FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標的顧客は誰ですか?

 私が 「マーケティング」 という言葉に出会ったのは、私が大学生の頃でした。

 私は大学では理工学部に所属していましたが、同じ大学の商学部に所属している友人らが「マクドナルドのマーケティング戦略」や、「秋葉原の電気屋は競争相手が大勢いる中でなぜ商売が成り立つのか?」 といったことを研究しているという話を聞くことがありました。
 そうした話を聞きますと、なるほど確かに、マーケティングを意識・研究・実践している企業とそうではない企業とでは商売の上手下手が分かれるに違いないと考えさせられたものでした。
 私は就職した電機メーカで、新設された「プロダクトマーケティング部」というところに所属していた時期がありました。私を含め、もともとはエンジニア系だった面々の組織でしたので、マーケティングを専門に研究していた人はおらず、私は当時、率先してマーケティングの勉強をしたことを覚えています。

 「マーケティング」という言葉の定義には、いろいろなものがあります。私は、「売れる理由づくり」と表現しています。
 私が読んだ本の表現を参考にしたものですが、商品開発におけるマーケティング活動を分かりやすく伝えるするために、 「狙え! 用意! 売れ!」 と表現することもあります。

 マーケティング活動をきちんと行えば、必ず商品はヒットし、お店は繁盛する、というものではありません。しかし、ヒット商品や繁盛店を詳しく調べると、それが意識されているかどうかはともかくとして、事業活動にマーケティングの視点が組みこまれていることが多いと感じます。

 マーケティング活動を行う際に、標的顧客を誰にするか?を決めることが非常に重要です。前述の 「狙え! 用意! 売れ!」 の表現でいうところの 「狙え!」 の部分に該当します。
 これは 「ターゲッティング」 といいます。

 支援先の企業の方に対して、私は 「この商品は、どんな方々に最もたくさん買って欲しいですか?」 と質問させて頂くことがあります。これは、支援先の企業様の標的顧客を確認するための質問ですが、支援先の企業様が標的顧客を意識されているかどうかを確認するという意味もあります。
 この質問には、意外と明確な答えが頂けないことが多いという印象です。「売りたい物」がまずあり、それを買ってくれそうな人が全て標的顧客だ、という漠然とした考えによるためかも知れません。
 「売れる物」があれば売れるはずだという考えは分かりますが、「売れる物」を用意したり、それを売れる状態にするためには、標的顧客が明確になっている方が望ましいのです。売れるための条件は1つということはなく、いろいろな条件を満たす必要があります。売れるための条件は、標的顧客を意識して整備していきます。そうしなければ、そのために支払う費用や努力の効率が悪いためです。

 支援先の企業の方の標的顧客の認識があいまいな場合、別の質問をします。例えば、 「御社の商品を有名人を用いたテレビコマーシャルで宣伝するとしたら、どんな有名人を採用しますか?」というものす。
 テレビコマーシャルやつり革広告で採用されている有名人と、宣伝されている商品やサービスを照らし合わせてみますと、その有名人自体が性別・年齢・性格・ステータス的に見てその商品やサービスの標的顧客の範疇に入る場合や、その有名人から影響を受けやすい人が標的顧客であるケース、そしてこの2つの要素を組み合わせたケースがほとんどです(中には、経営者がファンである、という理由で有名人が選定されている場合もありますが)。

 例えば、「リポビタンD」のCMでは、30代くらいの男性俳優が採用されています。また、「リポビタンファイン」という商品では20代の女性タレントが採用されています。これは、企業側が売りたい商品における標的顧客と、採用されている有名人の持つイメージが重なる例といえるでしょう。
 一方、綾小路きみまろさんが出演しているCMでは、きみまろさん自身は標的顧客をイメージしたものではなく、きみまろさんに影響を受けやすい中高年の女性が標的顧客となっているケースが多いことでしょう。

 マーケティング活動を実施する場合、何から取り組むべきかについてはケースバイケースですが、標的顧客を確認することから始める、ということが有効であるケースが少なくありません。


 
スポンサーサイト

富和鋳造株式会社様 を訪問させて頂きました。

 川口市にある、富和鋳造株式会社 様 を訪問させて頂きました。

 富和鋳造株式会社様のホームページは暫く更新されていませんが、平成24年度の 「川口の元気な企業」 の認定や、彩の国工場指定 も受けておられる、元気な企業様です。

 今回は取材を目的に訪問させて頂いたわけではなく、ここでは詳しくは書けませんが、社長様からいろいろなお話をお聞かせ頂き大変に感銘を受けました。

 富和鋳造株式会社様は、フジテレビ系のバラエティ番組 「ほこ×たて」 で、”どんなものでも破壊する鉄球” でも有名な企業様です。今のところ3連勝中で、1月1日の元旦スペシャルで第4戦の模様が放送されます。
 
 写真は、鉄球の実物で、直径が1mくらいあります。社長様のご厚意で写真を撮影・公開させて頂きました。


     121227_1.jpg


 

「バラー丼」のコラボ企画と登録商標

 いきものがかり(男女3名の音楽バンド)と、コンビニのローソンによる「バラー丼」のコラボレーション企画は、大変に興味深い取り組みです。
 いきものがかりはバラードベスト盤の音楽CDを、ローソンは豚バラ肉を用いたどんぶり弁当をそれぞれ同じ名前「バラー丼」として販売するというものです。このような組み合わせでコラボレーションが成り立つとは、発想がお見事というほかありません。

 写真は、ローソンの「(豚)バラー丼」です。

       121223b.jpg


 
 IPDL(特許電子図書館)で商標を調べてみました。このブログを書いている時点においては、いきものがかりとローソン側からの「バラー丼」での商標登録出願はされていないと思われます。

 ところが、ある会社が「バラ丼」で登録商標を有していることが分かりました。「バラー丼」ととてもよく似ています。

 この登録商標ですが、「第29類」、「第30類」、「第43類」の3区分が権利範囲となります。「第29類」、「第30類」の2つは食品関連、「第43類」は、飲食サービス関連の区分です。

 従いまして、いきものがかり側が音楽CDを販売する場合には、この「バラ丼」の登録商標が障害となることはないでしょう。しかしながら、ローソン側が豚バラ肉を使ったどんぶり弁当を販売する場合には、この「バラ丼」の登録商標が障害になる可能性があります。ローソン側がもしも何も権利処理をしていないとすれば、吉本興業の「面白い恋人事件」のような法的なトラブルを生じさせるリスクがあると思われます。

 ちなみに、「いきものがかり」につきましては、いきものがかりの音楽事務所の名義で、2つの区分において登録商標を押さえているようです。

 

 
 

特許庁「知的財産権制度説明会」に参加しました。

 特許庁主催の「知的財産権制度説明会」に参加しました。

 毎年、秋口から年末にかけて開催されています。

 説明の内容自体は、それほど目新しいものはありませんが、参加の最大の目的は、「特許の審査基準」の冊子(抜粋)を入手することにあります。

 審査基準はネットで入手できますが、冊子として印刷されたものがあるとやはり便利です。マーカーを引いたり、メモ書きしたりできるためです。

 今年の版では、「発明の新規性の喪失の例外の規定の適用を受けるための証明書」の記載例が加わったことが最大の変更点だと思われます。特許法改正により、新規性喪失の例外規定も大きく変わりました。このため、審査基準の記載内容もこれに対応したものとなりました。

 説明会の後、経営のお手伝いをしている某食品店の様子を見て参りました。クリスマス商戦がいよいよ本格化しています。店頭で店長やアルバイトスタッフの方と話をしていると、いつのまにか周囲にお客様が集まっていることがよくあります。お客がお客を呼ぶ、という現象は多くの店舗で共通的ですね。
 
 さらにその後、仲間の中小企業診断士とともに来年の研修講座の企画打ち合わせを行いました。
 「経営革新」をテーマにしたもので、一見ありきたりですが、受講する方のニーズに応えるとともに差別化した内容となるように腐心しています。

電気通信大学様のイベントに参加しました。


 14日は午前中に東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ展に行き、先日お会いした企業の経営幹部の方と面談しました。

 その後、調布に移動して、電機通信大学産学官連携センター様の創立20周年記念講演会に参加して参りました。

 講演の部では大学改革、タカノ株式会社様の特別講演、電機通信大学産学官連携センター様の20年の歩みなど、とても充実した内容でした。タカノ株式会社様の大学との付き合い方は非常に参考になり、詳しく研究させて頂こうと考えております。
 最後のご講演では、「知のセクショナリズム」と称されて大学が陥り得る組織の硬直化という問題点にも言及された上で、電機通信大学としての経営戦略を打ち出されておられたことに、多いに感銘を受けました。

 交流会にも参加させて頂きました。全く予期しておりませんでしたが私が電機メーカに勤務していた頃に共同研究でお世話になった先生(当時は別の大学の先生でした)と数年ぶりにお会いすることができ、感激致しました。

 最近続いた産学官連携イベントも、年内は今回で一段落しました。
 今お付き合いのある中小企業様、今後ご縁があるであろう中小企業様に対する提案の引き出しをある程度は増やすことができた感があります。

 とはいえ、この2ケ月ほどで大量に情報を仕入れ、多くの方々とお会いする機会がありましたので、正直、大いに消化不良を起こしている感があります。少し整理したいと思います。

 

JCG「営業力強化セミナー」のご案内


 私が会員となっております、JCG(城西コンサルタントグループ)では、「営業力強化セミナー」を企画しております。
 テーマは、”顧客獲得のシナリオ” です。

 日が迫っておりますが、12月14日の18:30~20:30、場所は杉並区産業商工会館です。

 詳しくはこちら をご覧下さい。

 

 

過去と最近の活動

少し、自己紹介的なことを書かせて頂きます。

 ここ1ケ月くらいの間に、「産学連携」関連のイベントに立て続けに参加しました。

 私が大手電機メーカの社員だった頃にも、いろいろな企業や業界団体、大学との付き合いがありました。

 その関連では、ざっと、以下のような業務が思い出されます。

 ①工業用データ通信「フィールドバス」の国際標準化・普及活動
 ②ヨーロッパの石油メジャーとの共同研究開発、フィールド実証試験
 ③競合していた企業との新製品の共同開発、その新製品に関する海外マーケティング調査
 ④大学との共同研究(研究が公表されたものでは当時の東京都立大学、大阪大学など)
 ⑤米国シリコンバレーの技術コンサルタントを使った製品開発

 何らかのお付き合いがあり、私が訪問させて頂いた大学としましては、上記のほか、茨城大学、都立科学技術大学(当時)、芝浦工業大学、創価大学、東京工科大学、東京工業大学、東京大学、東京農工大学、東北大学がありました。こうして振り返ると、やはり、多くは東京の大学でした。
 なお、大学ではありませんが、TAMA協会の方とのお付き合いもありました。
 
 国内外のいろいろなベンチャー企業との業務提携に関する業務をしたこともあります。
 打合せの前には相手先の特許情報を調べ、相手先がどのような知的財産権や技術を有しているかの調査を行いました。中には、ある企業から売り込まれた技術には権利関係上の問題があるケースもありました。

 契約業務も数多く行いました。
 種類を挙げますと、秘密保持契約はいうまでもなく、共同研究契約、共同開発契約、研究委託契約、特許共同出願契約、特許ライセンス契約、売買契約、開発請負契約、製造委託契約、製造請負契約、業務提携契約、コンサルティング契約、株式投資契約、といったところです。

 契約書の文言につきましては、業務規定上、法務部門のチェックを受けることがほとんどでしたが、事業内容、契約目的、譲れない条件、落とし所などを理解し、交渉を進めながら契約書をまとめることが私の役割でした。
 中には、過去の契約におけるトラブルの後始末をするケースもありました。契約業務は、担当者が変わっても契約書は生き続けることを念頭において行う必要があることを実感したものです。契約時点における双方の思惑などは分からなくなりますし、利害関係や信頼関係は時間の経過とともに変化しますので、契約書はしっかりとしたものを作る必要があります。

 私は電機メーカに勤務していましたので、当然ながら契約業務にしても多くは「技術」に関するものでした。大学発ベンチャー企業への投資案件も担当しました。

 現在は独立しておりますので、技術系に限らず、会社員時代には考えられないような業種の方とのお付き合いがあります。ちなみに最近は、食品のマーケティング調査を行う機会が多い状況です。
 なお、私は「6次産業化プランナー」でもありますので、農業生産法人の方などとのお付き合いもあります。
 
 この1ケ月では、実に多くの大学関係者の方とお会いしました。
 早稲田大学、筑波大学、埼玉大学、首都大学東京、産業技術大学院大学、電気通信大学、大阪大学、東京家政学院大学、山形大学などです。

 今後も多くの企業、大学の方とお会いし、私なりのネットワークを作って参ります。
 
 私の場合、「産学連携」も「売れる理由作り」に役立てる、という観点で取り組んでおります。


 

「医工連携シンポジウム」を聴講しました。

 本日の午後は科学技術振興機構で開催された「医工連携シンポジウム」を聴講しました。

 121207医工


 主催は、首都大学北部4大学連合様で、その「4大学」とは茨城大学、群馬大学、宇都宮大学、埼玉大学です。

 しかし、「4大学」とはいっても排他的な活動ではなく、筑波大学の先生などのご講演もありました。

 その筑波大学の先生のご講演ですが、これはBNCTと呼ばれる最先端(講演者の先生は「次世代」と表現されていましたが)のガン治療方法に関するもので、大変に有望な技術です。これ以外にも、摩耗しない人工関節や、魚の性格を遺伝子工学のアプローチで解析したという研究( → 養殖業等に応用可能)など、興味深いお話を拝聴することができました。

 最近、特に技術系の中小製造業の方からは医療機器や健康福祉関連機器ビジネスへの参入をご検討しているというお話を伺うことが多くなってきました。
 中小企業が新規ビジネスに参入するためには、何らかのビジネスパートナーが必要になると思います。シーズも必要かも知れませんし、販路も、開発・製造パートナーもそうです。いろいろな条件を全てクリアしなければ、ビジネスとしては成功できません。

 本日のシンポジウムでは、シーズとニーズをつなぐデータベースのような情報インフラの重要性も話題となりました。また、偶然の出会いに頼る現状を打破するために、人材育成を進めなければならないというお話がありました。私も同感ですが、こうした取り組みが一定の成果を上げるには時間がかかりそうです。

 一方、成功事例を紹介頂きました企業の経営者の方からは、時間を惜しまずにアンテナを張る努力が欠かせないというお話もありました。また、他のご講演者からは企業側が産学連携を成功させるためには事前のマーケティングが重要であるとのお話もありました。私もこれには大いに賛同します。

 以前、ある企業様に対して、特許情報を手掛かりにビジネスパートナーを探したり、評価したりすることをお手伝いをしたことがあります。そうしたスキルも磨きつつも、私自身、いろいろな企業様や大学、金融機関様と実際にお会いすることでビジネスマッチングのお役に立てるように努めて参りたいと考えております。

 

産学連携学会 秋季シンポジウムに参加しました。

 本日の午後はNPO法人 産学連携学会様の秋季シンポジウムに参加しました。

 大きなテーマとして、「産学官」+「金(金融機関)」による連携、というものだったと理解しました。

 西武信用金庫様、多摩信用金庫様の活動や、企業の方の事例紹介等が行われました。
 信用金庫様は地域企業を元気にする使命をお持ちですので、信用金庫様が産学連携活動をご支援される場合には、地域の大学をターゲットにすることになるでしょう。ターゲットが絞れていることで効率的な活動ができるのかも知れないな、と感じながらお話を聞かせて頂きました。
 企業側からすれば、全国にあるどの大学のどの先生の協力を得るのが最善だろうか? などと考えてしまうかも知れませんが、なかなか最善の出会いを果たすことは難しいでしょう。

 本日ご登壇された方からは建前論や成功事例だけでなく、本音や苦労話と思えるコメントもあり、とても参考になりました。

 私は電機メーカに勤務していた頃は企業側の視点で産学連携の業務に携わってきました。

 個人の経営コンサルタントとして産学連携に関わると、大学側の課題にも注意が向くようになりました。

 一言でいえば、産学官連携活動をマネジメントしなければならない、という課題です。
 大学としての理念やビジョンに沿う形で、産学連携活動についての「事業目標」を立て、「事業戦略」や「事業計画」を立案し、PDCAサイクルを回していく、ということに関する課題です。とりわけ、重要業績評価指標(KPI)を明確にして管理していく必要があると思いますが、これは多くの大学において課題となっているのではないでしょうか。

 今日ご登壇された方から、「よい研究者がよい経営者であるとは限らない」、というお話がありました。大学側もまさに、試行錯誤しながら、自分の大学が取り組むべき産学連携の在り方を模索されているのかも知れません。
 
 本日、私が電機メーカ勤務時代に取り組んでいた産学連携活動を通じて知り合った企業経営者の方と数年ぶりに再会することができました。
 数年前も優良な企業様であることを感じていましたが、現在においてもその企業様では「産学官+金」の活動にとても熱心に取り組まれており、実績も上げておられるなど、素晴らしい取り組みをされています。企業側として産学連携を成功に導くヒントをいろいろとお聞かせ頂き、とても参考になりました。

 今日拝聴させて頂きましたが、産学連携の成功事例も増えてきていることは心強いことです(大半は成功とは言いえないものであったとしても)。我が国の産業の活性化のため、産学連携の成功事案もどんどん増えてきて欲しいものです。私も自分にできることを取り組もうと決意を新たにしました。


 

集客グッズ ( 「光る紐」 株式会社サンクロス 様 )

 先日は集客グッズとして、LEDボードをご紹介させて頂きました。

 今回は、「光る紐」 です。
 株式会社サンクロス様の製品です。

 このブログで紹介させて頂くために訪問取材させて頂きました。

 この「光る紐」は、特に集客グッズとしての使用だけをアピールされているものではなく、ペット用品(ドッグウェアやリードなど)、安全グッズなどに使用できることもアピールされています。
 なお、株式会社サンクロス様では、「光るひも」としての販売をされているとのことです。

 「光るひも」の外観はこんな感じです。

  sc01.jpg

 光源はLEDで、電源は電池です。電池がついていますが、ひもの部分だけ見ますと普通のひもという感じです。「光るひも」が縫い付けられた布を洗濯することなどを考慮して、ひもの部分はコネクタで接続され、切り離しできるようになっています。

 いろいろな応用先が考えられますが、私が最も関心を持ちましたのが「集客グッズ」としての使用です。
 光るのぼり旗、光るのれん(暖簾)、光るはっぴ(法被) などとして使われると、注目性が高まるのではないかと思います。
 サンクロス様ご自身のWebサイトでも、下の写真のようにのぼり旗等に使用されることをご提案されています。

   sc05.jpg



 静止画ですと分かりにくいですが、光らせるとこんな感じです。ところどころに編み込まれたLEDが光ります。光らせ方は基本的には、「点滅」です。チカチカすることで、注目されやすくなります。消費電力(=電池交換頻度)などを考慮して、光る間隔を調整します。

   sc02.jpg


 なお、触った感触では、電線が編み込まれているはずなのにゴワゴワとした感じは特にありません。

   sc03.jpg


 暗くなると、とても目立ちます。

   sc04.jpg


 この「光る紐」、やはり実物を見なければ実感を得にくいかも知れません。

 株式会社サンクロス様を訪問しますと、いろいろな応用事例の実物を見ることができます。

 のぼり旗、のれん、はっぴ などを制作されている方は、自社製品の差別化、付加価値アップのご検討のために、一度この「光るひも」、「光る布」の実物をご覧になってはいかがでしょうか。
 

★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。