FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

ライバルとの棲み分けを図る

 
 標的市場において、自社の商品やサービスの位置付けを決めることを、ポジショニングといいます。競争相手がいる中で、いかにして自社の商品やサービスの存在意義を作るか、を決めることです。

 ポジショニングを明確にする手法として、ポジショニング・マップというものがあります。

 これは、商品の特性や、顧客にとってのメリットなどの要素を縦軸・横軸にとり、2次元の地図を描き、自社の商品・サービスと競合相手のそれぞれの位置付けを描きます。例えば、パソコンでは、①軽さ、②バッテリの持ち時間を2軸にとって整理することができるでしょう。軽くてバッテリが長持ちするというパソコンの代表格として、パナソニックのレッツノートを挙げることができるでしょう。

 競合相手との棲み分けがきちんとできれば、独自性のあるポジショニングを確立できることになりますが、競合相手と重なる場合には、厳しい価格競争にさらされる可能性が高くなり、ポジショニングを見直す必要があるかも知れません。
 このポジショニング・マップの2軸に、どのような項目を採用するかということが、とても重要です。基本的には、この2軸の要素は、独立性の高いものを組み合わせる必要があります。例えば、縦軸に価格帯を、横軸に原料の品質をとる、という考えはあまり適切ではありません。

 ポジショニングマップは、個々の商品やサービスにおけるポジショニングを整理する場合だけでなく、店舗レベルのポジショニングを整理する場合にも有効です。例えば、私が経営支援を行った和菓子店の例では、①縦軸に地域性、②横軸に「和」の度合いの強さという項目をとってポジショニングを検討しました。そして、その和菓子店では、①地域性を高めること、②「和」の度合いを強化すること、によって競合との差別化、棲み分けを図るという方向性を打ち出しました。具体的には、地域の産品を商品に採り入れたり地域事業者との連携を強化すること、洋菓子系の商品よりも和菓子らしい商品開発を強化することで、その地域ならではのお店作りをしていこう、という方向性です。

 1つのポジショニング・マップだけでは整理し切れない場合には、複数作成することもあります。例えば、先の和菓子店であれば、接客サービスの質、という軸でも他店との差別化を図ることができるものでした。

 ポジショニングは、単に競合と棲み分けできればいいというものではありません。その棲み分けが、顧客にとって価値があるものであり、また、自社にとってその状態を作ることが実現可能であり、自社の強みを活かせるものであることが重要です。


 
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム