FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の助成事業説明会


 本日は、東京都の助成事業説明会を拝聴しました。
 この説明会は何度も開催されます。説明会への参加申込は東京都中小企業振興公社です。

 今回の説明会は新製品・新技術開発、見本市(展示会)への出展の係る経費の一部を助成する事業についてでした。

 これから、このような助成事業の説明会が頻繁に行われるシーズンに突入します。

 
 
スポンサーサイト

荒川区の「産学金公ネットワーク構築会」

 荒川区の「産学金公ネットワーク構築会」に参加しました。主催は荒川区のMACCプロジェクト様です。

 荒川区と関わりのある金融機関や大学、産学公支援機関、中小企業支援機関の方がブースを構え、参加者はグループ分けされ、1ブースあたり約15分のタクトで全10ブースを回るというものでした。主催者の方々の運営は手慣れたご様子で、多くの方と名刺交換、情報交換するためにとても効率的な運営をされていました。

 金融、技術開発、経営、海外進出、大学、産学官連携の各支援機関が揃っており、中小事業者にとりましておおよそあらゆる経営課題の相談ができそうな態勢でした。
 これまでにいろいろな産学官連携の交流イベントに参加してきましたが、これだけの支援機関が一堂に会するイベントというものも珍しいのではないでしょうか。


 

ビジネスチャンスを手繰り寄せる

 経営戦略を考える上でも、マーケティング戦略を考える上でも、まずは環境分析から始めるというのがオーソドックスなやり方です。
 
 環境分析は、大きく分けて①外部環境分析と②内部環境分析の2つがあります。

 まず外部環境とは、具体的には自社を取り巻く政治・経済状況、市場動向、技術動向などのことです。自社にとって何らかのインパクトを及ぼす環境の変化についてはきちんと認識することが重要です。例えば、環境規制が強化された場合、ある企業にとってはチャンスとなりますが、別の企業にとりましては悪影響を及ぼすものとなり得ます。もう1つ例を挙げます。レバ刺しの食中毒事件の影響で生のレバーを食することが禁じられ、これは従来の食肉業者にとっては痛手となることでしょう。しかしながら、別の食品加工業者にとっては、レバ刺しに代わる商品開発をすることで、新たな取引先を開拓できるチャンスかも知れません。技術動向の例として、LEDの性能アップやコストダウンがあります。これにより、ランプ式の信号機がLEDタイプのものへとシフトが進んでいます。ランプ式の信号機しか製造できない事業者にとりましては、信号機事業の継続は難しくなるでしょう。

 内部環境分析とは、自社の経営資源を客観的に評価することです。経営資源とはヒト、モノ、カネ、情報、知恵などのことです。

 環境分析の結果を整理するために、SWOT分析という手法がよく使われます。Sは強み、Wは弱み、Oは機会、Tは脅威を表す英単語の頭文字をとったものです。SとWが内部環境に関するもの、OとTが外部環境に関するものと考えてよいでしょう。
 
 SWOT分析は、一見簡単そうですが、正解の無い奥深さがあります。

 例えば、機会と見た事象は、見方を変えれば脅威にもなり得ます。環境に変化が生じ、従来の競合企業との競争上、有利になるとすればそれは機会と見ることもできますが、その一方で新たな市場参入者に市場を奪われることになるかも知れません。
 また、自社の判断では弱みだと結論付けられたことが、強みと見ることができる要素を含んでいることもあります。例えば製品デザインに斬新さを生みだせないことが自社にとっての悩みだとしても、一部のユーザにはその企業が生み出すレトロな感じのデザインが熱烈に支持されているかも知れません。

 SWOT分析は、複数のメンバで行うと、いろいろな見方ができることに気付かされます。他人は自分とは異なる考えを持つことを相互に理解し、受け入れ、他人の考えも尊重し合う姿勢で議論すると、建設的なものとなります。
 結論付けられたSWOT分析の結果は、事業戦略やマーケティング戦略を検討する上で、基本的な共通認識となりますので、SWOT分析を疎かにすると、自社を誤った方向性に導くことになりかねません。

 結論付けられたSWOT分析に基づき、クロスSWOTという作業を行います。これは、①強みを活かして機会を得る、②弱みを克服して機会を逃さない、③強みを活かして脅威を遠ざける、④弱みを克服して脅威を遠ざけるための、方法やシナリオ(仮説)を考え出すことです。

 こうした分析や検討を行うことで、ビジネスチャンスを手繰り寄せるのです。

 SWOT分析は一度行って終わるものではなく、正解があるものでもありませんので、常に柔軟に見直していくことも大切です。

 

ライバルとの棲み分けを図る

 
 標的市場において、自社の商品やサービスの位置付けを決めることを、ポジショニングといいます。競争相手がいる中で、いかにして自社の商品やサービスの存在意義を作るか、を決めることです。

 ポジショニングを明確にする手法として、ポジショニング・マップというものがあります。

 これは、商品の特性や、顧客にとってのメリットなどの要素を縦軸・横軸にとり、2次元の地図を描き、自社の商品・サービスと競合相手のそれぞれの位置付けを描きます。例えば、パソコンでは、①軽さ、②バッテリの持ち時間を2軸にとって整理することができるでしょう。軽くてバッテリが長持ちするというパソコンの代表格として、パナソニックのレッツノートを挙げることができるでしょう。

 競合相手との棲み分けがきちんとできれば、独自性のあるポジショニングを確立できることになりますが、競合相手と重なる場合には、厳しい価格競争にさらされる可能性が高くなり、ポジショニングを見直す必要があるかも知れません。
 このポジショニング・マップの2軸に、どのような項目を採用するかということが、とても重要です。基本的には、この2軸の要素は、独立性の高いものを組み合わせる必要があります。例えば、縦軸に価格帯を、横軸に原料の品質をとる、という考えはあまり適切ではありません。

 ポジショニングマップは、個々の商品やサービスにおけるポジショニングを整理する場合だけでなく、店舗レベルのポジショニングを整理する場合にも有効です。例えば、私が経営支援を行った和菓子店の例では、①縦軸に地域性、②横軸に「和」の度合いの強さという項目をとってポジショニングを検討しました。そして、その和菓子店では、①地域性を高めること、②「和」の度合いを強化すること、によって競合との差別化、棲み分けを図るという方向性を打ち出しました。具体的には、地域の産品を商品に採り入れたり地域事業者との連携を強化すること、洋菓子系の商品よりも和菓子らしい商品開発を強化することで、その地域ならではのお店作りをしていこう、という方向性です。

 1つのポジショニング・マップだけでは整理し切れない場合には、複数作成することもあります。例えば、先の和菓子店であれば、接客サービスの質、という軸でも他店との差別化を図ることができるものでした。

 ポジショニングは、単に競合と棲み分けできればいいというものではありません。その棲み分けが、顧客にとって価値があるものであり、また、自社にとってその状態を作ることが実現可能であり、自社の強みを活かせるものであることが重要です。


 

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。