FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小規模事業者持続化補助金(平成29年度補正予算)/加点あり


小規模事業者持続化補助金(平成30年/平成29年度補正予算) 加点項目あり

  
 平成30年(平成29年度補正予算)の、「小規模事業者持続化補助金」の公募が開始されました。

 公募期間は平成30年3月9日(金)から平成30年5月18日(金)までです。

 この補助金は、販路開拓のための活動が補助対象となる数少ない補助金です。

 今回の公募では、加点項目が設定されています。

 経営力向上計画先端設備等導入計画の認定取得が加点項目とされています。

 ただし・・・なんと経営力向上計画については平成30年2月28日時点で認定を得ていることが条件となっています。
 つまり今からですと、経営力向上計画の準備をしても加点を得ることができません。

 そういうことなら、事前に周知して頂きたかったところですね。


★関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
 経営力向上計画について
 先端設備等導入計画について
  知財経営研究社(出版事業)
 
 
 
スポンサーサイト

平成29年度補正予算(平成30年公募)「ものづくり補助金」事務局の公募要領

   
 平成29年度補正予算(平成30年/2018年公募)「ものづくり補助金」事務局の公募(平成30年1月5日~平成30年1月24日)が始まり、公募要領が公表されています。

 これによれば、経営革新計画には言及があるものの、経営力向上計画には触れられていません。
 また、加点項目としてではなく、「一般型」の補助率を3分の2にするためのオプション要件とされています。

 新たに、 「先端設備等導入計画」、「生産性向上の実現のための臨時措置法」も、登場しそうです。

 詳しくは、こちらをご覧ください

 あくまでも事務局の公募要領なので、実際には変更になる可能性があります。
 前回(平成28年度補正予算)のときも、事務局の公募要領から読み取れることと、実際とでは異なるものとなりました。 

 もし、この通りに実施されるとなれば、特に早めに経営革新計画の承認取得を進めてきた企業からは苦情がきそうな内容です。何等かの救済規定が盛り込まれるかも知れませんが。

 「一般型」で1500万円の事業規模を想定して経営革新計画の承認申請を行ったとします。
 目論見通りにいけば、補助率が3分の2となり、1000万円の補助金を受けることができます。
 しかし、所定の期間内に承認が取得できなかった場合、補助率が2分の1となりますので、補助金は750万円となります。

 こうしたリスクを想定すると、申請が採択された時点で金融機関から「つなぎ融資」を受ける場合、”担保”できる金額は750万円という扱いになるかも知れません。
 何かと、トラブルを誘発しかねない制度設計という印象です。

 また、これも憶測の域を出ませんが、経営力向上計画についても何等かの特典が設定されるのではないかと予想します。

 ものづくり補助金は、毎回のように制度が変わります。
 なお、他の制度と組み合わせることは結構ですが、各制度は、あまり複雑にはしないで頂きたいと思います。
 経営力向上計画も複雑な制度です。
 企業側が制度理解に労力を費やしても、経営力や生産性は向上しません。
 複雑になると、企業側が知恵を絞って計画を立案しようという意欲を喚起するものにはならず、申請代行や代筆事業者を利するばかりです・・・。 


★関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
  ものづくり補助金
  ものづくり補助金 公募要領
  知財経営研究社(出版事業)
 

小規模企業が大規模展示会への出展をするときは


 小規模企業が大規模展示会への出展をするときは

  
 私(知財経営研究社代表)が取締役を務めることになりましたベンチャー企業(AKT研究所)は、セミコンジャパン2017に出展いたします。

171212d.jpg


 AKT研究所は先月、NEDOのSTS事業の採択を受けました。

 一定規模の資金調達ができましたので、今後、研究開発が加速的に進展すると思います。
 
 AKT研究所は、過去に「ものづくり補助金」を活用しています。このため、12月6日~8日に行われた、「新ものづくり・新サービス展」に出展しようと思えば出展することができました。

 しかしながら、 「 新ものづくり・新サービス展 」 には出展しませんでした。我々のビジネスの特性を考慮しますと、「 新ものづくり・新サービス展 」 への出展の ” 費用対効果 ” も、 ” 時間対効果 ” もさほど望めないと考えたためです。

 しかし、AKT研究所にとって、セミコンジャパン2017は多くのビジネスパートナーと出会えることが期待できます。

 8月上旬ころにセミコンの事務局から、「酸化ガリウム関連企業を一堂に集めたい」というオファーを頂き、早速、出展を申し込みました。

 出展するなら、早く決めて準備に取り掛かることが大切と考えています。知名度の低い企業の場合には、特にそうです。

 出展を決めて、まず何をしたかといいますと、Webサイトでの告知です。
 
 「 セミコンジャパン2017 」 のキーワードで検索した場合に、AKT研究所の関連Webページを上位表示させるためでした。

 出展申込みをした8月上旬ころにすぐにWebページを準備し、適宜コンテンツを更新してSEO対策を行いました。

 その結果、9月頃には、「 セミコンジャパン2017 」 で検索しますと狙い通り、トップ画面に表示されるようになりました。
 多くの出展者は、まだ告知を開始していませんでしたので、全く無名の企業であるAKT研究所の関連Webページでもトップ画面表示させることができたのです。

 それから11月下旬頃までは、検索上位3位くらいの地位を保ち続けました。
 予想よりもうまくいった印象でした。

 会期が近くなりますと、大手企業やメディア企業によるセミコン関連のWebページが増えてきます。こうなると、私が自力でSEO対策した程度では、さすがに勝てません。
 AKT研究所の関連Webページは検索上位の地位を、大手企業に奪われていきました。

 しかし、これも想定どおりです。

 AKT研究所では、会期直前期には、郵送やメール等で来場して頂きたい企業の方に出展のご案内を行いました。

 会期当日に通りすがりの来場者がやって来ることを期待する、待ちの姿勢で出展するだけでは効果が上がりにくいことが予想されますので、自社で積極的に集客するという姿勢で臨みました。
 
 私が、「 新ものづくり・新サービス展 」 に関するWebページで述べていることを自ら実践したということです。

 お蔭様で会期中に、どなたもご存じの著名企業の方との商談も行うことになりました。
 ビジネスパートナー候補企業の方には、セミコンを待たずに打ち合わせを開始させて頂きました。

 12月15日の出展者セミナー に、果たしてどれだけの方にお集まり頂けるかは、当日になってみないと分かりませんが。

 171206b.jpg

 → 案内チラシダウンロード
 

 ちなみに、いまだに 「 セミコンジャパン2017 」 で検索しますとAKT研究所の関連Webページは善戦していると思います。

 商材の「 酸化ガリウム 」 で検索した場合にも善戦していますが、こちらは相当に努力している結果です。

 「 酸化ガリウム AKT 」 で検索して頂けますと、確実にAKT研究所の関連Webページを見つけて頂けると思います。

 AKT研究所 ( アドバンスト・キー・テクノロジー研究所 ) は今は無名の企業ですが、酸化ガリウムの注目度の上昇とともに、知る人ぞ知る企業になっていくと思います。


※セミコンジャパンは終了しました。
 お蔭様で、サンプル結晶の商談を頂きました。

 なお、来年のセミコン、すなわち SEMICON Japan 2018 セミコンジャパン2018 ) は、2018年12月12日(水)~14日(金)に開催される予定です。


 なお、AKT研究所はかねてからの私の支援先で、これまでに、創業補助金、経営力向上計画ものづくり補助金の支援をしてきております。



★関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
  平成30年のものづくり補助金
  知財経営研究社(出版事業)
 
 

”よい仕事おこしフェア 2017” が開催されます

 2017年8月22日~23日に、”2017 よい仕事おこしフェア” が開催されます。

 これは、城南信用金庫様が主催するビジネスフェアです。

 開催場所は、東京国際フォーラムです。

 出展者の方に対しては、信金職員の方が説明員としてのサポートまでしてくれる、中小企業にとっては取り組みやすい展示会です。
 信金主体の展示会としては、最大規模かも知れません。

 城南信金様の営業エリアには、東京都の大田区が含まれています。
 大田区の製造業は、以前よりも少なくなったとはいえ、厳しい経営環境の中で生き残っている企業として、優れた技術や特長をもった企業が多く存在しています。そうした企業も数多く、この「よい仕事おこしフェア」に出展されます。

 また、東北支援として、東北地方の企業も多く出展します。

 なお、中小企業を広く集めた展示会では、通常は料金が安価な反面、来場者の客層がマチマチとなりがちです。
 このため、自社が取引したい客層とは異なる来場者の割合が多いということです。
 従いまして、会期当日に待ちの姿勢で出展するだけでは効果が上がりにくいことも予想されます。
 特に、BtoBの形態、そして受注型・下請型の形態の事業を行っている方は、これに留意することが肝要です。

 ですので、自社のWebサイトで出展を告知し、事前に想定顧客に出展の案内を行うなど、自社で積極的に集客するという姿勢が大切です。
 Webサイトでの情報発信は、SEO対策もしっかりと行うといいと思います。

 私が企画部長を務めております、城西コンサルタントグループとして、2012年に開催された第1回の「よい仕事おこしフェア」に出展しました。

 2012年の会場は、東京ドームでした。

121031.jpg



関連リンク
知財経営研究社(経営支援事業)
 ものづくり補助金と経営力向上計画
  知財経営研究社(出版事業)
 
 

下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金

 
 平成29年度予算 「下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金」の公募が始まっています。

 締め切りは8月21日です。

 この補助金は、取引先の多様化に向けた取組に係る試作・開発、展示会出展等の費用を補助するものです。

 脱下請けを目指す中小企業にとって有用な補助金です。

 産業財産権の取得費用が補助対象経費となっています。



★関連リンク

知財経営研究社(経営支援事業)
 ものづくり補助金と経営力向上計画
  知財経営研究社(出版事業)
 

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。