FC2ブログ

プロフィール

松平竹央 (まつだいらたけおう)

Author:松平竹央 (まつだいらたけおう)
知財経営研究社 代表
(知財経営研究社 経営支援事業)

■プロフィール概略
1989年慶応義塾大学理工学部計測工学科卒。大手電機メーカにてマーケティング、商品企画・開発、新規顧客開拓、新事業開発などに従事。その後の半導体事業会社での新商品開発プロジェクトにおいて先行する米国特許により苦い経験をしたことを機に志願して知財部門へ異動。知財戦略・知財管理業務に従事。
2009年、独立・開業。新商品開発支援や販路開拓支援、知財活動に関する助言・指導を実施。中小企業等経営強化法に基づく「経営力向上計画」の策定支援にも注力。「先端設備等導入計画」の作成支援や認定支援機関による確認書のお手伝いも。
現在「知財経営研究社」代表。
中小企業診断士。
一級知的財産管理技能士(特許専門業務・コンテンツ専門業務)。
一般社団法人城西コンサルタントグループ(JCG)理事・企画部長。
日本知財学会会員。産学連携学会理事。
平成26・27年度経産省「(大学発)シーズ活用研究開発事業」コンンソーシアム参画専門家
東京商工会議所ビジネスサポートデスク登録専門家
広域首都圏輸出製品技術支援センター(MTEP)登録専門家
「モノづくり・コトづくり研究会」会員(コトづくりマーケティングなどを研究する中小企業診断士のグループです。)
 
”知財”という堅いイメージと異なり、経営でお困りのことにお気軽にご相談頂ける経営サポーターを目指しています! 得意領域は”売れる理由づくり”です。マーケティング戦略が不要な事業者様は見たことがありませんが、中には知財戦略の構築が重要課題となる事業者様も多くおられます。知財戦略も、売上と利益を向上させるための手段となります。技術系メーカ、小売店、農業生産法人など様々な事業者様の”売れる理由づくり”のお手伝いをしております。今後は、「先端設備等導入計画」も。
企業どうしの連携、産学連携のコーディネートにも取り組んでいます。
メール matsudaira-takeou★r6.dion.ne.jp" (★を@に)

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和むぎや ろくじゅう」 さんに行ってきました。

 
 先月に、埼玉県幸手市の前田食品株式会社の入江社長様のご講演を拝聴する機会がありました。そして、より詳しくお話を伺うために同社を訪問させて頂きました。 
 
 さて、11月3日に、私の両親を連れて、その 前田食品株式会社様が経営されているパン屋さん、和むぎや ろくじゅう 様に行ってきました。
 国産小麦と天然酵母にこだわった食パン専門店ですが、「カフェ・ベーカリー」というスタイルのお店です。
 
 今年の6月にオープンしたばかりのお店ですが、すでに「休日のパン屋さん」という本にも紹介されています。
 
 さいたま市見沼区の大宮八幡中学校の近くにあります。駐車場が広く、車での来店に便利です。
 
 古民家風の民家を利用した、落ち着きのある店構えです。

 お店に入ると、オーダーしてからテーブルに案内されます。ランチA、ランチB、フレンチトーストをオーダーしました。

 パンの工房の様子を見ることができます。
 また、キッチンもよく見えるように設計されており、調理の様子も見て楽しめます。

    141103a.jpg

 
  
 オーダーしたランチがやってきました。

    141103c.jpg

 
 食パンの、良質な国産小麦の風味を堪能しました。全粒粉を使用したパンもあります。小麦の栄養素を丸ごと採ることができます。
 前田食品株式会社様 の製粉技術により、全粒粉といってもパサつき感のない食感が実現できています。
 歯の弱くなった私の両親には、「角食和むぎや」を勧めました。耳まで軟らかく、食感はモチモチで風味も豊かです。
 
 ランチをすっかり平らげて、その「角食和むぎや」を買って帰ろうとしたのですが、先ほどまで2斤並んでいたのに、いつのまにか完売していました。

    141103b.jpg

 
 「ハードトースト」 を買って帰りました。ちょっと厚めにスライスして頂きました。
 この 「ハードトースト」 は、耳の部分に噛みごたえがあり、その分、香ばしい風味をしっかりと味わうことができます。
 北海道産の小麦と塩、そして天然酵母だけで作ったパンだということです。
 
 さすがに、「粉屋の作ったパン屋さん」 です。 
 
  
 
 
スポンサーサイト

人の命を救う開発プロジェクト


 以前、私が講師を務めたビジネスセミナーに参加して頂来ました、Coaido株式会社様が京都大学との共同開発プロジェクトのプレスリリースをされました。
 
 AEDの設置台数は増加していますが、AEDが迅速かつ適切に利用された場合には助かったであろう心停止者が実際にAEDで救命される確率は非常に低いのが実情だそうです。
 Coaido株式会社様と京都大学との共同開発プロジェクトでは、心停止者が現れた現場に迅速にAEDを届け、それを利用できる人を現場に案内するシステム開発を行うそうです。
 
 Coaido株式会社様では、本プロジェクトの開発資金を調達するため、クラウドファンディングにも挑戦中です。
 ご関心のある方は、情報拡散や支援に協力してあげて下さい。

 こうした挑戦のための資金が、クラウドファンディングで実際に集めることができるようになるといいですね。
 
 

(株)アグリメディア様の 『朝採れファーム高麗郷』

 株式会社アグリメディア様が4月にオープンさせた、朝採れファーム高麗郷を視察してきました。

 株式会社アグリメディア様 は注目すべき活動を展開しております。私は農業関係者の支援を行う機会もあり(現在も進行中です)、アグリビジネスには強い関心を持っております。そしてこの朝採れファーム高麗郷 にはオープン前から是非とも見に行こうと決めていたのですが、ようやく機会を作ることができました。

 立地的には分かりやすい場所とは言えませんが、Webサイトから分かりやすいアクセスマップも入手できますし、近隣の道路ではしっかりと看板広告も出されているので、迷うことなく到着できました。駐車場は、混雑期には少し手狭になるかも知れません。

 お店の中はこんな感じです。

      1305311.jpg


 若いスタッフさんが多い印象でした。
 少し様子を見ていますと、レジのところでとあるトラブルが発生したのですが、それまでどこか別の場所で業務をしていたはずのスタッフの方がぞくぞくと集まり、自律的に行動して問題を解決されていました。頼もしく、かつ好感の持てる対応ぶりでした。

 平日の日中ということもあり、比較的高年齢層のお客様がほとんどでした。

 近隣地域の農家さんから集めた農産物や日高市周辺地域の特産品などを取り揃えておられています。私が支援に関わらせて頂きました事業者様の商品もいくつかあり、うれしく思いました。
 スタッフの方々の努力を感じる品揃えです。

 「無農薬野菜」もアピールしています。

       1305312.jpg


 ターゲット顧客を集客できているか? ターゲット顧客にマッチした品揃えを実現できているか? 平日と休日のオペレーションの平準化をどう図るのか? など、いろいろと気になる点があります。

 農産物は工業製品のように決まった品質のものを決まった日時に供給することはできませんから、供給能力と需要のバランスを図ることは容易ではありません。日々、客層は変わり得るわけですが、その日の予想客層に合わせて品揃えを柔軟に調整することも簡単にはいきません。

 「無農薬野菜」に最も敏感な客層が小さな子供を持つ母親だとすれば、ネットによるプロモーションでもメッセージを届けられるかも知れません。しかし平日のベースとなる客層が高年齢層だとすれば、ネットによるプロモーションよりも折り込み広告の方が効果があるでしょう(コストもかかりますが!)。しかも、地元の方を集めるのであれば、鮮魚などの生鮮食品も扱いたくなり、ターゲットの絞り込みよる期待効果とオペレーションの平準化はトレードオフの関係にあるでしょう。

 お店の方と少しお話をさせて頂きました。
 集客状況などについて伺いましたが、平日でももっと観光客が呼べるようにしたいと言われていました。
 報道関係者の取材は続いていますか?と尋ねたところ、落ち着いてきたということです。オープン直後だけ取材するのではなく、忘れられてしまわないようにときどき採り上げて欲しいものです。
 オープンして1ケ月半が経過しました。スタッフの皆様はいろいろな課題への取り組みを今まさにされていることでしょう。

 応援したい挑戦をされておられますので、微力ながらエールを送り続けるようにしたいと思います。

 朝採れファーム高麗郷の近くには巾着田という散策に素晴らしい場所があり、調達したお弁当をここで食べました。

       1305313.jpg


  

 

富士電機機器制御株式会社を訪問しました。

 本日は、独立前に勤務していた富士電機(株)グループ(富士電機機器制御株式会社)の吹上工場を訪問しました。

       1303261.jpg


 先日の埼玉大学で開催された産学交流イベントで、以前お世話になった同社の方と偶然お会いしたのがきっかけです。一度見に来なさいと誘われ、早速行って参りました。

 テクノウェーブという最新のショールームを拝見させて頂きました。吹上工場では、受配電・制御機器が生産されています。

 いまだ、モノづくりのための技能教育にも力を入れているようでした。技能五輪において好成績を収めているそうです。

       1303262.jpg


 一般の方にはなかなか説明のしにくい製品が多いのですが、1時間ほどかけてじっくり見学させて頂きました。

 最近、昔の職場(富士電機の東京工場)の方と懇親会をしたり、同期メンバでテニスをしたり、旧交を温める機会に恵まれています。



株式会社テクノキャッチ様

 先日、荒川区のMACCプロジェクトのフォーラムに参加した際に、株式会社テクノキャッチ様の社長様とお話をする機会がありました。

 このフォーラムの会場に入る際に、「携帯緊急 便利袋」なるものを頂いたのですが、これを製造・販売されている企業様です。

 震災直後等の混乱期には、「破れない袋」(=水漏れしない袋)は必須になるそうです。

 頂きました「便利袋」は、黄色く小さな外装の袋に、オレンジ色と黄緑色をした袋が1枚ずつ(計2枚)入っていました。目立ちやすい色が採用されていますね。


     1302161.jpg


 普段は、この黄色く小さな袋を携行してもらう、ということになります。これは、ちょうどポケットティッシュのような大きさで、しかも薄っぺらいので、かさばるものではありません。
 この黄色い袋には、「災害用伝言ダイヤル」の番号が書かれています。ここに書いてあると助かりますね。

 また、この袋の使い方が絵で示されています。使い方として、①防災マスク、②緊急時のトイレ、③貯水袋の3つが紹介されています。なるほど、水漏れしない袋が必要になる状況がイメージできます。

 試しに、オレンジ色の袋に水を入れてみました。するとこんな感じに、丸く膨らみます。

           1302162.jpg



 なぜ、水漏れがしないかといいますと、そのカギは破れにくい構造をしているからです。

 水を入れた袋を下から覗くと、こんな感じです。

           1302163.jpg


 水を入れた際に、とんがる箇所ができない構造をしています。
 このため、ちょっと何かに触れた程度では破れにくいのです。

 この構造で、特許も取得されています(特許第5068142号)。
 
 社長様はもとより防災教育にご関心が高く、防災に関する活動をされてこられたそうです。

 この袋を開発した後、それでも起業をされるかどうかは迷われたそうですが、とある著名な方から頂いた言葉に背中を押され、起業の決断をされたとのことでした。

 少人数で経営されており、しかも被災地の支援活動もなされているとのことで、大変にお忙しいご様子でした。

 株式会社テクノキャッチ様ではすでに、大手企業などからのご注文を頂いているそうですが、できるだけ多くの方に、この「便利袋」を携行してもらうことで、日頃から 防災の意識を高めてもらいたいとのことでした。

 

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。