まれています。
 ★2013年6月15日(土)15:00~17:00 (場所:BIZ新宿)

 

| ホーム |


 ホーム