FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

集客グッズ (株式会社アーステック様)

 小売店等で売上を伸ばすためのアプローチはいくつか考えられます。

 実店舗においては、①いかにお客様を集め、②できるだけ長く商品の近くにいて頂き、③買って頂く可能性を高め、④できるだけ数多く、⑤金額の高いものを買って頂くための方法を考えることになります。

 なお、お客様が何かの商品を購買するに至る、心の変化や行動のプロセスはAIDMA(アイドマ)というステップで表現されます。このAIDMAは、A=Attention(注意)、B=Interest (関心) 、D=Desire (欲求)、M=Memory (記憶) 、A=Action (行動)という言葉の頭文字を並べたものです。
 このほかにも、「AIDA」であるとか、ネット版では「AISAS」であるとか、いろいろと考え出されています。

 小売店等で売上を伸ばすためには、この「AIDMA」のプロセスをうまく進行させる必要があります。

 さて、本日、東京ビッグサイトで開催された「東京ビジネスサミット」では、集客に役立ちそうな商品を見つけました。

 株式会社アーステック様の「コ・サイン」という商品です。

 手書きのサインボードですが、LDE光源により、実にカラフルで鮮やかなものが表現できます。

           20121127a1.jpg


 卓上タイプの小型ものもあります。ちなみに、LEDの電源は電池だそうです。

         20121127a2.jpg


 静止画では分かりにくいですが、実物を見ると、とても目を引く印象があります。
 チカチカと点滅するLED光源に応じて、文字の明るさが変わるだけでなく、色までも鮮やかに変わります。
 
 動画としてはYouTubeでも紹介されています。
 
 先ほどの「AIDMA」の初めの2ステップであるA=Attention(注意)、B=Interest (関心) を進行させるために役立つものだと思います。
 ・・・・小難しく書きましたが、要するに、目立たせてお客様の関心を引くことができるということです。

 しかし、単に関心を引けばいいというものではありません。

 お客様は、いわば強制的に自分の関心が向けさせられた先に興味がなければ、反発感を覚えることがあります。

 このため、あまりにも強い光を用いたり、音を鳴らしてお客様の関心を集めても、効果的に購買につなげられるものではありません。やりすぎればマイナスの効果となってしまいます。

 その点、この「コ・サイン」はとても鮮やかな表示でお客様を楽しませ、無意識のうちに書かれている商品名やPOP広告を長い時間眺めさせてしまう効果があると感じました。

 なお、専門の業者に文字や絵を書いて頂く必要はなく、丁寧に書けば伝わると思います。

 株式会社アーステック様の取締役の方からお話を伺わせて頂きましたが、現在、販売代理業者様を探しておられるとのことでした。
 条件のきつい契約をする考えはなく、販売に協力してくれる事業者様であれば歓迎する、ということでした。
 検討にあたっては、無料の貸出機も用意しているそうです。

 お話させて頂きました株式会社アーステック様の取締役の方からは、私がブログで紹介することをご快諾して頂き、写真や映像をとらせて頂きました。

 ちなみに、展示会場ではいくつかの事業者様がご自身のブースで早速、この「コ・サイン」を利用されていました。
 展示会で集客するためにも有効なものだと思いました。

 
 株式会社アーステック様の「コ・サイン」


★関連ブログ等
知財経営研究社
『下町ロケット』 で学ぶ 中小企業の 経営戦略 と 知財戦略
知財経営研究社(経営力向上計画 関連ページ)
知財支援に取り組む中小企業診断士のブログ
経営力向上計画 と 認定支援機関
知財経営研究社代表プロフィール(連絡先)
代表プロフィール(JCG会員として)(連絡先)
 
  



 
スポンサーサイト



首都大学東京様を訪問しました。

 日が変わってしまいましたが、11月26日は、首都大学東京の産学公連携センター様を訪問し、情報交換をさせて頂きました。
 首都大学東京は、私が会社員時代に共同研究や技術交流の業務のために何度も訪問したことがある大学です。個人的にも当時の都立大学の先生が立ち上げたNPO法人に加入しており、八王子市近郊のいろいろな中小企業経営者の方との交流を持っておりました。
 
 現在、産学連携には実に多くの大学が取り組んでおられます。

 大学側には様々なシーズがあります。シーズは技術だけではありません。しかしそうした大学側のシーズを活かしてビジネスにする、ということは容易なことではありません。

 まずシーズありきのアプローチによってビジネスの成功につなげることのできる革新的なシーズは極めて限定的で、多くの場合には企業側の課題解決のために大学の有するシーズを活かす、あるいは課題解決のシーズを生み出す素養をもった大学・研究室との連携を模索する、というアプローチの方が有用だと思います。

 しかし、そうなると大学側、企業側の発信する情報はなかなか結びにくいものとなります。大学はシーズについての情報を、企業側は自社の商品等についての情報を発しますが、企業側は課題についての情報を広く発信することは考えにくいためです。

 企業側が自社の課題について、情報を伝える相手としては一定レベル以上の信頼関係が前提となります。企業側からすれば、誰彼かまわずに課題について相談するわけにはいきません。

 産学連携を事業の成功につなげるためには、誰かがコーディネートすることが重要だと思います。

 私は企業において、産学連携の業務経験を通じて、企業側から見た産学連携の好ましいあり方を考えて参りました。

 最近はいろいろな大学の産学連携のご担当者の方とお話する機会がありますが、大学側にも「顧客」という側面を持つ企業との関係づくりについていろいろな課題を持っておられることが分かってきました。

 幅広くネットワークを作り、経営コンサルタントとしての産学連携コーディネート機能を強化していきたいと考えております。

 

| ホーム |


 ホーム