FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

JCG「営業力強化セミナー」のご案内


 私が会員となっております、JCG(城西コンサルタントグループ)では、「営業力強化セミナー」を企画しております。
 テーマは、”顧客獲得のシナリオ” です。

 日が迫っておりますが、12月14日の18:30~20:30、場所は杉並区産業商工会館です。

 詳しくはこちら をご覧下さい。

 

 
スポンサーサイト



過去と最近の活動

少し、自己紹介的なことを書かせて頂きます。

 ここ1ケ月くらいの間に、「産学連携」関連のイベントに立て続けに参加しました。

 私が大手電機メーカの社員だった頃にも、いろいろな企業や業界団体、大学との付き合いがありました。

 その関連では、ざっと、以下のような業務が思い出されます。

 ①工業用データ通信「フィールドバス」の国際標準化・普及活動
 ②ヨーロッパの石油メジャーとの共同研究開発、フィールド実証試験
 ③競合していた企業との新製品の共同開発、その新製品に関する海外マーケティング調査
 ④大学との共同研究(研究が公表されたものでは当時の東京都立大学、大阪大学など)
 ⑤米国シリコンバレーの技術コンサルタントを使った製品開発

 何らかのお付き合いがあり、私が訪問させて頂いた大学としましては、上記のほか、茨城大学、都立科学技術大学(当時)、芝浦工業大学、創価大学、東京工科大学、東京工業大学、東京大学、東京農工大学、東北大学がありました。こうして振り返ると、やはり、多くは東京の大学でした。
 なお、大学ではありませんが、TAMA協会の方とのお付き合いもありました。
 
 国内外のいろいろなベンチャー企業との業務提携に関する業務をしたこともあります。
 打合せの前には相手先の特許情報を調べ、相手先がどのような知的財産権や技術を有しているかの調査を行いました。中には、ある企業から売り込まれた技術には権利関係上の問題があるケースもありました。

 契約業務も数多く行いました。
 種類を挙げますと、秘密保持契約はいうまでもなく、共同研究契約、共同開発契約、研究委託契約、特許共同出願契約、特許ライセンス契約、売買契約、開発請負契約、製造委託契約、製造請負契約、業務提携契約、コンサルティング契約、株式投資契約、といったところです。

 契約書の文言につきましては、業務規定上、法務部門のチェックを受けることがほとんどでしたが、事業内容、契約目的、譲れない条件、落とし所などを理解し、交渉を進めながら契約書をまとめることが私の役割でした。
 中には、過去の契約におけるトラブルの後始末をするケースもありました。契約業務は、担当者が変わっても契約書は生き続けることを念頭において行う必要があることを実感したものです。契約時点における双方の思惑などは分からなくなりますし、利害関係や信頼関係は時間の経過とともに変化しますので、契約書はしっかりとしたものを作る必要があります。

 私は電機メーカに勤務していましたので、当然ながら契約業務にしても多くは「技術」に関するものでした。大学発ベンチャー企業への投資案件も担当しました。

 現在は独立しておりますので、技術系に限らず、会社員時代には考えられないような業種の方とのお付き合いがあります。ちなみに最近は、食品のマーケティング調査を行う機会が多い状況です。
 なお、私は「6次産業化プランナー」でもありますので、農業生産法人の方などとのお付き合いもあります。
 
 この1ケ月では、実に多くの大学関係者の方とお会いしました。
 早稲田大学、筑波大学、埼玉大学、首都大学東京、産業技術大学院大学、電気通信大学、大阪大学、東京家政学院大学、山形大学などです。

 今後も多くの企業、大学の方とお会いし、私なりのネットワークを作って参ります。
 
 私の場合、「産学連携」も「売れる理由作り」に役立てる、という観点で取り組んでおります。


 

| ホーム |


 ホーム